にしけい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社にしけい
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
812-8530
福岡県福岡市博多区店屋町5-10
設立 1968年昭和43年)4月5日
業種 サービス業
事業内容 航空保安検査業務
機械警備
ビルトータル管理
施設警備
現金輸送警備
現金自動預払機総合管理
防災点検
交通指導
以上の各種警備業務
代表者 代表取締役社長 西村浩司
資本金 7,900万円
売上高 173億円(2010年3月期)
従業員数 3,800名
主要株主 九州電力、西日本鉄道、西日本シティ銀行など
主要子会社 株式会社にしけいメンテナンス
株式会社にしけい保険サービス
株式会社西警セキュリシス
外部リンク www.nishikeinet.co.jp
テンプレートを表示
にしけい本社

株式会社にしけいは、福岡県福岡市博多区に本社を置く、日本の警備会社である。

概要[編集]

空港保安検査員[編集]

1975年昭和50年)の空港保安検査員事業(空港警備)の開始以来、全国5空港[1]で業務を行っており、2009年現在で30年の実績を持つ[2]。業務内容は「ハイジャック等防止検査業務」「受託手荷物検査業務」「空港内保安業務」の3業務を主としている[2]

機械警備[編集]

機械警備では法令上、発報から25分以内に現場へ急行することが定められている[3][4]が、にしけいではこれを10分以内に到着するよう企業努力している[5]

出資企業[編集]

2005年平成17年)7月、株式会社キャピタル・キューデン (70 %) 、ニシム電子工業株式会社 (20 %) 、にしけい (10 %) の出資比率で3社が発起人となり株式会社九電ホームセキュリティを福岡市に設立した(資本金1億円)。会社設立後は役員として取締役4名、監査役1名が置かれ、にしけいより1名が非常勤取締役として出向した[6][7]

沿革[編集]

  • 1968年(昭和43年) - 西日本警備保障(株)設立
  • 1969年(昭和44年) - 九州警備保障(株)を吸収合併
  • 1971年(昭和46年) - 福岡空港の警備業務開始
  • 1973年(昭和48年) - 玄海原子力発電所の警備業務開始
  • 1977年(昭和52年) - 大阪空港ハイジャック等防止検査業務開始
    • 同年 - 特定貨物自動車運送業の認可により、現金輸送業務開始
  • 1978年(昭和53年) - 対馬・壱岐空港ハイジャック等防止検査業務開始
  • 1980年(昭和55年) - 羽田・長崎空港ハイジャック等防止検査業務開始
  • 1984年(昭和59年) - 金融機関の総合管理システム運用開始
  • 1991年(平成3年) - 北九州空港ハイジャック等防止検査業務開始
  • 1994年(平成6年) - 関西国際空港開港に伴うハイジャック等防止検査業務開始
  • 1995年(平成7年) - アクロス福岡施設警備、インフォメーション業務開始
  • 1997年(平成9年) - ホテル日航福岡施設警備開始
  • 1999年(平成11年) - 博多リバレイン施設警備開始
  • 2000年(平成12年) - 国内線受託手荷物検査業務開始
  • 2003年(平成15年) - 本社を移転
    • 同年 - 社名を「(株)にしけい」へ改称
  • 2004年(平成16年) - 岩田屋本・新館施設警備開始
    • 同年) - 小倉伊勢丹施設警備開始
  • 2006年(平成18年) - 新北九州空港ハイジャック等防止検査業務開始

ネットワーク[編集]

本社/金融受託事業本部/空港保安事業本部 - 福岡県福岡市博多区

福岡地区[編集]

北九州地区[編集]

筑後地区[編集]

南九州地区[編集]

その他地区[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 東京国際空港大阪国際空港北九州空港福岡空港長崎空港の5つ。
  2. ^ a b 株式会社にしけい 空港保安
  3. ^ 機械警備業 第43条(即応体制の整備)
  4. ^ 編集者注: ただし業法原文中に「25分以内」とは明確に記載されていない。
  5. ^ 安全担い24時間、読売新聞、2005年9月16日付。
  6. ^ 会社概要 ({{{1}}} (PDF) )
  7. ^ 株式会社九電ホームセキュリティ 会社概要

外部リンク[編集]