すぐに食べられる栄養補助食品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

すぐに食べられる栄養補助食品(Ready-to-Use Therapeutic Food)とは飢餓対策に開発された栄養治療食である[1]

概要[編集]

その名のとおり、そのまま食べることができる。主な原料はミルクトウモロコシで、ペースト状に加工されてアルミの袋に個包装される。

一般的な援助食糧である穀物が主な原料のCSBよりも優れた栄養価を含み、そのまま食べることができるなどの利点がある。そのため、食料援助はCSBではなく「すぐに食べられる栄養補助食品」を供給する方針にするべきだとする主張[誰?]がある。

現状[編集]

前述のとおり、栄養失調の患者に対する治療効果がCSBよりも高いが、現在[いつ?]生産・供給されている量は患者の需要に対して極端に不足しており、重度の栄養失調にかかっている子供のうちで「すぐに食べられる栄養補助食品」による治療を受けられるのは、わずか3パーセントである。

この原因としては、「すぐに食べられる栄養補助食品」を生産している企業が少ない、「すぐに食べられる栄養補助食品」の有効性が広く認知されていないなどがある。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ エチオピア:子どもたちを襲う深刻な栄養不良”. 世界の子どもたち. 日本ユニセフ協会 (2008年9月16日). 2011年5月24日閲覧。