ぶっかけうどん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
倉敷のぶっかけうどん(ふるいち)

ぶっかけうどんとは、うどんを使った料理の一種であり、「ぶっかけうどんふるいち」を展開する株式会社ふるいちによって1993年に登録された商標であり、岡山県倉敷市の名物料理ともなっている。

概要[編集]

倉敷・香川両地区のぶっかけうどんは異なったものである。一方、熱いツユで食べるものと冷やしうどんのように冷たいものがありその上から濃い目のつゆをかける点は共通である。

倉敷・香川以外の地域にも「ぶっかけうどん」を名乗ってはいないが、類似した形式のうどんがある。シンプル且つ古い料理のため、どこにルーツがあるのか求めるのは不可能である。

倉敷のぶっかけうどん[編集]

倉敷のぶっかけうどん(冷)

特長[編集]

汁は、他地域のものより味が濃いのが特長。特に甘味が強く、蕎麦つゆの影響が強く伺える[要出典]。家庭においても、市販の麺つゆに甘味等を加えて使用する場合がある。

また他地域ではおろし生姜が薬味として使用されるが、倉敷では冷たいものにはおろし山葵が基本的に使用される。(温かいものは生姜を使用)

かつては近隣の鴨方町などで生産される手延べ麺である備中うどんがよく使用されていたが、茹で時間の関係で現在は多くの店が手打ち麺を使用している。家庭で食べる場合は、保管性の観点から鴨方の手延べうどんが現在でも使われている場合が多い。

歴史[編集]

平成18年 : 「ふるいち」のぶっかけうどんが「倉敷ブランド」として認定。

香川のぶっかけうどん[編集]

概要[編集]

善通寺市の山下うどんを元祖とする。ただし、前述のとおり、歴史は昭和30年代の「ふるいち」に起源をもつ倉敷のもののほうが古い。しかし、香川のものは倉敷のものとも特徴が異なる部分もあるため、山下うどんは「香川のぶっかけうどん」の元祖という扱いをする場合もある。

昨今の讃岐うどんブームや有名うどん店の全国展開により、全国的に知られるのは、倉敷よりも香川のぶっかけうどんの方である。

同様のうどん[編集]

香露
主に中部地方で食べられる。濃い目のだし汁を合わせた露を薬味と一緒に麺にかけて食べる。
伊勢うどん
三重県伊勢地方の料理。軟らか目の太緬に、たまり醤油と鰹節・いりこ・昆布等の出汁を加えた、黒く濃厚な独特の露を絡めて食べる。
生醤油うどん
生醤油をかけたシンプルな食べ方。香川では一般的な食べ方のひとつであるが、他地域でもかなり古くから存在する食べ方である。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]