こいびとどうしですることぜんぶ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
こいびとどうしですることぜんぶ
ゲーム
ゲームジャンル できたてカップルラブラブADV
対応機種 Windows2000/XP/Vista
発売元 Sirius
発売日 2007年11月30日
レイティング 18禁
キャラクター名設定 不可
エンディング数 2
セーブファイル数 100+クイック1
画面サイズ 800x600
24 or 32bit
キャラクターボイス 女性キャラのみ
テンプレート - ノート 

こいびとどうしですることぜんぶ』は、Siriusより、2007年11月30日に発売された、アダルトゲーム。通称『こんぶ』。シリーズとして、2008年5月30日に、ドラマCD『こいびとどうしですることぜんぶ・アンコール』が発売された。

ストーリー[編集]

主人公・遠藤陽介は、ある日、ヒロイン・園生玖羽に告白し、最高の形で報われる。

学園史上最高の秀才である玖羽。だが、人付き合いの苦手な彼女。

主人公とともに、一つずつ、手探りで覚えていくのだが……。

登場人物[編集]

陽介と航路の声はドラマCD「こいびとどうしですることぜんぶ・アンコール」のもの。本編には男性キャラの音声はない。

できたてカップル
遠藤 陽介(えんどう ようすけ)- 声:P助
主人公。玖羽に告白した張本人。至って普通の男の子だが一人で思考することが多く暴走しやすい。
足は早いほう。一年の時の体育祭で、一番手二番手が倒れ、男女混合二人三脚で玖羽と走れるチャンスが陽介に回ってくる。
生活力は玖羽以上で、同棲した後は玖羽にいろいろ生活の知恵を教える。
教師陣含む全クラスメイトは「遠藤(君)」、春一郎(後述)からは「虫くん」と呼ばれ、結婚後は玖羽から「陽介」、クラスメイトからは「遠藤」と呼ばれるようになる。
園生 玖羽(そのお くう)- 声:如月葵
身長151cm B98/W58/H84 
陽介から告白を受けた抜群の美貌とスタイルを持ち、学園史上最高の秀才。日記を書く習慣がある。
完璧な才色兼備ぶりのため周囲から一目置かれ、男子からは「高嶺の花」扱いされている。
しかし、生活力はほぼ皆無で、バイトや家事など勉学以外には陽介やつかさたち友人を頼る事が多く、同棲した後はみんなからいろいろ生活の知恵を教えて貰い、機械音痴もこれで克服する。秀才と呼ばれるだけあって理論的な説明なら理解が早い反面、大雑把に感覚でされる説明には弱い。
人付き合いが苦手でいつも無表情だが、遠藤と付き合ううちに少しずつ柔らかい表情を見せ、周囲とも打ち解けていく。
つかさからは「くーりん」(後によしこはんと室井っちゃんからもそう呼ばれ、製作サイドの公称にもなる)教師陣や陽介含むクラスメイトからは「園生(さん)」と呼ばれ、結婚後は陽介からは「玖羽」、クラスメイトからは「遠藤」、教師陣からは結婚後の苗字、「遠藤さん」と呼ばれるようになる。
重要人物
世良 つかさ(せら つかさ) - 声:金田まひる
身長162cm B80/W58/H82 
主人公の悪友。主人公と玖羽を見守る一人。「くーりん」の名付け親。くーりん好きっ娘。
実は不動産会社のお嬢様だが定食屋の娘のノリ。
玖羽からは「つかさちゃん」、陽介を始めとするクラスメイトからは「世良(~っち・~さん)」、チカからは普段「つかちー」と呼ばれる。
羽合 航路(はわい こうじ)- 声:小次狼
主人公の悪友。苗字が「羽合」であることから、両親からハワイの英才教育を受けている。
本人はそんな両親に呆れているが、時々無性にロコモコパイナップルを食べたくなるなど、その教育は確実に身に沁みこんでいるらしい。また、両親のハワイ料理メインな食生活のせいで炊事能力は高く、玖羽の料理の先生となった事がある。
その所為で苗字が禁句らしいのかクラスメイト誰一人として「羽合」と苗字を呼ばず、「航路」と、名前を呼ぶ。しかし、玖羽やその父親、園生春一郎(後述)は天然なのか「ハワイ君」と、思いっきり地雷を踏む。
等々力 チカ(とどろき ちか) - 声:桜川未央
身長155cm B83/W59/H87 
主人公たちの担任。女教師という雰囲気はまったくなく、むしろ子供っぽい(自分でも学生のノリと言っている)。
実は陽介のことが好きなのか色目を使ってくる。つかさとは長い付き合いで、歳の離れた友達同士(つかさ 談)。
世良不動産の店子で、住んでいる所がいい条件なのか、追出しをネタにつかさから同棲の事実を口止めされている。しかし、内心では本人も陽介たちの交際を応援している。
陽介たちからは「チカ先生」と呼ばれるがつかさからは「チカぽん」「トドちゃん」と呼ばれる。
実は苗字が嫌いで、つかさに「トドちゃん」と言われると「トドちゃんって言うな!」とキレる。
園生 春一郎(そのお しゅんいちろう)
陽介の仕事先である研究所の主任。キャラ名は主任(しゅにん)。玖羽の父親。
飽くまでマイペースで、娘の玖羽に対してもやや無関心なきらいがある。大のコーヒー好きだが陽介に唐辛子を擦ったものを出そうとするなど実はアブない人。
口癖は「○○だよ、それはもうね!」。時々、奥さんであり、発明会社の経営者である理伊と一緒に仕事をする。
音声は無いものの、濃いキャラの為目立っている。天然。
園生 理伊(そのお りい)
某発明会社の社長。玖羽の母親。
玖羽の天然さは父親譲りだが聡明さと雰囲気は母親譲り。その容姿は立ち絵に出ていないが陽介曰く
[パリッっとスーツ着込んだクール系キャリアウーマン風の美人で見た目からして周りとは違うオーラを纏っている]らしい。
ドラマCDのサイドBではナレーターもしている。
クラスメイト
高松 美子(たかまつ よしこ)- 声:緒田マリ
クラスメイトで名前と声がある人その1。キャラ名はよしこはん。音声はあるものの顔のグラフィックはない。
徹頭徹尾家庭菜園キャラで、本編では肥料の安売りのため、玖羽に掃除当番を代わってもらう。
同棲を始めた陽介と玖羽に胡瓜とプチトマトの苗木を与える。ただ、二学期末まで同棲の事情は知らない。
ドラマCDでは玖羽の制服の(コート?)第二ボタンをつかさと室井っちゃん(後述)とで取り合おうとしていたらしい。
クラスメイトのキャラ位置ながら本名が判っているのは、よしこはんだけである。
全クラスメイトから「よしこはん」と呼ばれている。ただ、つかさからは一度だけふざけて「よち子」、一学期内は玖羽から苗字で呼ばれる。
室井っちゃん(むろいっちゃん) - 声:緒田マリ
クラスメイトで名前と声がある人その2。キャラ名を見てお解かりの通り、苗字のみしか出ていない。
音声はあるものの顔のグラフィックはない。よしこはんと室井っちゃんは二人で一組であることが多い。
基本、賑やか師。文化祭でもケーキを作る、と言い出すほどの甘いもの好き。
よしこはんと同じく、二学期末まで同棲の事情は知らない。
ドラマCDでは玖羽の制服の(コート?)第二ボタンをつかさと、よしこはん(先述)とで取り合おうとしていたらしい。
渡辺 (わたなべ)
前年度と同じく陽介と玖羽のクラスメイト。足は陽介よりも早い。
男子クラスメイト軍勢中、航路以外唯一の名前ありキャラなのだが声と顔グラフィックが無い。
更に一年の時の体育祭で男女混合二人三脚で玖羽と出場予定が急な腹痛で玖羽と一緒に走り損ねた一番可哀想な人。

スタッフ[編集]

関連商品[編集]

カードゲーム[編集]

Lycee
シルバーブリッツカードゲームLyceeに参戦している。収録エキスパンションは、VisualArt's5.0など。

外部リンク[編集]