どうぶつの森 (NINTENDO64)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
どうぶつの森シリーズ > どうぶつの森 (NINTENDO64)
どうぶつの森
ジャンル コミュニケーションゲーム
対応機種 NINTENDO64
開発元 任天堂
発売元 任天堂
プロデューサー 手塚卓志
ディレクター 江口勝也、野上恒
シリーズ どうぶつの森シリーズ
人数 1人
メディア 内蔵時計機能つきロムカセット
発売日 日本の旗 2001年4月14日
デバイス コントローラパック
売上本数 約26万本
テンプレートを表示

どうぶつの森』(どうぶつのもり)は、任天堂より発売されたNINTENDO64用コミュニケーションゲームソフト。どうぶつの森シリーズの第1作目。また、日本の任天堂の最後のROMカセットのゲームソフトである。

概要[編集]

500個以上の家具、とたけけなどから入手できる50曲以上のミュージック、村の住人、ファミコン家具など、その多くが後のシリーズに引き継がれている。

4人まで1つの村(= 1つのカセット)で生活できる。また、コントローラパックにデータを保存し、別の『どうぶつの森』のカセットで起動することにより、他の村へお出かけすることができる。

「コントローラパック同梱版」も発売され、このコントローラパックには、ミュージック、ファミコン、宮本茂からの手紙が収録されている。宮本茂からの手紙はこのコントローラパックでのみ入手可能。

備考[編集]

『どうぶつの森』はもともと磁気ディスク64DD向けRPGとして企画されていた。ところが企画途中でNINTENDO64向けに変更され、容量の削減によってRPGからコミュニケーションゲームへと変貌した経緯がある[1]。NINTENDO64のコントローラでの操作に最適化されている独特の文字入力システムは、64DDの『ランドネットディスク』でも使用されていたものである。なお『どうぶつの森』は、日本の任天堂発売としては最後のNINTENDO64タイトルなった。

続編の『どうぶつの森+』へセーブデータを引き継ぐ「データお引越しサービス」が行われたことがあるが、現在サービスは終了している。

発売後の反響[編集]

本ソフトの発売から5ヶ月後となる9月14日にはニンテンドーゲームキューブの発売を控えており、NINTENDO64市場は終末期であったことから初回生産本数はわずかなものであった。しかし、当時爆発的に広まっていったインターネットの波と共に口コミが広がり、特に10 - 20代の女性層に浸透。任天堂の予想をはるかに上回る反響を受けたため、市場が終末期であるにもかかわらず増産される事態となった。さらに同年12月にはゲームキューブへの移植作も発売。ニンテンドーDSWiiを経てニンテンドー3DSでも発売されるなど、現在も続く同社の看板タイトルとなった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ レボリューション版『どうぶつの森』の計画も明らかに! 任天堂の江口氏が講演” (日本語). エンターブレイン (2006年3月24日). 2008年11月22日閲覧。

外部リンク[編集]