にわのまこと

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
にわの まこと
生誕 1964年5月1日
鹿児島県川内市(現・薩摩川内市
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1981年 -
ジャンル ギャグ漫画
スポーツ漫画
代表作 THE MOMOTAROH
超機動暴発蹴球野郎 リベロの武田
陣内流柔術武闘伝 真島クンすっとばす!!
公式サイト MACOLIN GYM~まこりんジム~
テンプレートを表示

にわの まこと1964年5月1日 - )は、日本漫画家鹿児島県川内市(現・薩摩川内市)出身。

アッパー系ギャグを基本としたヒーローアクション及びスポーツ漫画のジャンルを得意とする。

プロフィール[編集]

1981年、17歳の時に野球ものの短編「迷勝負!?」で第14回(昭和56年度上半期)赤塚賞佳作を受賞。

1986年に「THE MOMOTAROH -村上伸一君の場合-」で第25回(昭和61年度下半期)赤塚賞佳作を再び受賞し、茨木政彦に誘われる形で上京。

1987年に『週刊少年ジャンプ』連載の「THE MOMOTAROH」で連載デビュー。その後週刊少年ジャンプ誌上で計5作品の連載を持つ。

『週刊少年ジャンプ』との専属契約を解消した後は『ビジネスジャンプ』や『週刊コミックバンチ』、『ヤングキング』『漫画ゴラク』など青年誌に連載を持ち、また同人誌で自身の代表作2作品の主人公を対戦させたり、ジャンプ時代の作品を他誌で復活させたり、児童向け漫画雑誌(別冊コロコロコミックコミックボンボンプレコミックブンブン)や成人コミックにまで進出したりと幅広い執筆活動を行っている。

プロレスプロ野球ホークス)、特撮の熱烈なファンとして知られる。趣味は草野球筋トレ映画鑑賞などで、かつて学生プロレスのリングに上がっていた事もある。

2007年9月号の「月刊少年ファング」休刊号で「超人バロム・1」のリメイク作品を発表した。

主な作品[編集]

アシスタント[編集]

*『モモタロウ』最終回等に書かれたスタッフロールを一部参照

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 森田まさのり・小畑健「森田まさのり×小畑健スペシャルインタビュークロストーク」『ジャンプスクエア』1巻1号(2007年12月号、創刊号)集英社、301 - 304・354 - 355頁(一部をWebで公開
  2. ^ 「アルバイトでひともうけじゃ! の巻」『CYBORGじいちゃんG(21世紀版)』1号、集英社〈ジャンプ・コミックス〉2001年1月11日第1刷発行、ISBN 978-4-08-873068-4、46頁
  3. ^ 内水融「作者コメント」『カイン』2巻、集英社〈ジャンプ・コミックス〉2005年12月2日発売、ISBN 978-4-08-873897-0
  4. ^ 長谷邦夫『ニッポン漫画家名鑑』 データハウス、1994年 ISBN 4-88718-196-5 229頁

外部リンク[編集]