てんびん座ベータ星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
てんびん座β星[1]
Beta Librae
星座 てんびん座
視等級 (V) 2.62[1]
変光星型 Suspected
Libra IAU.svg
Cercle rouge 100%.svg

てんびん座β星の位置
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α) 15h 17m 00.41382s[1]
赤緯 (Dec, δ) −09° 22′ 58.4919″[1]
赤方偏移 -0.000119[1]
視線速度 (Rv) −35.60km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: −98.10 ミリ秒/年[1]
赤緯: −19.65 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 17.62± 0.16ミリ秒[1]
距離 185.02 ± 1.70光年[注 1]
(56.75 ± 0.52パーセク)[注 1]
絶対等級 (MV) -1.150[注 2]
物理的性質
半径 4.9R[2]
質量 3.5(3.8~3.3)M[3]
自転速度 250km/s[4]
スペクトル分類 B8 V[1][3]
光度 130 L
表面温度 12,300K[5]
色指数 (B-V) −0.106[6]
色指数 (U-B) −0.359[6]
金属量 0.33dex[3]
年齢 8000万
(1億3000万~4000万)年[3]
別名称
別名称
Zubeneschemali
Lanx Borealis
てんびん座27番星[1]
BD-08 3935[1]
FK5 564[1], HD 135742[1]
HIP 74785[1], HR 5685[1]
SAO 140430[1]
■Project ■Template

てんびん座ベータ星(てんびん座β星)は、てんびん座で最も明るい恒星で3等星。

この星には2つの大きな特徴があり、1つは緑色の星と表現される事、もう1つはかつてアンタレスより明るかったと報告された事である[7]

概要[編集]

視差から、地球からの距離は185光年と推測される[8]。この星の高温はシンプルなスペクトルの光を生成し、地球とこの星との間の星間ガスと塵を調査するのに理想的である。同種の多くの星のように、高速で回転しており、太陽の100倍以上の自転速度である[4]。主星の角直径は0.801 ミリ秒と測定された[5]

この星の周期的な小さな変光は、直接地球からは観測できない伴星の存在を示唆している[9]、その一方で現在のところ、単一の星に分類されている[10]

特徴[編集]

星の色[編集]

この種の星は通常は青白く見えるが、この星は緑色と表現される事がよくあり、これは肉眼で見える唯一の緑色の恒星である[11][7]

明るさ[編集]

エラトステネスによれば、この星はアンタレスより明るいと観測され、350年後のトレミーは、アンタレスと同じくらいの明るさとしている[7]。R.H.アレンは、この食違いについて、アンタレスが増光したのではないかと推測している[7]。この星が減光した可能性もあるが、現在では0.03等級の変光しかしていない[12]

名称[編集]

β Lib / β Librae。ズベン・エス・カマリ(Zubeneschamali) (play /ˌzbənˌɛʃəˈmli/) という名称の元となったのは、アラビア語の الزبن الشمالية (al-zuban al-šamāliyya)で、北の爪を意味する[12]。また、ラテン語名のLanx Borealis[13]は、北の(天秤の)皿を意味する。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算(誤差も同様)、光年はパーセク×3.26より計算。各有効桁小数第2位
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。有効桁小数第3位

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r SIMBAD Astronomical Database”. Results for bet Lib -- Variable Star. 2014年6月16日閲覧。
  2. ^ Lang, Kenneth R. (2006), Astrophysical formulae, Astronomy and astrophysics library, 1 (3 ed.), Birkhäuser, ISBN 3540296921, http://books.google.com/books?id=OvTjLcQ4MCQC&pg=PA41 . The radius (R*) is given by:
    \begin{align} 2\cdot R_*
 & = \frac{(56.8\cdot 0.801\cdot 10^{-3})\ \text{AU}}{0.0046491\ \text{AU}/R_{\bigodot}} \\
 & \approx 9.8\cdot R_{\bigodot}
\end{align}
  3. ^ a b c d Janson, Markus et al. (August 2011), “High-contrast Imaging Search for Planets and Brown Dwarfs around the Most Massive Stars in the Solar Neighborhood”, The Astrophysical Journal 736 (2): 89, arXiv:1105.2577, Bibcode 2011ApJ...736...89J, doi:10.1088/0004-637X/736/2/89 
  4. ^ a b Abt, Helmut A.; Levato, Hugo; Grosso, Monica (July 2002), “Rotational Velocities of B Stars”, The Astrophysical Journal 573 (1): 359–365, Bibcode 2002ApJ...573..359A, doi:10.1086/340590 
  5. ^ a b Zorec, J. et al. (July 2009), “Fundamental parameters of B supergiants from the BCD system. I. Calibration of the (λ_1, D) parameters into Teff”, Astronomy and Astrophysics 501 (1): 297–320, Bibcode 2009A&A...501..297Z, doi:10.1051/0004-6361/200811147 
  6. ^ a b Gutierrez-Moreno, Adelina; Moreno, Hugo (June 1968), “A photometric investigation of the Scorpio-Centaurus association”, Astrophysical Journal Supplement 15: 459, Bibcode 1968ApJS...15..459G, doi:10.1086/190168 
  7. ^ a b c d 『星百科大事典 改訂版』地人書館 R.バーナムJr.著。951P。ISBN 4-8052-0266-1
  8. ^ van Leeuwen, F. (November 2007). “Validation of the new Hipparcos reduction”. Astronomy and Astrophysics 474 (2): 653–664. arXiv:0708.1752. Bibcode 2007A&A...474..653V. doi:10.1051/0004-6361:20078357. 
  9. ^ Mark Fisher (1999-2006), “Zuben Elschemali”, The Electronic Sky, http://www.glyphweb.com/esky/stars/zubenelschemali.html 2009年1月25日閲覧。 
  10. ^ Eggleton, P. P.; Tokovinin, A. A. (September 2008). “A catalogue of multiplicity among bright stellar systems”. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 389 (2): 869–879. arXiv:0806.2878. Bibcode 2008MNRAS.389..869E. doi:10.1111/j.1365-2966.2008.13596.x. 
  11. ^ Kaler, James B. (2006), “Zubeneschamali”, Stars (University of Illinois), http://stars.astro.illinois.edu/sow/zubenes.html 2006年7月3日閲覧。 
  12. ^ a b AAS (2006), “LIBRA – A Balanced View (page 7 of PDF)”, Auckland Astronomical Society, http://www.astronomy.org.nz/Documents/Journal/journal_200606.pdf 2009年1月25日閲覧。 
  13. ^ La Hire, Philippe (1727), Tabulae Astronomicae, http://www.archive.org/stream/tabulaeastronom00suntgoog#page/n146/mode/2up , see star table, page 13.

外部リンク[編集]