ひょうすべ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
佐脇嵩之『百怪図巻』より「へうすへ」(ひょうすべ)
鳥山石燕画図百鬼夜行』より「ひやうすべ」(ひょうすべ)

ひょうすべは、日本の妖怪の一種。佐賀県宮崎県をはじめとする九州地方に伝承されている[1]

由来[編集]

河童の仲間と言われ、佐賀県では河童やガワッパ、長崎県ではガアタロの別名ともされるが[2][3]、河童よりも古くから伝わっているとも言われる[4]

元の起源は古代中国の水神、武神である兵主神であり、日本へは秦氏ら帰化人と共に伝わったとされる[5]。元々武神ではあるが日本では食料の神として信仰され、現在でも滋賀県野洲市兵庫県丹波市黒井などの土地で兵主神社に祀られている[5]

名称の由来は後述の「兵部大輔」のほかにも諸説あり、彼岸の時期に渓流沿いを行き来しながら「ヒョウヒョウ」と鳴いたことから名がついたとも言われる[1]

各地の伝承[編集]

佐賀県武雄市では、嘉禎3年(1237年)に武将・橘公業伊予国(現・愛媛県)からこの地に移り、潮見神社の背後の山頂に城を築いたが、その際に橘氏の眷属であった兵主部(ひょうすべ)も共に潮見川へ移住したといわれ、そのために現在でも潮見神社に祀られる祭神・渋谷氏の眷属は兵主部とされている[4]。また、かつて春日神社の建築時には、当時の内匠工が人形に秘法で命を与えて神社建築の労働力としたが、神社完成後に不要となった人形を川に捨てたところ、人形が河童に化けて人々に害をなし、工匠の奉行・兵部大輔(ひょうぶたいふ)島田丸がそれを鎮めたので、それに由来して河童を兵主部(ひょうすべ)と呼ぶようになったともいう[4]

潮見神社の宮司・毛利家には、水難・河童除けのために「兵主部よ約束せしは忘るなよ川立つをのこ跡はすがわら」という言葉がある。九州の大宰府へ左遷させられた菅原道真が河童を助け、その礼に河童たちは道真の一族には害を与えない約束をかわしたという伝承に由来しており、「兵主部たちよ、約束を忘れてはいないな。水泳の上手な男は菅原道真公の子孫であるぞ」という意味の言葉なのだという[4]

別名にはひょうすえ、ひょうすぼ、ヒョウスンボ、ひょうすんべなどがある。

特徴[編集]

河童の好物がキュウリといわれることに対し、ひょうすべの好物はナスといわれ、初なりのナスを槍に刺して畑に立て、ひょうすべに供える風習がある[6]

人間に病気を流行させるものとの説もあり、ひょうすべの姿を見た者は原因不明の熱病に侵され、その熱病は周囲の者にまで伝染するという[7]。ナス畑を荒らすひょうすべを目撃した女性が、全身が紫色になる病気となって死んでしまったという話もある[6]

また、ひょうすべはたいへん毛深いことが外観上の特徴とされるが、ひょうすべが民家に忍び込んで風呂に入ったところ、浸かった後の湯船には大量の体毛が浮かんでおり、その湯に触れた馬が死んでしまったという[7]。似た話では、ある薬湯屋で毎晩のようにひょうすべが湯を浴びに来ており、ひょうすべの浸かった後の湯には一面に毛が浮いて臭くなってしまうため、わざと湯を抜いておいたところ、薬湯屋で飼っていた馬を殺されてしまったという話もある[6]

文献によっては、ひょうすべが笑うのにつられて自分も笑うと死んでしまうとある。これは作家・佐藤有文の著書『いちばんくわしい日本妖怪図鑑』が元になっているといわれる。同書によれば、ひょうすべが人に出遭うとヒッヒッヒッと笑い、もらい笑いした人は熱を出して死ぬとあるが、これは佐藤の創作と指摘されている[1]

鳥山石燕らによる江戸時代の妖怪画では、伝承の通り毛深い姿で、頭は禿頭で、一見すると人を食ったようなユーモラスな表情やポーズで描かれている[6]。これは東南アジアに生息するテナガザルがモデルになっているともいわれる[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 村上健司編著 『日本妖怪大事典』 角川書店〈Kwai books〉、2005年、281-282頁。ISBN 978-4-04-883926-6
  2. ^ 千葉幹夫 『全国妖怪事典』 小学館〈小学館ライブラリー〉、1995年、218-223頁。ISBN 978-4-09-460074-2
  3. ^ 「ガワッパ」「ガアタロ」はいずれも九州などでいう河童のこと(参考:中央公論新社『動物妖怪譚』下巻 ISBN 978-4-12-204792-1)。
  4. ^ a b c d e 京極夏彦多田克己編著 『妖怪図巻』 国書刊行会2000年、144-145頁。ISBN 978-4-336-04187-6
  5. ^ a b 京極夏彦・多田克己・村上健司 『妖怪馬鹿』 新潮社〈新潮OH!文庫〉、2001年、195-196頁。ISBN 978-4-10-290073-4
  6. ^ a b c d 宮本幸枝・熊谷あづさ 『日本の妖怪の謎と不思議』 学習研究社〈GAKKEN MOOK〉、2007年、92頁。ISBN 978-4-05-604760-8
  7. ^ a b 斉藤小川町他 『日本の謎と不思議大全 西日本編』 人文社編集部編、人文社〈ものしりミニシリーズ〉、2006年、126頁。ISBN 978-4-7959-1987-7