こどもの国駅 (愛知県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
こどもの国駅
こどもの国駅
こどもの国駅
こどものくに - KODOMONOKUNI
東幡豆 (1.9km)
(1.6km) 西浦
所在地 愛知県西尾市東幡豆町御堂前
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 蒲郡線
キロ程 8.9km(吉良吉田起点)
駅構造 高架駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
79人/日(降車客含まず)
-2009年度-
開業年月日 1936年昭和11年)7月24日*
備考 駅員無配置駅
* 洲崎駅として開業

こどもの国駅(こどものくにえき)は、愛知県西尾市東幡豆町御堂前にある、名古屋鉄道(名鉄)蒲郡線である。

概要[編集]

名鉄の観光路線として1974年昭和49年)10月29日に開園した「愛知こどもの国」の最寄り駅として、現在位置より300mほど東側にあった洲崎駅を移転し開業した。1976年(昭和51年)10月10日に現在の駅名に改称した。かつて(1984年頃まで)は特急などが当駅に特別停車していたこともある。

多くの乗降客を見込んだことから蒲郡線では唯一の6両編成対応のホームがあるが、現在は長い編成の列車が入線しないため、ホームの一部が立ち入り禁止となっている。

当駅ではmanacaが使用できない。

駅構造[編集]

6両編成対応の単式1面1線ホームを持つ高架駅である。2面2線化にも対応可能な構造であった。駅入口は地上にあり団体客に対応するため大変広く造られ、ホームへは階段を利用する。駅集中管理システム未導入の無人駅であるが、吉良吉田 - 蒲郡間のワンマン運転対応のためホーム上には自動券売機が設置され、インターホンによる呼び出しで駅員と応対ができる。

また、蒲郡線では当駅と蒲郡駅のみが高架駅となっている。

のりば
路線 方向 行先
蒲郡線 下り 蒲郡方面
上り 吉良吉田方面

配線図[編集]

こどもの国駅 構内配線略図

吉良吉田方面
こどもの国駅 構内配線略図
蒲郡方面
凡例
出典:[1]


乗車カードの印字[編集]

吉良吉田以遠から利用して、吉良吉田駅でカードを処理した際の印字である。

  • トランパスは「こど」であった。
  • IC乗車カードを使用した場合は、manaca,TOICAエリアのチャージ機での履歴印字は「こども国」。
  • モバイルSuicaは「TPこども」と記録される。

利用状況[編集]

愛知県の統計によれば、1日平均の乗車人員は2006年度86人、2009年度79人であり、年々大きく減少している。名鉄全線において、利用客はワーストであるにもかかわらず、「愛知こどもの国」の最寄り駅ということもあってか廃止の話はあがっていない(「愛知こどもの国」へは当駅より徒歩15分)。なお、当駅に次いで三河線三河知立駅が少ない。現在名鉄では唯一乗車人員が三桁を切っている(以前は弥富口駅など二桁の駅は複数存在した)。

駅周辺[編集]

歴史[編集]

  • 1936年昭和11年)7月24日 - 洲崎駅(初代)開業
  • 1944年(昭和19年) - 休止
  • 1952年(昭和27年)10月1日 - 西へ移転し、復活(二代目)、このときより無人駅となる
  • 1974年(昭和49年)10月 - 現在の位置へ移動(三代目)
  • 1976年(昭和51年)10月10日 - こどもの国駅に改称

隣の駅[編集]

名古屋鉄道
蒲郡線
東幡豆駅 - こどもの国駅 - 西浦駅

脚注[編集]

  1. ^ 電気車研究会、『鉄道ピクトリアル』通巻第816号 2009年3月 臨時増刊号 「特集 - 名古屋鉄道」、巻末折込「名古屋鉄道 配線略図」

関連項目[編集]