さすらい人幻想曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

幻想曲ハ長調さすらい人」(げんそうきょくはちょうちょう・さすらいびと)、またはさすらい人幻想曲(さすらいびとげんそうきょく)。D760、作品番号15。(原:Fantaisie 'Wandererfantasie' D.760 Op.15 )はフランツ・シューベルト作曲のピアノ独奏曲である。1822年出版。

4楽章からなるが、切れ目なく演奏される。第2楽章の変奏曲主題が自作の歌曲『さすらい人』による(また4楽章とも『さすらい人』に基づく主題を用いている)のでこの名がある。のちにフランツ・リストが編曲したピアノ協奏曲管弦楽伴奏)版もよく知られる(リストは2台ピアノ版、弾きやすくした校訂版(S.656a)も発表している)。ちなみに、シューベルトは素材として使用した『さすらい人』中のダクティルリズム(長-短短)を好んでいたようで、たびたび自作の中で用いている(『ロザムンデ』の第3幕間奏曲、『楽興の時』D.780の第5曲など)。

シューベルトのピアノ作品としては高度の演奏技術を要する作品で、シューベルト自身がうまく弾けず、苛立ちのあまり「こんな曲は悪魔にでも弾かせてしまえ」と言ったという逸話もある(これはトリビアの泉で報じられた)。最も多用されている技法はアルペッジョ(分散和音)で、シューベルトの他のピアノ作品でこれほど多様なアルペジオを駆使した作品はほとんどない(シューベルトがこの作品の出版に当たって援助を受け、曲を献呈したエマヌエル・カール・エードラー・フォン・リーベンベルク(Emanuel Karl, Edler von Liebenberg)はヨハン・ネポムク・フンメルの弟子だった)。

幻想曲という名がついているが、4楽章からなる自由な形式のソナタ風作品で、リストがピアノソナタロ短調(単一楽章の幻想曲風ソナタである)を作曲する上でも大きな影響を与えたとされている。

  • 第1楽章:アレグロ・コン・フォーコ・マ・ノン・トロッポ、ハ長調、4分の4拍子。『さすらい人』のダクティルリズムを基にした主題によるソナタ形式。非常に堂々とした祭典風の音楽。ベートーベンのハ長調ソナタ(ヴァルトシュタイン)にも並ぶ明朗な楽章。ホ長調の第2主題もダクチュルリズムによる。後続楽章への接続も巧妙で初期ロマン派の特徴的な転調に作曲者の個性を見出せる。
  • 第2楽章:アダージョ、嬰ハ短調、2分の2拍子。『さすらい人』の悲愴な旋律による変奏曲。変奏が進むに従って音が細分化されていき、切れ目なく第3楽章へ続く。
  • 第3楽章:プレスト、変イ長調、4分の3拍子。第1楽章の主題のリズムをさらに強調した主題によるスケルツォ風楽章。これも同様に終楽章へ続く。
  • 第4楽章:アレグロ、ハ長調、4分の4拍子。ピアニスティックで華やかな楽章で、第1楽章の主題がフーガ風に回想されて始まる。全曲の中でも特に左手のアルペッジョが難しい。
Performance by Daniel Blanch (www.danielblanch.com) Courtesy of Musopen




これらの音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

外部リンク[編集]