たいと

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「「たいと」と読む「雲」3つと「龍」3つから成る漢字」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(簡体字CJK統合漢字拡張B)が含まれています詳細
84画の漢字「だいと」「おとど」(1)
84画の漢字「たいと」(2)

「たいと」と読む「雲」3つと「龍」3つから成る漢字(たいと)は、総画数84画という最も複雑な漢字和製漢字)である[1]日本人苗字であるとされ、他に「だいと」・「おとど」とも読むという。

概説[編集]

日本で苗字として用いられたとされる国字。 「タイと読む、「雲」3つからなる漢字」(タイ、雲の意、䨺)と「トウと読む、「龍」3つからなる漢字」(トウ、龍が行くの意、)の合字で、右の画像のとおり、相似た2種類の字形(1)・(2)が確認されている。双方は本来同一字だったと推測されるが、『実用姓氏辞典』などが(2)の字形で「たいと」と読むとする一方、『難読姓氏辞典』だけが(1)の字形で「だいと」「おとど」という読みを載せている。何れも出典が不明のままであり、後述するように苗字としての存在すら認め難い現況を考え合わせれば、この漢字について確定的な基本要素(形・音・義)は何一つないことになる。

今昔文字鏡』には66147番に (2) の字形でこの文字が登録されており、BTRON仕様OSの「超漢字」は初期の頃、この文字が表示できることを広告のキャッチフレーズとして用いていた。TRONコードから今昔文字鏡が撤退した現在では、GT書体[2]に収録されている。

苗字としての存在[編集]

「たいと」と読む「雲」3つと「龍」3つから成る漢字」を載せる文献はいずれも苗字として解説しているものの、苗字に関する全国的な悉皆調査が行われた事例がないため、この苗字が現存するのか、あるいはかつて存在したのか、それとも文献に登場しても実際には存在しない幽霊名字であるのかは不明である。1960年代初め、ある証券会社にこの苗字を持つ者が現れ、名刺を残していったともいわれるが[1]、真偽のほどは定かでない。

なお、国語学者笹原宏之によれば、かつては親が自分の子のために造字や難読字を用いてその名とする事実があったことを指摘した上で、この漢字も本来苗字などではなく、「タイと読む、「雲」3つからなる漢字トウと読む、「龍」3つからなる漢字」の2字で「たいとう」と読む某人の仮名(けみょう)だったのではないかという。

なお、著名人の例としては、明治時代前期の政治家小野梓幼名が「テツと読む、「龍」4つからなる漢字一(てついち、𪚥一)」だった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 笹原宏之 「姓(名字・苗字)多様であいまい、84画も(新日本語ノート13)」『熊本日日新聞』2002年4月15日付朝刊、7面。
  2. ^ GT-57123、第3面7D6B番

出典[編集]

  • 大須賀鶴彦 『実用姓氏辞典』 メーリング、1964年、978頁。 - (2) の字形。
  • 東京電話番号案内局編 『ひきやすい難読姓氏辞典』 一二三書房、1966年、313頁。 - (2) の字形。『実用姓氏辞典』が本書の参考文献として挙げられている。
  • 大野史朗・藤田豊 『難読姓氏辞典』 東京堂出版、1977年、213頁。ISBN 4490100981 - (1) の字形。
  • 丹羽基二 『姓氏の語源』 角川書店、1981年、441頁。ISBN 4040614003 - 『実用姓氏辞典』を出典とし、(2) の字形。
  • 菅原義三編・飛田良文監修 『国字の字典』 東京堂出版、1990年、176頁。ISBN 4490102798 - 『姓氏の語源』を出典とし、(2) の字形。
  • 笹原宏之 「姓(名字・苗字)多様であいまい、84画も(新日本語ノート13)」『熊本日日新聞』2002年4月15日付朝刊、7面。 - (2) の字形。
  • 笹原宏之 『日本の漢字』 岩波書店岩波新書〉、2006年、87-88頁。ISBN 4004309913 - トウと読む、「龍」3つからなる漢字(トウ)の下にタイと読む、「雲」3つからなる漢字(タイ)を書いた字形。ただし、これは誤植であり、2007年発行の第3版ではタイと読む、「雲」3つからなる漢字(タイ)の下にトウと読む、「龍」3つからなる漢字(トウ)を書いた (2) の字形に修正されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]