なばなの里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
なばなの里
Nabana no Sato
Nabana no Sato Island Fuji Illumination.jpg
「アイランド富士」
所在地 北緯35度4分52秒 東経136度42分12.8秒 / 北緯35.08111度 東経136.703556度 / 35.08111; 136.703556座標: 北緯35度4分52秒 東経136度42分12.8秒 / 北緯35.08111度 東経136.703556度 / 35.08111; 136.703556
分類 植物園
開園 1998年7月12日
運営者 長島観光開発
駐車場 3,000台、無料
公式サイト なばなの里

なばなの里(なばなのさと)は、三重県桑名市長島町駒江にある植物園である。長島観光開発株式会社の運営するナガシマリゾートの一施設である。

概要[編集]

里内には8店舗のレストランがあり(長島地ビール園、ベーカリーレストラン「マルセイユ」、イタリアンレストラン「麦」、とんかつ「かつ○」、中国料理「桃仙」、日本料理「翡翠」、「カフェ・ラ・テラス」、麺料理「芭蕉庵」)、他にもベーカリーショップ10・2・5(テンツーファイブ)や、売店の「村の市」では特産品や地ビール、お土産などを購入できる。また長島温泉を利用した日帰り温泉施設「里の湯」がある。隣接している東海地区最大級の「花市場」(地元の野菜や季節のお花が買える)がある。

オープン[編集]

料金[編集]

入村料には1000円のなばなクーポンが付加されている。なばなクーポンはアイランド富士と花市場を除く里内の全施設で利用できる。また、なばなクーポンは購入当日に全て使い切る必要はなく、有効期限内であれば次に来場した際に利用することも可能である。

  • 春季(4月上旬~7月中旬)、秋季(9月中旬~11月中旬)は、入村料1600円となる。
  • 夏季(7月中旬~9月中旬)はサービス期間として入村料が1000円となる。なばなクーポンを村内で使いきれば、事実上入村無料である。
  • 冬季(11月中旬~4月上旬)はイルミネーション開催にて入村料が2100円となる。
  • ナガシマリゾート内の各ホテル(ホテル花水木、ガーデンホテルオリーブ、ホテルナガシマ)に宿泊すると、入村及びベゴニアガーデンの入場が無料になる通行証が発行される。

花まつり[編集]

チューリップフェア(2002年4月)


花をテーマにした施設としては東海地区最大級のお花畑(13000坪)を有し、春はチューリップ、秋はコスモスや超大輪のダリアなどが咲き誇る。

ウィンターイルミネーション 冬華の競演[編集]

「ウィンターイルミネーション 冬華の競演(とうかのきょうえん)」は冬季に行われるLEDを使用したイルミネーションイベント。夕方になると多くの客で会場はごった返す。

  • 2004年度は100万球のイルミネーションと池のチャペルの前にLEDのオブジェが人気を博した。
  • 2005年度は120万球とグレードアップし11月25日~1月29日まで開催された。640億色に変化する木曾三川をイメージした水上イルミネーションは幅5メートル、長さ110メートルと世界最大規模の水上イルミネーションであった。
  • 2006年度は280万球の日本最大級のスケールで全長300m(200mと100m)の光のトンネル(120万球)が登場し同年の目玉となった。
  • 2007年度は400万球のイルミネーションである。光の銀河「天の川」(120万球)が加わりパワーアップした。またイルミネーションをより美しく見るために展望台(2階建)が新設された。2008年3月2日まで開催。
  • 2008年度は450万球のイルミネーションである。前年度の光の銀河が「光のお花畑」にリニューアルした。
  • 2009年度は480万球のイルミネーションである。光のお花畑が、「オーロラ」をテーマとした作品にリニューアルした。2009年11月7日~2010年3月14日まで開催。
  • 2010年度は580万球のイルミネーションである。光のお花畑が、「富士と海」をテーマとした作品にリニューアルした。2010年11月5日~2011年3月13日まで開催。
  • 2011年度は630万球のイルミネーションである。光のお花畑が、「日本の四季」をテーマとした作品にリニューアルした。2011年11月3日~2012年3月11日まで開催の予定だったが、好評につき4月1日まで延長された。
  • 2012年度は700万球で日本一連続年数は9年連続に伸びた。

イベント開催期間は長く、毎年11月中旬から3月下旬頃まで開催しており、イルミネーション目的の来場者はシーズンを通してみても突出している。イルミネーション期間は交通渋滞が発生するため、公共交通機関を利用するよう告知している。2011年度からは、近鉄長島駅からシャトルバスが期間中毎日運行するようになった。また、イルミネーション期間中は近鉄長島駅に一部の急行が臨時停車する。

アイランド富士[編集]

ナガシマスパーランドにあった「フライングアイランド」というアトラクションが、2005年度3月に移設され営業を開始。 高さ45メートルまで上昇し、最頂部で展望台が1回転し360度の景色を堪能できる。 四季を通じ美しい「なばなの里」はもちろん、街の夜景(名古屋・桑名・伊勢湾等)を楽しめる乗り物。

料金は1回につき大人500円、3歳~中学生300円。 この施設のみ、なばなクーポンは利用できず現金で支払う必要がある。

ベゴニアガーデン[編集]

ベゴニアガーデン

日本最大級の温室。4棟の温室にはアンデスをモチーフにしたつくり。世界中のベゴニアが咲き、温室内は常に28度を維持している。

料金は大人1,000円、小・中学生700円、幼児(3歳以上)200円。 なばなクーポンで入館可能。

バラ園[編集]

2006年5月15日に新名所としてベゴニアガーデン内に登場。5,500m²の敷地には800種類4,000本の世界中のバラが咲いている。立体的なつくりと、英国風のレンガ造りの造形物など造園もあり、自然岩に誘引したバラが見られる。特に皇室の名前の付いたのバラもあり、アーチ仕立て、ポール仕立て、ガセポなどもある。

あじさい・花しょうぶ園[編集]

2006年6月10日に新名所として登場。50種類70,000株のあじさいと、50種8,000株の花しょうぶが咲き誇る。 特に敷地は8000坪とあじさい園としてはおそらく日本最大。広い動線は車イス等にとてもやさしいつくり。 特に中央に流れる小川にはジャパニーズワイルドガーデンを思わせるワラビやセリなどが穂茂る。 花しょうぶの植えてあるところも立体的になっており、「棚田」風の段々畑になっている。

関連施設[編集]

ナガシマリゾートは以下の施設となばなの里で形成されている。

交通アクセス[編集]

公共交通機関
自動車

関連項目[編集]

外部リンク[編集]