ごんべえのあいむそ〜り〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ごんべえのあいむそ〜り〜』は、1985年にセガ(現:セガ・インタラクティブ)からリリースされたアーケード用のドットイートゲーム。開発はコアランドテクノロジー(現・バンプレスト)。

I'm Sorry』のタイトルで北米でもリリースされた。

概要[編集]

主人公ごんべえを操作し、1画面固定のステージの迷路内に散らばる金塊を全て集めるドットイートゲーム。

1レバー+2ボタン(攻撃とジャンプ)。ごんべえはジャンプで敵を避ける他に、パンチとハリセンを繰り出して敵を倒すことが可能。

画面内の金塊をスタート地点である画面上部の建物に全て運べばクリアとなる。全ての金塊をまとめて運ぶと高得点になる。

全4ステージのループゲームで、4面をクリアすると1面へ戻る。隠し要素やステージ内のギミックも豊富である。

余談[編集]

主人公のごんべえは1970年代に首相を務めた田中角栄(発売当時存命中であった)にそっくりであり、敵キャラクターも全て実在の有名人(後に故人となった人物も含む)に酷似していることで話題になった。

ロケテストに使われた開発中の基盤及び初期生産分ではクリア時のかけ声が田中の口癖である「よっしゃよっしゃ」をそのまま使用していたが、後の生産分以降では「わっはわっは」に差し替えられている。

肖像権上問題がある為か(2015年現在)家庭用ゲーム機に移植されず、ダウンロード販売及び復刻版も発売されていない為、同ゲームの基盤を所有する事が唯一プレイできる手段となっている。

関連項目[編集]