ねじ式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
作品の舞台になった太海漁港千葉県

ねじ式』(ねじしき)は、つげ義春により1968年月刊『ガロ』6月増刊号「つげ義春特集」に発表された漫画作品。短編の多いつげ義春の作品の中でも特に有名で、彼を代表する作品として作品集の表題作ともなっている。日本漫画だけにとどまらず、多くの分野に多大な影響を与えた。

概要[編集]

[http://www.mugendo-web.com/y_tsuge/tabi.htm 機関車が民家の合間から飛び出してくるシーンに描かれた千葉県太海漁港近くの民家[1]
金太郎飴ビルはつげが少年時代をメッキ工として過ごした工場群の建物がイメージされている
Miki railway.jpg

海岸でメメクラゲに左腕を噛まれ静脈を切断された主人公の少年が、の恐怖に苛まれながら「医者はどこだ」と言いながら医者を求めて漁村らしき奇怪な町を放浪し、不条理な目に遇いながらも、ついには必要とした女医(産婦人科医)に出会い「シリツ」(手術)を受けることができ、事なきを得るという話である。

つげが水木しげるの仕事を手伝っていたころに下宿していたラーメン屋の屋上で見た夢が元になっているが、夢をそのまま描いたものではなく、ほとんどは創作である。実際はこうしたシュールなものを描きたいという構想はかなり以前からつげの中にあったものの、それまでの漫画界においては、あまりにも斬新であるため、発表する機会が得られなかった。直前までのつげは、一連の「旅もの」で人気を博していた。しかし、原稿に締め切りが迫りネタに尽きたつげは、それまでに構想にあったこの作品を思い切って発表した。完成までには3か月を要している。『ガロ』という自由な表現の場を得たことがこの作品を世に出す原動力となった。

タイトルの『ねじ式』は、シリツの際、治療のため女医によって取り付けられた血管を接続するためのバルブねじからきている。女医自身はこの治療法を『○×方式』と呼び、少年に決してそのネジを締めることのないよう注意する。ラストシーンのモーターボートが走るシーンは未完の作品「湖畔の風景」から流用している(『つげ義春漫画術』下巻)。

作品の舞台となった漁村は、エッセイ集『つげ義春とぼく』の中でつげ自身によって、千葉県の太海(太海漁港)を想定して描いたとされているが、後に『つげ義春漫画術(下巻)』での権藤晋とのインタビューの中では、作品全体は太海を想定して描いたのではないと否定している。しかし、作中で主人公の少年がキツネの面を付けた少年の運転する蒸気機関車によって連れ戻される終着の「もとの村」に描かれた民家の建て込んだ場面の絵にそっくりな場所が、太海漁港のすぐそばに今も見つけることができる。また作中、少年が「イシャはどこだ」と叫ぶコマに登場するレンチ(両口スパナ)を持った中年の男は『定本木村伊兵衛』に全く同じ構図の写真が見られ、アイヌ人知里高央がモデルであることが知られている[2]

発表当時、そのシュールな作風と常軌を逸した展開から漫画界以外でも大いに話題となり、フロイト流の精神分析による評論まで試みられたが、つげ自身はそうした解釈には反発を感じており、全く当たっていないと一蹴している。作風がシュールであるために深読みされ、作者の深層が全部出ていると誤解されやすく、「創作の意味が分からない初期の作品では垂れ流し的に描くから自身の内面が表れやすいが、何年も描いていると作品としての構成を考え、セリフひとつにも自覚して描いているため、自身の内面が出ることは少ない」とつげ自身は述懐している[3]

夢に着想を得て漫画を描いたのは、マンガ界ではつげが初めてである。これはのちに『夢の散歩』(1972年)、『ヨシボーの犯罪』(1979年)、『外のふくらみ』(1979年)などにつながっていく[4]。また、つげの作品では初めてリアルな女性の裸体が登場するが、当時の漫画界においてもこれほどにリアルな裸体は例がなかった。権藤晋によれば、「つげの性的な何かが開放」された。そのため、それを描いたことで「思い切って描いた」「こんなエロ画を描いて人に見せた。自分を晒した」(つげ自身の言葉)という開放感を味わい、『ゲンセンカン主人』や『夢の散歩』、さらには私生活を赤裸々に描いた『つげ義春日記』へとつながっていった。

ねじ式の元ネタと夢[編集]

  • 冒頭近くの洗濯物が干してあるコマは、何らかの写真を元にしている(つげ自身の言葉)[3]
  • 旋盤工の少年が登場するが、これは昔のつげ自身である。なぜ昔の自分が出るのか、意味はない[3]
  • 機関車でドライブをする際に主人公の少年がみる風鈴があるが、これは単なる思い付き[3]
  • ラスト近くのビルの一室で開業する女医のモデルは、銀座4丁目の三愛ビルという円筒形のビル。実際の夢では、そのビルの最上階に医者がいるのが分かったものの、入り口が見つからない。ますます焦り、ビルの1階で途方に暮れるが、いつの間にかビルに入り、医者の部屋に入っている。ただし、女医は登場せず、性的な出来事も起こらない[3]

追体験[編集]

太海漁村

つげは、その後偶然にもこの作品によく似た出来事を現実世界で追体験してしまう。

発表の翌年の1969年、つげは妻、藤原マキとともに作品の舞台ともなった太海をはじめ鴨川大原を旅するが、太海の機関車が民家の路地から現れる場所のすぐそばの宿で正体不明の毒虫に右足の甲を刺され、医者を求めてさまよい歩くことになる。日曜だったため休日診療の医院を訪ねるが、満員でよそ者を見る無遠慮な視線に対人恐怖症のつげはひるみ、玄関を出て地面にべったり座り込んでしまう。

その後、タクシー徒歩で鴨川、大原あたりをさまよい、案内されたのは、なぜか昔、弟が熱湯を口に含み大やけどを負った際に診てもらった耳鼻咽喉科であった。虫の正体は分からずじまいで女医ではなく老医師に注射を1本打たれる。

帰宅後の翌日、近くの医者へ行ったところ、照明が青白く秘密めいた雰囲気の部屋でベッドの横になり4人の看護婦に取り囲まれ、手術をされるのかと恐怖を覚える。汚れた足を看護婦に消毒液で拭かれ、細い指のしなやかな感触に怪しげな気分を味わう[5]

その他[編集]

書籍情報[編集]

映画[編集]

出演[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督 - 石井輝男
  • 助監督 - 三木秀則
  • 監督助手 - 広崎哲也
  • 撮影 - 角井孝博
  • 音楽 - 瀬川憲一
  • 録音 - 曽我薫
  • 照明 - 野口素胖

ソフト化[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 権藤晋つげ義春 幻想紀行立風書房、1998年1月 ISBN 4-651-70077-2
  2. ^ 漂泊のブロガー2 :本日の発見
  3. ^ a b c d e f つげ義春 『つげ義春漫画術』(下) ワイズ出版、1993年10月 ISBN 4-948735-19-1
  4. ^ 『芸術新潮』(新潮社)2014年1月号
  5. ^ つげ義春とぼく』(1977年6月 晶文社

参考文献[編集]

関連項目[編集]