たらこスパゲッティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
たらこスパゲッティ
明太子スパゲッティ
インスタント食品としても出回っている

たらこスパゲッティは、スパゲッティのメニューである。日本で生まれた。

概要[編集]

1967年頃、東京都渋谷区にあるスパゲッティ専門店の老舗「壁の穴」で、常連客であった当時のNHK交響楽団ホルン奏者の「キャビアでスパゲッティを作ってくれ」というリクエストをきっかけに、海苔茶漬けにヒントを得て、店主の成松孝安が考案したもの[1]

ほぐした生のたらこバターこしょうレモンの絞り汁などとともに茹で上げたスパゲッティにからめ、最後に刻み海苔を上からかける。粉状にした昆布を混ぜるレシピがオリジナルである。日本人の嗜好に合ったためか、それがたちまち日本に定着していき、いわゆる和風のスパゲッティという新しいジャンルの代表的なメニューとなった。その後様々なアレンジが加えられ、例えば生クリームチーズマヨネーズを使うものや、たらこのかわりにほぐした辛子明太子を加えたソースを茹でたスパゲッティの上にかけたものもある(明太子スパゲッティ)。刻んだ紫蘇の葉などをのせる場合もある。

また、たらこ(辛子明太子でも可)本来の味を楽しむにはオリーブ・オイルとたらこ(辛子明太子)を混ぜ、それに茹で上げたスパゲッティを加える作り方もある。余分な材料を加えず、スパゲティの持つ熱だけで行う調理だが、奥行きのある味わいを楽しむことができる。

脚注[編集]

関連項目[編集]