さそり座シグマ星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
さそり座シグマ星
Diagram showing star positions and boundaries of the Scorpius constellation and its surroundings
Cercle rouge 100%.svg

さそり座シグマ星の位置(円内)
データ
元期 J2000.0      Equinox J2000.0
星座 さそり座
赤経 16h 21m 11.31571s[1]
赤緯 –25° 35′ 34.0515″[1]
視等級 (V) +2.88[2]
特徴
スペクトル分類 B1 III[3] + B1 V[4]
U-B 色指数 –0.70[2]
B-V 色指数 +0.13[2]
アストロメトリー
視線速度 (Rv) –0.4[5] km/s
固有運動 (μ) 赤経: –10.60[1] ミリ秒/
赤緯: –16.28[1] ミリ秒/
距離 568+75
−59
光年
(174+23
−18
[4] パーセク)
絶対等級 (MV) –4.12 ± 0.34 / −3.32 ± 0.34[4]
連星のデータ[4]
正式名称 σ Sco A
伴星 σ Sco B
公転周期 (P) 33.010 ± 0.002 days
軌道長半径 (a) 3.62 ± 0.06 ミリ秒
離心率 (e) 0.3220 ± 0.0012
軌道傾斜角 (i) 158.2 ± 2.3°
昇交点 (Ω) 104 ± 5°
近星点 元期 (T) 34889.0 ± 1.0 MJD
近点引数 (ω)
(secondary)
283 ± 5°
詳細
σ Sco A
質量 18.4 ± 5.4[4], 17.2-18.0[6] M
半径 12.7 ± 1.8[4] R
表面重力 (log g) 3.85[4]
光度 (2.9 ± 0.8) × 104[4], 95,500[6] L
表面温度 26,150 ± 1,070[4],27,700[6] K
自転速度 (v sin i) 25[7] km/
σ Sco B
質量 11.9 ± 3.1[4] M
半径 11[4] R
光度 (1.6 ± 0.4) × 104[4] L
他の名称
Alniyat, Al Niyat, 20 Scorpii, ADS 10009, CD-25 11485, FK5 607, HD 147165, HIP 80112, HR 6084, SAO 184336.[8]

さそり座シグマ星(σ Sco, σ Scorpii)は、さそり座にある恒星系である。アルニャート(Alniyat)という固有名を持つが、さそり座タウ星及びさそり座シグマ星とタウ星から構成されるアステリズムも同じ名前で呼ばれる。この恒星系の合計の視等級は、+2.88であり[2]、さそり座の中ではかなり明るいが、近隣のアンタレスと比べるとはるかに暗い。ヒッパルコスによる視差の測定より、地球からの距離は696光年(214パーセク)と推定されている[1]。2007年にNorthらは、さらに正確な568+75-59光年(174+23-18パーセク)という推計値を出した[4]

右下の赤色は、さそり座シグマ星の光が周囲の塵によって反射したものである。

恒星系の主星は、二重線の分光連星であり、望遠鏡では解像できない。その代り、ドップラーシフトによるスペクトルの変化から軌道は確定しており、33.01日の軌道周期で軌道離心率は0.32と推定されている[4]

連星系の主星さそり座シグマ星Aは、スペクトル型B1 IIIから巨星への進化の途上にある[3]太陽質量の約18倍、太陽半径の約12倍で[4]有効温度26,150Kの外層から太陽の29,000倍の光を放出する[4]ケフェウス座ベータ型変光星であり、視等級は+2.86から+2.94まで0.2468429日、0.239671日、8.2日の複数の周期で変化する。それぞれの周期で、恒星の温度は4,000K ± 2,000Kの範囲で変化する[4]

伴星のさそり座シグマ星Bは、スペクトル型B1 Vの主系列星である[4]。この連星の周りを約0.5秒離れて100年以上の周期で公転するのが、+5.2等級のさそり座シグマ星Cである。この距離は少なくとも120天文単位で、太陽海王星の距離の約4倍である。さらに遠く約20秒、4500天文単位以上離れた位置に+8.7等級のB9型矮星であるさそり座シグマ星Dがある。

その位置、若さ、空間速度から、さそり座シグマ星系はグールド・ベルト[9]、特にさそり座上部アソシエーションのメンバーであると考えられている。最近の年代推定により、さそり座シグマ星の年齢は8000万歳から1億歳で、主系列星の段階にあると考えられている[4][6]。これは、さそり座上部アソシエーションの年齢が1億1000万歳と推定されていることとよく一致している[6]

文化における重要性[編集]

ビクトリア州北西部のブーロン族は、この恒星とさそり座タウ星をアンタレス(Djuit)の妻とみなしていた[10]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e van Leeuwen, F. (November 2007). “Validation of the new Hipparcos reduction”. Astronomy and Astrophysics 474 (2): 653–664. arXiv:0708.1752. Bibcode 2007A&A...474..653V. doi:10.1051/0004-6361:20078357. 
  2. ^ a b c d Johnson, H. L. et al. (1966). “UBVRIJKL photometry of the bright stars”. Communications of the Lunar and Planetary Laboratory 4 (99). Bibcode 1966CoLPL...4...99J. 
  3. ^ a b Houk, Nancy (1978), Michigan catalogue of two-dimensional spectral types for the HD stars, 4, Ann Arbor: Dept. of Astronomy, University of Michigan, Bibcode 1988mcts.book.....H 
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s North, J. R. et al. (September 2007), “Orbital solution and fundamental parameters of σ Scorpii”, Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 380 (3): 1276–1284, arXiv:0707.0897, Bibcode 2007MNRAS.380.1276N, doi:10.1111/j.1365-2966.2007.12188.x 
  5. ^ Wilson, R. E. (1953). General Catalogue of Stellar Radial Velocities. Carnegie Institute of Washington D.C.. Bibcode 1953GCRV..C......0W. 
  6. ^ a b c d e Mark J. Pecaut, Eric E. Mamajek, & Eric J. Bubar (February 2012). “A Revised Age for Upper Scorpius and the Star Formation History among the F-type Members of the Scorpius-Centaurus OB Association”. Astrophysical Journal 746 (2): 154. http://adsabs.harvard.edu/abs/2012ApJ...746..154P. 
  7. ^ Abt, Helmut A.; Levato, Hugo; Grosso, Monica (July 2002), “Rotational Velocities of B Stars”, The Astrophysical Journal 573 (1): 359–365, Bibcode 2002ApJ...573..359A, doi:10.1086/340590 
  8. ^ “sig Sco -- Variable Star of beta Cep type”, SIMBAD Astronomical Object Database (Centre de Données astronomiques de Strasbourg), http://simbad.u-strasbg.fr/simbad/sim-id?Ident=Sigma+Scorpii 2012年2月28日閲覧。 
  9. ^ Bobylev, V. V.; Bajkova, A. T. (September 2007), “Kinematics of the Scorpius-Centaurus OB association”, Astronomy Letters 33 (9): 571–583, arXiv:0708.0943, Bibcode 2007AstL...33..571B, doi:10.1134/S1063773707090010 
  10. ^ Hamacher, Duane W.; Frew, David J. (2010). “An Aboriginal Australian Record of the Great Eruption of Eta Carinae”. Journal of Astronomical History & Heritage 13 (3): 220–34. http://arxiv.org/ftp/arxiv/papers/1010/1010.4610.pdf.