どうぶつしょうぎ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
どうぶつしょうぎ

どうぶつしょうぎは、3×4の盤面を用い、駒の動きを簡略化した将棋類である[1]。主に子供への将棋普及のために、女流棋士北尾まどかがルールを考案し[2]、同じく女流棋士の藤田麻衣子がデザインした。2008年、日本女子プロ将棋協会(LPSA)が発表した。

ルール[編集]

使用する駒は、「ライオン」「ぞう」「きりん」「ひよこ」の4種類である。将棋と同様に、プレーヤーは交互に盤上の自分の駒の一つを移動させるか、または、次に述べる自分の持ち駒を盤上の空いているマスに置く。

駒を進めたいマスに相手の駒がいる場合、その駒を取って持ち駒にすることができる。持ち駒は、自分の手番で自由に使える。取った「にわとり」を使うときは「ひよこ」で打たなければならない。

相手のライオンを取る「キャッチ」か、または、自分のライオンを相手陣の1段目に移動させる「トライ」(移動した次の手でライオンが取られる場合は除く)で勝利となる。千日手(手番が全く同じ状態が3回現れる)は引き分け。

将棋のような禁じ手(反則)はなく、「二ひよこ」(将棋の二歩に相当)や「打ちひよこ詰め」(将棋の打ち歩詰めに相当)、敵陣1段目のひよこ(盤上に利きがなく動けない駒)も反則ではない。

駒の動き[編集]

LPSAが作成頒布している駒にはそれぞれ駒に赤い丸印がついており、その方向に1マスずつ進むことができる。

元の駒 動き 成駒 動き
ライオン
隣接する8マスのいずれかに進むことができる。
将棋の玉将に相当する。
- - -
ぞう
 
   
 
斜めの4マスのいずれかに進むことができる。
将棋の角行に似ているが一度に1コマしか移動できない。
- - -
きりん
   
   
縦・横の4マスのいずれかに進むことができる。
将棋の飛車に似ているが一度に1コマしか移動できない。
- - -
ひよこ
   
   
     
前の1マスにのみ進むことができる。
相手陣の1段目まで進むと裏返る(成る)ことができ、「にわとり」になる。
将棋の歩兵に相当する。
にわとり
   
縦・横の4マスと斜め前の2マス(合計6マス)のいずれかに進むことができる。
将棋のと金に相当し、金将と同じ動きである。

初期配置[編集]

下図の強調書体で表されている駒が先手の駒である。先手駒と後手駒は向かい合うかたちで配置される。

A B C
1
    2
    3
4

コンピューターによる解析[編集]

東京大学情報基盤センター准教授の田中哲朗は、コンピュータを用いた「起こりうる全局面」の解析により、両者が最善を尽くした場合(二人零和有限確定完全情報ゲームも参照)、78手で後手の勝利となる、すなわち、後手にミスがない限り後手必勝となるという結果を報告している[3]。田中の報告によれば、実質的には1手パスとなる「敵陣1段目のひよこ打ち」が勝利のために有効な局面も存在するという。また、駒の動きと配置の関係上、合法手が存在しない(チェスのステイルメイトに相当する)状態は、このゲームでは起こり得ない。

歴史[編集]

2008年1月頃、LPSA所属女流棋士である藤田麻衣子が、初心者用将棋盤駒として動物をモチーフにした本将棋の盤駒をデザインする。歩=ひよこ、と金=にわとり、王=ライオン、角=ぞう、飛車=きりんはこのときにデザインされ、動く方向に印がつけられた。全く同時期に当時LPSA所属女流棋士だった北尾まどかが初心者用に3×4の盤面をはじめ、いくつかの簡易将棋を考案する。デザイン、ルールはその後に変わったものがある。

同年6月頃、LPSA主催の「小学生女流将棋名人戦」にて藤田デザインの動物駒を用いてリレー将棋を行う[4]。同年8月10日、ボードゲーム7種の会にて北尾考案のルールと、藤田デザインを合体させた3×4shogiとして発表する。将棋棋士の森内俊之も対局する[5]。またこのときは北尾考案、藤田デザインの5×5将棋を試験販売した。しかしこれはのちに北尾自身によって必勝法が解明されたため、お蔵入りとなった。 11月、おもちゃフォーラムにてどうぶつしょうぎを試験販売。販売に用意した分はすべて午前中に売り切れた[6]。同年12月、LPSAオンラインショップにて発売開始。

2009年6月15日、北尾がLPSA退会し、フリーの女流棋士となるが、どうぶつしょうぎは北尾・藤田・LPSAの三者が協力して事業を継続する[7]。同年9月、幻冬舎エデュケーションが一般発売[8]日本ボードゲーム大賞では日本産ボードゲーム最高の5位に入り、ゆうもあ賞を受賞した[9]

2010年3月31日で、藤田もLPSAを退会し女流棋士を引退[10]。4月1日、小学館の『小学一年生』5月号に、紙製の将棋板と同じく紙製の組立式駒とはじめてブック(ルール解説書)が付録として付いた。9月1日からLPSAの販売離脱があり、北尾・藤田にて普及を続けている[11]

2010年、株式会社ライブログより、iTunes App StoreおよびGoogle Playにて「どうぶつしょうぎ(通常版)」と「どうぶつしょうぎDX」が配信開始となったが、2011年4月でLPSAの製品版とは異なるデザインに変更となった。

2012年2月、株式会社ねこまど(代表取締役に北尾まどか)、株式会社ギンビスより「たべっ子どうぶつどうぶつしょうぎパッケージ」として数量限定で発売[12]。箱の裏面に将棋盤、側面に駒が印刷されており、切り取って遊べるデザインとなっている。

2012年春には、iTunes App Storeにて「どうぶつしょうぎ(公式)」が配信開始(350円)、LPSAの製品版と同様のデザインのアプリケーションが復活した。

大会[編集]

その他のどうぶつしょうぎ[編集]

上記の3×4マスのどうぶつしょうぎ以外にも、同じ意匠の駒を用いた将棋がある。

ごろごろどうぶつしょうぎ[編集]

  • どうぶつしょうぎとの違い
    • 盤面が5×6の30マスになる。
    • きりんとぞうの代わりに、いぬ(金将と同様)・ねこ(銀将と同様)が加わる。
    • 考案者は日本将棋連盟で、北尾まどかは監修者となっている。

初期配置[編集]

下図の強調書体で表されている駒が先手の駒である。先手駒と後手駒は向かい合うかたちで配置される。

A B C D E
1
          2
    3
    4
          5
6

おおきな森のどうぶつしょうぎ[編集]

ルールは本将棋と同じ。

  • どうぶつしょうぎとの違い
    • 盤面が9×9の81マスになる。
    • いぬ(金将)・ねこ(銀将)・うさぎ(桂馬)・いのしし(香車)が加わる。
    • どうぶつしょうぎと異なり、きりんは縦横に1マスに限らず何マスでも動け(飛車)、ぞうは斜めに1マスに限らず何マスでも動ける(角行)。その為、通常の動物将棋では○で示されていた進行方向が、△に置き換わっている。

関連書籍[編集]

  • どうぶつしょうぎのほん 幻冬舎エデュケーション・幻冬舎 文章:北尾まどか 絵:藤田麻衣子 2010年7月13日発売ISBN 9784344977334

脚注[編集]

  1. ^ 村上耕司「どうぶつしょうぎ人気――日本女子プロ将棋協会、親子らに普及活動」『朝日新聞』2009年9月2日付夕刊、第3版、第7面
  2. ^ 北尾まどか (2009年5月1日). “どうぶつしょうぎの輪☆”. 2009年5月3日閲覧。
  3. ^ 「どうぶつしょうぎ」の完全解析 田中哲朗 2010年9月14日閲覧
  4. ^ 第2回小学生女流将棋名人戦・名古屋大会”. 2009年9月16日閲覧。
  5. ^ 藤田麻衣子 (2008年8月20日). “ボードゲーム7種の会”. 2009年9月16日閲覧。
  6. ^ 藤田麻衣子 (2008年11月5日). “ひとこと日記#165”. 2009年9月16日閲覧。
  7. ^ 北尾まどか女流初段 退会のお知らせ
  8. ^ どうぶつしょうぎ」9月初旬市販化決定
  9. ^ 世界のボードゲームを広める会ゆうもあ. “日本ボードゲーム大賞2009 ゆうもあ賞 決定”. 2010年9月1日閲覧。
  10. ^ LPSA (2010年2月15日). “『藤田麻衣子女流1級 引退と退会のお知らせ”. 2010年9月1日閲覧。
  11. ^ LPSA. “『LPSAでの「どうぶつしょうぎ」販売中止のお知らせ』”. 2010年9月1日閲覧。
  12. ^ 株式会社ねこまど 株式会社ギンビス プレスリリース (PDF)”. ギンビス (2011年12月26日). 2012年3月23日閲覧。
  13. ^ 第23回1DAYトーナメント・どうぶつしょうぎカップ

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]