ぶら下がり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ぶら下がり(ぶらさがり)とは、会見場やホテルなどを使う通常の記者会見とは異なり、記者が取材対象者を取り囲んで行う取材形式のこと。ぶら下がり取材(ぶらさがりしゅざい)とも。

語源[編集]

もともとはマスコミ業界用語であり、取材対象者が歩いて移動する際に、大勢の記者がすぐ横に付いて歩きながら質疑応答している様が「取材対象者の腕にぶら下がっているように見える」ということからその名がついた。現在では政府側もマスコミ向けの文書で「ぶら下がり取材」という語を使用している[1]

首相官邸における“ぶら下がり”[編集]

2002年に首相官邸が新しくなり、それに伴い官邸内の警備体制が強化された。それまで取材記者は比較的自由に官邸内を移動できたが、警備体制の強化に伴い移動も厳しく制限されるようになった。邸内を移動中の首相を呼び止めて突発的な取材(=ぶら下がり)を行うことも難しくなった。

マスコミは取材が困難になり、首相側としても発言の機会が減った。そこで小泉純一郎首相が双方の折り合いをつけるために「一日二回、時間を決めて質疑応答をしましょう」ということで現在の取材様式が作られた。旧来の非公式取材に代わるものとして作られたので便宜上「ぶら下がり」と呼ばれていたが、いつしか定着した。

小泉純一郎首相から鳩山由紀夫首相までは「ぶら下がり会見」は原則として一日二回であったが、菅直人首相になってから「ぶら下がり会見」は一日一回となり、2011年3月11日の東日本大震災以降は震災対応を理由に「ぶら下がり会見」に応じるのを拒否していた。2011年9月に就任した野田佳彦首相は、国会開会前や重要法案成立など節目における公的な記者会見の回数は増やしたものの、視察先や重大事件(金正日死去)以外ではぶら下がりには原則として応じない方針である。2012年12月に第2次内閣を発足させた安倍晋三首相は「首脳の発言は重く、国益に対する影響を考えれば、情勢を把握し熟慮したものでなければならない」として、ぶら下がりには原則として応じない方針である。

朝日新聞記者の南彰と岡村夏樹はぶらさがり会見の拒否について「失言などのリスクを避けることを優先し、国民への説明責任を十分果たしていない」[2]として、「ぶら下がり会見」を肯定している。一方、田中秀征[3]が「ぶら下がりでどう答えるかじっくり考えることは首相にとって無駄な場合が多く、記者たちにも同じように無駄である」として、ぶらさがり会見について批判的コメントをしている。

参照[編集]

  1. ^ 内閣府防災情報
  2. ^ 朝日新聞 2011年09月29日
  3. ^ 野田首相に懸念される「発信力の弱さ」はぶら下がり取材拒否のせいではない 田中秀征 政権ウォッチ107回

関連項目[編集]