ばくだん丼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ばくだん丼(味噌汁、漬物付き)。大戸屋にて

ばくだん丼(ばくだんどん)とは、生マグロ納豆生卵オクラなどをに盛った飯の上に載せた料理。

概要[編集]

通常は、マグロ、納豆、卵、オクラなどを盛り、醤油わさびで食す。地方によって飯の上に盛る具は異なり、日本各地に各地の特産品を取り入れた同名の郷土料理が存在する[1]。以前は一般にはそれほど広く知られた料理とは言えなかったが、近年は大戸屋などのメニューにも取り入れられたり、海鮮丼専門店や居酒屋で扱うことも増加してきた。

その他[編集]

ふるさと祭り東京2010における全国ご当地どんぶり選手権で、八戸から出品のイカを用いた「八戸ばくだん」が準優勝した。 なお、優勝どんぶりは富山から出品の「しろえびかき揚げ丼」[2]

脚注[編集]

  1. ^ @nifty:デイリーポータルZ. ““爆弾”と名付けられたたべものたち”. 2011年8月19日閲覧。
  2. ^ 47NEWS (2010年1月12日). “ご当地丼で「八戸ばくだん」準V - 青森のニュース - 都道府県別”. 2011年8月19日閲覧。