ひばり結び

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ひばり結び

ひばり結びは、ロープなどを芯に縛り付ける結び方(ヒッチ)のひとつ。英語ではカウ・ヒッチ(Cow hitch)またはラークス・ヘッド(Lark's head)[1]という(Larkはヒバリのこと)。スリングを使ってひばり結びをするときはベイル・スリング・ヒッチ(Bale sling hitch)と呼ばれる[1]

結び方[編集]

ひばり結びの結び方

ロープを2つ折りにして、折られた部分(バイト)を芯にかけ、2つの端をバイトから抜くとひばり結びとなる(右図を参照)。

また、芯に対して異なる向きのひと結びを2度施したものと解釈することもできる。

開放芯に結ぶときは、ロープを2つ折りにして折られた部分に片手を差し込み、二重になったロープを掴んで引き出し、そのまま芯にかければすばやくつくることができる[2]

特徴・用途[編集]

ひばり結びの使い方

巻き結びと比べると摩擦が少なくほどけやすいため、両方の端に荷重がかかるように工夫して使う[3]

ひばり結びはなどの家畜をつなぎとめておくために使われていた[2][4]。物を縛るとき、ロープを輪にして右図のようにひばり結びで固定することができる(などのばらけやすいものにも対応できる)[5][6]携帯電話ストラップをつけるときにも使われる[7]

関連する結び目[編集]

ペディグリー・カウ・ヒッチ
芯に対してひばり結びを施したあと、片方の動端を結び目に通して強度を高める方法。ハリー・アセルが1989年に発表した。[8]
変形ひばり結び
ひばり結びを施したあと2つの動端を結び目に通す方法で、大きな石にロープを結びつけるときなどに用いる[9]

参考文献[編集]

  1. ^ a b 『ロープの結び方』72頁。
  2. ^ a b 『図解 実用ロープワーク』13頁。
  3. ^ 『ロープの結び方』70・72頁。
  4. ^ 『結びの百科―実用70種の結び方を鮮明な連続写真でマスター』57頁。
  5. ^ 『結び方全書―暮らしに使える170の結び』176頁。
  6. ^ 『ロープの結び方』75頁。
  7. ^ 『ロープの結び方』74頁。
  8. ^ 『結びのテクニック』143頁。
  9. ^ 『暮らしに役立つひもとロープの結び方』