はじめてのおるすばん (ゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
はじめてのおるすばん
(~りにゅーある~)
対応機種 Windows 95/98/2000/Me/XP
[り]98/2000/Me/XP
[DVDPG]DVDプレーヤー
発売元 [PC]ZERO
[DVDPG]プチチェリー
ジャンル アドベンチャーゲーム
発売日 2001年12月28日
[り]2005年10月7日
[DVDPG]2010年11月18日
レイティング 18禁
キャラクター名設定
エンディング数 4 (BADエンド含)
セーブファイル数 24
画面サイズ 640×480 16bit
(800×600 16bit)
BGMフォーマット PCM
キャラクターボイス 女性のみフルボイス
CGモード あり
音楽モード あり
回想モード あり
メッセージスキップ あり(未読/既読判定付)
オートモード あり
備考 [り]はりにゅーある版を表す

はじめてのおるすばん』は、ZEROより発売されたアダルトゲームである。はじるすと略される。

概要[編集]

主人公になついている双子の姉妹とひたすら性行為を行うという内容で、姉妹の外観は年少の子供に見える点が一つの特徴となっている。ただし、ゲーム冒頭で18歳以上と記述されている。

2005年10月7日に、解像度を 800×600 に変更し、モザイクなどを最新のソフ倫規定に見直し、供給媒体をDVD-ROMに変更した『はじめてのおるすばん~りにゅーある~』が発売されている。内容はほとんど変わらないが、背景画面からクーラーが消失している。

また、2010年11月18日にはDVDPG版が発売された。成熟女性であれば陰毛により見えづらいたてすじが見えるという年少キャラクターを暗示させる言葉を含めて、「たてすじの殿堂1」と銘打っている。なお、DVDPG版でのスリーサイズ表記は、『はじめてのおてつだい』と同様、「ぺったんこ/ほそい/うすい」で表されている。

続編として『はじめてのおいしゃさん』、そしてブランド独立後『ななみとこのみのおしえてA・B・C』『はじめてのおてつだい』(スタジオリング)が発売されている。

あらすじ[編集]

夏、観月しおりは料理教室、観月さおりはバスケットボールクラブの練習に通うことになるが、スケジュールがかみ合わず、片方がお留守番をしなければいけないようになってしまった。主人公は、観月姉妹の母親にお留守番の間一緒にいてくれるように頼まれ、観月姉妹とお留守番をすることになる。

登場人物[編集]

ゲームでは声優は非公開。以下はドラマCDおよびに『ななみとこのみのおしえてA・B・C』でのキャストを記す。

遠藤宏(声:須藤彦一
主人公(プレイヤー)。「宏」はデフォルトのもので変更可能。観月姉妹の隣の部屋に住む大学生。両親は海外赴任でひとり暮らしをしている。姉妹とは家族ぐるみのつきあいで、母親から夏休みの間2人の世話を頼まれる。なお、本作中では名字はなく、続編『ななみとこのみのおしえてA・B・C』で初めて設定された。担当声優はドラマCDのもの。
観月しおり(みづき しおり)(声:あさり☆
双子の姉。タレ目でやや内気な性格。マジメで料理好き。
6月9日生まれ、血液型A型
身長:133cm、体重:29kg、3サイズ:63/51.8/68
観月さおり(みづき さおり)(声:もっち
双子の妹。ツリ目で積極的な性格。おませでイタズラ好き。
6月9日生まれ、血液型A型
身長:133cm、体重:28kg、3サイズ:62/50.8/67

スタッフ[編集]

ZEROの基本方針として非公開だが、ひらいでらくあさま葉月博規の3名のライターがスタッフであったことを名乗り出ている。

また、スタッフが非公開であることを逆手に取り、スタッフロールをモザイク処理するというネタも使われている。

主題歌[編集]

オープニングテーマ 「夢はなにいろ?」
作詞 / 歌:ましろゆき、作曲 / 編曲:おおしまとしひこ

ドラマCD[編集]

コミックマーケット63のビジュアルアーツブースにてドラマCDが販売された。タイトルは『はじめてのおるすばん ~どらまCD~』。

ゲーム本編が始まる前の主人公と観月姉妹との出会いが描かれている。年齢制限は設けられておらず、性的な表現は一切ない。

関連事項[編集]

外部リンク[編集]