どぜう鍋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
駒形どぜうのどぜうなべ

どぜう鍋(どじょうなべ)は、ドジョウを煮た鍋料理

形態[編集]

丸鍋[編集]

ドジョウを開かず丸ごと調理した鍋[1]

生きたドジョウをに入れてすぐ蓋をする。最初は大変に暴れるが、やがておとなしくなったところで小さな薄い鉄鍋に並べる。甘辛い割下を注ぎ、炭火で煮込む。ネギを大量に載せ、山椒七味唐辛子をかけて食べる。「丸鍋」(あるいは単に「まる」)と呼ばれるもので東京下町の名物。文化元年(1804年)に浅草駒形で越後屋が創始したとされる[2][3]

ぬき鍋[編集]

丸鍋とは違い、ドジョウを背開きにしてゴボウと一緒に調理した鍋で、文政年間に江戸で誕生した料理とされるが、その起源については、南伝馬町の萬屋説と本所石原の石井説の二説がある[1][3]。「ぬき鍋」は単に「抜き」あるいは「裂き」とも呼ばれる。

柳川鍋[編集]

開いたドジョウを割下で煮込んだものを、ゴボウと共に卵とじにしたもの。

名前の由来[編集]

ドジョウを「どぜう」と表記するようになったのは、駒形どぜうの初代当主“越後屋助七”の発案であるというのが定説である。ドジョウは泥鰌、鰌と書き、旧かなづかいでは「どぢやう」あるいは「どじやう」が正しいが、四文字では縁起が悪く、三枚ののれんに書けないという理由から、発音の近い「どぜう」の文字を使用したとされている。駒形どぜうは享和元年(1801年頃)の創業で、「どぜう」の表記は文化3年(1806年)から用いるようになった。老舗の名店がこの表記を採用したことから、幕末近くには江戸の町中でも定着し、他店も「どぜう」を看板として用いるようになった。なお、字面は「どぜう」であっても発音はあくまでも「どじょう」である。

有名店[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b マルハ広報室編 『お魚の常識非常識「なるほどふ~ん」雑学』 p.36・234 講談社プラスアルファ文庫 2000年
  2. ^ マルハ広報室編 『お魚の常識非常識「なるほどふ~ん」雑学』 p.36 講談社プラスアルファ文庫 2000年
  3. ^ a b おさかな雑学研究会 『頭がよくなる おさかな雑学大事典』 p.72 幻冬舎文庫 2002年

外部リンク[編集]