この人を見よ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

この人を見よ』(原題:Ecce homo)はフリードリヒ・ニーチェが発狂する1888年の前年の秋に書いた自伝。1908年に妹のエリーザベト・フェルスター=ニーチェが出版した。なぜ自身が賢いのかなど、皮肉を交えた自画自賛が綴られると同時に、『悲劇の誕生』や『ツァラトゥストラはこう語った』など、それまでに出されたニーチェの著作を自ら総括している。題名のラテン語“Ecce homo”は新約聖書ヨハネによる福音書』の19章5節から引用されたものである。

日本語訳は文庫本では、手塚富雄訳が岩波文庫に、弟子の西尾幹二訳が新潮文庫にある。他に若き日の文章も入れた、川原栄峰訳『この人を見よ 自伝集』(ちくま学芸文庫版ニーチェ全集15)がある。

執筆の途中です この「この人を見よ」は、哲学に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正して下さる協力者を求めていますPortal:哲学)。