そこまでいうか! 熱血!正義の60分

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
そこまでいうか! 熱血!正義の60分
ジャンル トーク番組
放送方式 生放送
放送期間 1992年10月1日 - 1993年4月2日
放送時間 毎週月曜日 - 金曜日 20:00 - 21:00
放送局 ニッポン放送
パーソナリティ 以下参照
テンプレートを表示

そこまでいうか! 熱血!正義の60分は、かつて放送されていたニッポン放送ラジオ番組

概要[編集]

ナイター中継の無い、ナイターオフ中限定で放送されていた。個性的で熱血漢と言われる各界の有名人たちが日替わりでパーソナリティを務め、世の中の様々な社会問題に熱血トークで斬り込むというコンセプトの番組。タイトルは、この年のニッポン放送のキャッチコピーが『そこまでいうか!ニッポン放送 そこまでやるか!ニッポン放送』だったことに因む。

なお、ネット局のうち北海道放送(HBCラジオ)については、火曜日パーソナリティの日高晤郎がはたえ金次郎に差し替えられていた(ニッポン放送からの裏送り)。理由の詳細は不明だが、日高がライバル局・STVラジオの看板パーソナリティであるという事情もあると思われる(ただし、過去に数回STVラジオのスタジオから裏送りで放送を行ったことがある)。しかし、実際には、HBCラジオ向けに裏送り制作で放送されていたはたえ金次郎の放送を聴かずに、遠距離受信による多少のノイズが混信してでもニッポン放送を直接受信して日高晤郎出演の放送を聴いていた北海道地区のリスナーも少なくなかった。[要出典]

パーソナリティ[編集]

ネット局[編集]

事件[編集]

  • やしきたかじんが番組のスタッフとの対立のせいで、あまりのストレスからノイローゼになり、生放送中に倒れて救急車で運ばれるということもあった。このときは前番組の「峰竜太のナンデモアルキメデス」のパーソナリティーだったが代理で引き続き担当した。
  • また、日高晤郎もスタッフと番組の方向性をめぐり対立したことがあり、その時のことをSTVラジオで放送している「ウイークエンドバラエティ 日高晤郎ショー」で語ることがある。

関連項目[編集]

ニッポン放送 平日ナイターオフ期間20:00枠番組
前番組 番組名 次番組
1991年度
峰竜太のナンデモアルキメデス
(19:00 - 21:00)
1992年度
そこまで言うか! 熱血!正義の60分
1993年度
羽川英樹のトップスターベスト100
(19:00 - 21:00)