ごきげんななめ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ごきげんななめは盤面の数字に従って斜めの線を引くペンシルパズルである。

ルール[編集]

  1. 全てのマスに対角線を引く。
  2. 数字は、その線からのびる線の数である。
  3. 線が閉じたループになってはいけない。

歴史[編集]

ごきげんななめはパズル通信ニコリにパズルを投稿しているチェバの定理が考案し、同誌104号(2003年秋号)のオモロパズルのできるまでのコーナーではじめて発表された。定番パズルには昇格しなかったが、同誌116号(2006年秋号)まで掲載された。

104号に掲載された新作パズルは5作品あったが、その中で次号に最も多くの投稿作品が寄せられた。

斜めの線を使用するパズルとしては約10年ぶりの新作であった。斜めの線のみを使用したパズルは過去になかったが、この作品の発表後いくつかの作品が発表された。

ルールの単純さからか日本国外でも解く人があり、このパズルのためのJavaアプレットを作成し問題を出題している人もいる。

解き方[編集]

4や辺上の2、0(外周にしか存在しない)のように、その数字のまわりが自動的に確定する場所が易しい入口となる。

1や3は単独では手がかりにならないが、同じ数字が隣接していると手がかりになる。

中盤以降は、「ループにならない」というルールを元に線を決めていくことも多い。

外部リンク[編集]