たのしい川べ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

たのしい川べ』(たのしいかわべ、The Wind in the Willows)は、ケネス・グレアム1908年に発表したイギリス児童文学作品。

原題の "The Wind in the Willows" は日本語に直訳すると「ヤナギ林に吹く風」の意味であるが、日本では英文学者中野好夫1940年に抄訳した際の『たのしい川べ』という題名が定着しており[1]、他に『ヒキガエルの冒険』『川べにそよ風』『川べのゆかいな仲間たち』などの題名でも出版されている。

概要[編集]

物語は個性の強い4匹の動物(モグラミズハタネズミヒキガエルアナグマ)が登場し、緩急の付けられたミステリー、冒険、道徳、友情の入り交じったエピソードが続く。グレアムは当時銀行勤務を嫌い退職して、郊外に移転した頃に息子のために著作したものであり、「ただボートに乗ってぶらぶらする(messing about in boats)」という物語にも出てくる一節の通り、テムズ川近くで過ごしていた。

物語はイギリス階級社会の風刺とされ、登場する4匹の動物は当時の階級を代表する性格を擁していた。川に住むものは上流階級であり、森に住む者は下流階級であると考えられている。そして、登場する動物の生態に倣い、ヒキガエルのトードは上流階級、ミズハタネズミとアナグマは中流階級(ミズハタネズミは少し上流に近い)、そしてモグラは下流階級というように見なされる。

主に登場する4匹の動物[編集]

モール(Mole)
おっとりとした家で過ごすことが好きなモグラで、最初に登場する。川岸のせわしい生活に威圧されるものの、その生活にも次第になれてくる。
ラッティー(Ratty)
のんびりしたつきあいの良いミズハタネズミ。川が好きでモールをかばうようになる。
トード(Mr. Toad)
個性の強いわがままでうぬぼれ屋のヒキガエル。
バジャー(Badger)
単に社会を憎む孤独なアナグマ。粗野な反面、親切で常識をもった賢者。良きリーダーおよび紳士として振る舞うことが多い。

あらすじ[編集]

日本語訳について[編集]

古いものでは、1940年に白林少年館出版部より刊行された中野好夫の抄訳が存在する。完訳は白林少年館の設立者であった石井桃子1950年英宝社より『ヒキガエルの冒険』の題名で刊行し、この訳を改訂して中野訳の表題を引き継いだハードカバー『たのしい川べ ―ヒキガエルの冒険―』が1963年岩波書店より刊行された。この岩波版では、E・H・シェパードの挿絵を用いている。

また、1992年にはグレアムの日本における著作権の保護期間戦時加算を含めて満了し、講談社より岡本浜江の新訳が『川べにそよ風』の題名で刊行された。この新訳版ハードカバーと青い鳥文庫の旧版ではジョン・バーニンガム英語版の挿絵が使用されていたが、青い鳥文庫版は1997年に改訂されパトリック・ベンソンの挿絵が新たに使用されている。

  • 川べにそよ風 訳:岡本浜江 画:ジョン・バーニンガム(講談社、ハードカバー)
    1992年6月初版 ISBN 4-06-205586-4
  • 川べにそよ風 訳:岡本浜江(講談社、青い鳥文庫)
    旧版 画:ジョン・バーニンガム 1993年5月初版 ISBN 4-06-147382-4
    新訂版 画:パトリック・ベンソン 1997年11月初版 ISBN 4-06-148470-2

また、本作を原作とするテレビアニメ楽しいウイロータウン』の放送に合わせて、講談社からは青い鳥文庫よりも低年齢層向けの単行本『川べのゆかいな仲間たち』が鈴木悦夫の訳で刊行されている。

  • 川べのゆかいな仲間たち 訳:鈴木悦夫 画:鈴木まもる(講談社)
    1993年7月初版 ISBN 4-06-206529-0

翻案作品[編集]

以下のように多数の映像化を始めとする翻案作品が存在する。

映像化作品[編集]

また、2012年より「イカボードとトード氏」をベースにしたディズニーランドのアトラクション"Mr. Toad's Wild Ride"(トード氏のワイルドライド)を基にした実写映画作品が企画されていることが明らかになった[2]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 当初の表記は「たのしい川邊」。
  2. ^ ディズニーランドのアトラクションを下敷きにした映画企画が始動(映画.com、2012年4月21日)

外部リンク[編集]