ぬし釣りシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ぬし釣りシリーズ』は、1990年8月パック・イン・ビデオ(現マーベラスAQL)より発売されたゲームソフト『川のぬし釣り』を始めとする作品群。

概要[編集]

主人公が川や海の「ぬし」と呼ばれる魚を求めて旅をする釣りRPG。以下のようにRPGによくある要素を取り入れている。

  • ぬしを探るためには人々の話を聞いて、依頼や謎を解決しなければならない
  • 野山を歩くと動物が出現して戦闘に入る
  • 戦闘で得た経験値でレベルアップすると、戦闘で有利になるだけでなく、より遠くに釣り針を投げられるようになる
  • 最初は低級な釣り具しか持っていないが、釣った魚を売却したお金で釣り具を充実させることができる

川のぬし釣りシリーズ[編集]

川や湖で淡水魚釣りに挑むシリーズ。一部携帯電話アプリにもなっている。

海のぬし釣りシリーズ[編集]

海岸や船上で海水魚釣りに挑むシリーズ。

ぬし釣りシリーズ[編集]

淡水、海水の両方を舞台とするシリーズ。

  • 『ぬし釣り64』(NINTENDO641998年11月27日発売)- 釣りシーン、魚の飼育水槽等にシリーズで初めて3Dポリゴンを使用。釣った魚や虫を飼育できる機能も採用。『海のぬし釣り2』と64GBパックで連動。
  • 『ぬし釣り64 潮風に乗って』(NINTENDO64、2000年5月26日発売)- この作品から、海外も行くことが出来るようになった。『川のぬし釣り4』と64GBパックで連動。
  • 『ぬし釣りアドベンチャー カイトの冒険』(ゲームボーイカラー、2000年8月4日発売)- 特に冒険要素が強い。川と海で釣りが可能。

関連作品[編集]

同一メーカーによる釣りゲーム。ともにスーパーファミコンソフトで、いわゆるRPG要素は無いが、釣り部分のシステムは類似しており、ぬしを釣り上げるという目的で少年が旅に出るというストーリーも共通している。

  • つり太郎 - 淡水魚釣り
  • ふね太郎 - 海水魚釣り

外部リンク[編集]