この世の果てまで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この世の果てまで
スキータ・デイヴィスシングル
収録アルバム : The End of the World
リリース 1962年
規格 7" シングル
録音 1962年
ジャンル ブルースポップス
時間 2分33秒
レーベル RCAレコード
作詞・作曲 アーサー・ケント、シルビア・ディー
プロデュース チェット・アトキンス
チャート最高順位
スキータ・デイヴィス シングル 年表
「The Little Music Box」
(1962年)
この世の果てまで
(1962年)
「I'm Saving My Love」
(1963年)
テンプレートを表示

この世の果てまで」(: The End of the World) は、アメリカ合衆国の女性歌手、スキータ・デイヴィスのヒット曲である。1962年12月にRCAレコードから発売され、世界的に流行した。作曲はアーサー・ケント、作詞はシルビア・ディー。ディーは、ナット・キング・コールの「トゥー・ヤング」の作詞者としても知られている。日本では「この世の果てまで」のタイトルで知られているが、原題を直訳して「世界の終わり」とした方が元の歌詞の意味に近い。

概説[編集]

1962年12月のリリース後、翌1963年3月にはBillboard Hot 100で最高2位を記録、Billboard カントリー・シングル・チャートでも2位を記録[1](デイヴィスはカントリー歌手であるため、レコードはクロスオーバーとして成功した)、Billboard イージーリスニング・チャートでは1位を記録した。さらに、Billboard リズム・アンド・ブルース・チャートでは1位を記録し[2]、そのチャートでは極めてまれな女性コーカソイド歌手によるヒットとなった。

ルビー&ザ・ロマンティックスの曲「燃ゆる初恋」に「この世の果てまで」がポップ・チャートで1位となるのを阻まれはしたが、この歌の人気は Billboard's list of the year's 20 biggest hits で3位にランクインするほどである。

デイヴィスのレコードはチェット・アトキンスがプロデュースしたもので、1960年代のナッシュビル・サウンドの代表例と考えられている。2001年のアトキンスの葬儀では、マーティ・スチュワートによる器楽演奏でこの曲が演奏された。2004年にライマン公会堂で行われたデイヴィスの葬儀では、デイヴィスのバージョンのこの曲が流された。

デイヴィスは、この曲以外の複数の曲においても、カントリー・ミュージック・チャートやその他のチャートでヒットさせている。しかし、彼女はこの曲の成功後は常に「この世の果てまで」と同一視され、あらゆるコンサート出演でこの曲を歌った。

この曲は多くのアーティストにカバーされている。カーペンターズ(1973年のアルバム『ナウ・アンド・ゼン』)[3]ロレッタ・リン(1964年のアルバム『Before I'm Over You』)[4]ハーマンズ・ハーミッツ(1965年のアルバム『Herman's Hermits』)[5]ブレンダ・リー(1964年のアルバム『Let Me Sing』)[6]ボビー・ヴィントン(1972年のアルバム『Sealed with a Kiss』)[7]ジョン・クーガー・メレンキャンプ(2003年のアルバム『Trouble No More』)[8]ジョニー・マティスジュリー・ロンドン(1963年のアルバム『The End of the World』)[9]ナンシー・シナトラソニアツイッギークロディーヌ・ロンジェ(1967年のアルバム『The Look of Love』)[10]アグネッタ・フォルツコグABBAのメンバー、2004年のアルバム『My Colouring Book』)[11]パティ・ペイジアン・マレー(2002年のアルバム『Country Croonin'』)[12]ジェフ・ウォーカーカーカスのメンバー)、ヴォンダ・シェパードリー・ナッシュ竹内まりや(2003年のアルバム『Longtime Favorites』)[13]小島麻由美石嶺聡子原田知世(1994年のアルバム『カコ』)[14]ヴィヴィアン・チョウスーザン・ボイル(2009年のアルバム『夢やぶれて』)[15]などがカバーした。

デイヴィスのバージョンは、多くの映画(たとえば『17歳のカルテ』、『サンキュー、ボーイズ』、『パイレーツ・ロック』など)やテレビドラマ『マッドメン』のサウンドトラックに収録されている[16]

村上春樹の小説、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(1985年)には歌詞の一節がエピグラフとして引用されている。

1990年には、西日本旅客鉄道(JR西日本)グループ各社紹介の、企業イメージCMの音楽にも起用された。

チャート・パフォーマンス[編集]

チャート(1963年) 最高位
オーストラリア・ケント・ミュージック・レポート 32
全英シングルチャート 18 [17]
アメリカ・ビルボード・ホット・カントリー・シングル 2 [18]
アメリカ・ビルボード・ホット100 2 [18]
アメリカ・ビルボード・イージーリスニング 1 [18]

脚注[編集]

  1. ^ Whitburn, Joel (2004). The Billboard Book Of Top 40 Country Hits: 1944-2006, Second edition. Record Research. p. 180. 
  2. ^ Whitburn, Joel (2004). Top R&B/Hip-Hop Singles: 1942-2004. Record Research. p. 147. 
  3. ^ Now & Then - Carpenters / AllMusic”. 2012年6月29日閲覧。
  4. ^ Before I'm Over You - Loretta Lynn / AllMusic”. 2012年6月29日閲覧。
  5. ^ Herman's Hermits - Herman's Hermits / AllMusic”. 2013年7月13日閲覧。
  6. ^ Let Me Sing - Brenda Lee / AllMusic”. 2012年6月29日閲覧。
  7. ^ Sealed with a Kiss - Bobby Vinton / AllMusic”. 2012年6月29日閲覧。
  8. ^ Trouble No More - John Mellencamp / AllMusic”. 2012年6月29日閲覧。
  9. ^ The End of the World - Jullie London / AllMusic”. 2012年6月29日閲覧。
  10. ^ The Look of Love - Claudine Longet / AllMusic”. 2012年6月29日閲覧。
  11. ^ My Colouring Book - Agnetha Fältskog / AllMusic”. 2012年6月29日閲覧。
  12. ^ Country Croonin' - Anne Murray / AllMusic”. 2012年6月29日閲覧。
  13. ^ 竹内まりや / ロングタイム フェイバリッツ - CDJournal.com”. 2011年8月21日閲覧。
  14. ^ 原田知世 / カコ - CDJournal.com”. 2011年8月21日閲覧。
  15. ^ I Dreamed a Dream - Susan Boyle / AllMusic”. 2012年6月29日閲覧。
  16. ^ Levinson, Paul (2009年11月2日). “Mad Men 3.12: The End of the World”. InfiniteRegress.tv. 2009年11月2日閲覧。
  17. ^ ChartArchive - Skeeter Davis - End Of The World”. 2012年6月29日閲覧。
  18. ^ a b c Skeeter Davis -> AllMusic”. Charts & Awards. AllMusic. 2012年6月29日閲覧。