この暗闇の世界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この暗闇の世界-サタンに狙われた町
This Present Darkness
著者 フランク・E・ペレティ
発行日 米国1986 年 日本2006年-2007年
発行元 サムソン・パブリケーションズ
ジャンル 霊の戦い
アメリカ
言語 英語
ページ数 上巻p.303 中巻p.333 下巻p.334
次作 Piercing the Darkness.
コード ISBN 4902030063
テンプレートを表示

この暗闇の世界-サタンに狙われた町、(このくらやみのせかい-サタンにねらわれたまち、This Present Darkness)は、フランク・E・ペレティによるキリスト教文学。彼の最初の作品であり、今日の御使い、悪魔、祈りについての視点が描かれた霊の戦いの本であり、御使いと堕落した御使いである悪魔が町の支配をめぐって戦う。作品の中でクリスチャンの力は祈りであると書かれている。

ピーター・ワグナーの『霊の戦いの祈り』で霊の戦いの文学として取り上げられている本である。

題名は、エペソ6:12からくる。「私たちの格闘は血肉に対するものではなく、主権、力、この暗やみの世界の支配者たち、また、天にいるもろもろの悪霊に対するものです。」[1]

神の命を受けた御使いが人間を守り、階級の高い悪魔から命じられた悪魔が人間を誘惑して町を支配下に置こうとするが、御使いはキリスト者の祈りによって力を増す。

この本の中でニューエイジの背後に働く暗闇の力について語られており、日本語版の最後では尾形守の『ニューエイジムーブメントの危険』が紹介されている。

脚注[編集]

  1. ^ 新改訳聖書

参考文献[編集]

外部リンク[編集]