ねぶたの家 ワ・ラッセ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg ねぶたの家 ワ・ラッセ
Nebuta house Warasse
Nebuta house Wa-Rasse.JPG
施設情報
正式名称 青森市文化観光交流施設
愛称 ねぶたの家 ワ・ラッセ
専門分野 ねぶたの展示、伝承
事業主体 青森市
管理運営 青森観光コンベンション協会
開館 2011年1月5日
所在地 030-0803
青森県青森市安方1丁目1番1号
位置 北緯40度49分46.4秒
東経140度44分9.4秒
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示
館内
展示中の大型ねぶた

ねぶたの家 ワ・ラッセ(ねぶたのいえ ワ・ラッセ)は、青森県青森市安方にある青森市の文化観光交流施設である。

概要[編集]

2011年平成23年)1月5日に、青森駅ホーム東側に広がる青森ウォーターフロントエリアに開業した。現在の館長は黒滝久可

青森ねぶたの保存伝承の他、青森の観光の拠点とするべく、2004年(平成16年)6月に青森駅周辺整備基本構想が掲げられ、2009年(平成21年)3月より着工された。その後同年3月に「ねぶたの家 ワ・ラッセ」という名称に決定された。青森市が管理するねぶた関連の博物館は初めてである(ねぶたの里は民間企業が運営する観光施設である)。

名称は公募により選ばれ、最優秀作品である「ワ・ラッセ」と優秀作品である「ねぶたの家」を組み合わせたものである。

建築[編集]

  • 建築設計: Molo Design、d/dt Arch、Frank la Riviere Arichitects
  • 構造設計: 金箱構造設計事務所
  • 設備設計: 森村設計
  • 延べ面積: 6,707.98 m2
  • 構造: S造、RC造・一部SRC造(地下部分)
  • 階数: 地下1階・地上3階
  • 設計期間: 2006年9月-2008年3月
  • 施工期間: 2008年12月-2010年10月

施設[編集]

  • ねぶたホール - 中型大型ねぶたのパーツを展示
  • 情報コーナー - ねぶたの資料や学習を支援
    • 情報コーナーに設置されている端末では、ねぶたアーカイブ閲覧や「ねぶた検定(5級~1級)」を行うことができる。ねぶた検定には専用の磁気カードが必要であり、現在の級や点数などの情報を記録できる。検定に必要なカードは1階の受付で販売(1枚300円)されており、検定は1日2回まで挑戦できる。尚、カードに有効期限はない。
  • ねぶた歴史コーナー - ねぶたの歴史を学ぶことができる
  • 交流学習室 - ねぶた囃子の練習場所やねぶた製作体験ができる
  • 交流広場 - 写真コンテストなどを行う
  • 交流ホール - 芸能などの披露を行う

近隣[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]