くるくるくるりん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
くるくるくるりん
ジャンル アクションゲーム
対応機種 ゲームボーイアドバンス[GBA]
Wii Uバーチャルコンソール[VC]
開発元 エイティング
発売元 任天堂
人数 1~4人
メディア [GBA]32Mbitロムカセット
バッテリーバックアップ搭載
発売日 [GBA]2001年3月21日
[Wii U・VC]2014年7月16日
対象年齢 CERO:A(全年齢対象)
売上本数 26万本
テンプレートを表示

くるくるくるりん』は、2001年3月21日ゲームボーイアドバンスのソフトとして任天堂から発売されたアクションゲーム。続編に、『くるりんパラダイス』『くるりんスカッシュ!』がある。

ストーリー[編集]

評価
ゲームレビュー
評価者 点数
All Game
4 out of 5 stars[1]

クルリンの弟妹たちが外の国で迷子になっており、クルリンはヘリリンに乗って弟妹を探しにいく。国は10国あり、1国につき3のステージをクリアする。3つめの場所で、弟妹がどこかにいるので、拾ってゴールすれば、ひとり助けたことになる。

モード紹介[編集]

ぼうけん[編集]

弟たちを探してクルリンが特殊ヘリコプター『ヘリリン』を使って冒険するモード。プロペラの長さは「ふつう」「やさしい」の中から選ぶ。選んだモードによって初期のステージ記録が異なる。テキストを読み進めるとカカーリンから「トレーニングを受ける?」と聞かれる。「うけるよ」を選択するとトレーニングの画面に移り、「やめとく」を選ぶとワールドマップの「草原1」からゲームがスタートする。

れんしゅう[編集]

冒険モードの苦手なエリアを練習するモード。エリアの数はチェックポイントの数+1となる。画面の色が全部を通して簡略化されている。冒険モードプロローグの「トレーニング」を全てクリア又はトレーニングをスキップで選択可能。
ポーズメニューから「おてほんをみる」を選択することで、壁に全くぶつけずに1エリアを通過する映像を見ることが出来る。1エリア通過後出現するポーズメニューで「つづきをみる」を選べば次のエリアのお手本が見られる。 ポーズメニューを開いてもBGMは止まらない。隠しワールドは練習できない。セレクトボタンによるプロペラの長さ変更はこのモードのみチェックポイントでも可能。

ちょうせん[編集]

レベル別の短いコースに挑戦することができる。ただし、

  • プロペラの長さが「ふつう」のみ
  • ライフが2つになっている
  • 全部のステージが最初から選択できる
  • チェックポイントが一切無い

という所がぼうけんモードと異なる点。 このモードにも隠しステージがある。

たいせん[編集]

通信ケーブルを使って対戦するモード。「ちょうせん」モードの50ステージで対戦可能。(WiiU版では選択不可)
対戦モードは下記の通り。

  • おまかせステージ

対戦するステージがランダムで選ばれる。試合回数を設定可能。

  • おこのみステージ

好きなステージを選んで対戦可能。

モードとコースを選んだらハートの数とプロペラの長さをプレイヤーごとに設定する。
対戦モードではできるだけ早くゴールすることが目的となる。ハートが無くなったらスタートエリアからやり直し。

せいび[編集]

冒険モードで取ったアイテムをプロペラに装飾するモード。

  • パーツは全部で15種類。最初の一つ以外は全てステージ上で入手可能。設定可能なパーツは1つだけ。
  • 絵の具は全部で7色。最初の水色以外は、パーツ同様ステージ上で入手可能。設定できる絵の具は1つだけ。
  • 冒険モードで救出した弟たちをプロペラに乗せる事も出来る。何匹でも乗せられる。

ワールド紹介[編集]

トレーニング[編集]

うさぎ先生にヘリリンの動かし方を教えることができる。全5ステージ。

草原[編集]

特に難しいところもない。十字ボタンに慣れるようにゆっくり進めばよい。

[編集]

このワールドから、バネが登場する。

ジャングル[編集]

大変入り組んだ難しいワールド。道の角やくぼみを利用して急がずにヘリリンを動かす事が重要。

おかしの国[編集]

どんどん道幅が狭くなる。登場キャラクターは、ラブリン。

どうくつ[編集]

このワールドではバネがいっぱい出てくる。後述でも記載するが、上手く使えば有効なバネでも、使わない方が有利なバネも出て来る。登場キャラクターは、ゲキリン。

くもの国[編集]

通路がとても分かりにくく出来ている。通れるかどうかをよく確かめてから進む必要がある。このワールドのステージ2だけ、このゲームで唯一チェックポイントを通過しなくてもゴール出来る

ほしの国[編集]

このワールドより先は、絵の具が手に入らない。くもの国と同じように通路が分かりにくくなっている。ステージ1は八角形の壁、ステージ2は小さい壁、ステージ3はバネが中心になる。

氷の国[編集]

このワールドは、迷路みたいな道になっている。

キカイの国[編集]

全エリアを通して障害物が出て来る。ステージ1はピストン、ステージ2は鉄球、ステージ3は全ての障害物が登場する。

おばけ城[編集]

このワールドはステージ3を除く全ステージでチェックポイントが3つある長いステージ。スタートエリアから最初のチェックポイントまで障害物は存在しないが、道がシビア。ステージ1で登場する障害物は、なし→ピストン→鉄球→大砲。ステージ2は、なし→大砲→鉄球→ピストン。ステージ3は、なし→鉄球、ピストン→大砲。

さいごの国[編集]

全ステージをプロペラの長さを変更せずにノーミスでクリアすると出現。道がかなり長くて難しいうえに、チェックポイントが一切ない。その代わりデフォルトの記録が無くなっている。だから最初にプロペラの長さを変更せずにゴールさえすれば新記録は安易に出せる。

仕掛け・障害物など(作成途中)[編集]

安全地帯[編集]

中心に向かって動く模様の中に居れば絶対にダメージは受けない。(おばけ城1で大砲が飛び交って来る所を除く)やさしいモードはこの模様がある場所以外でも、止まってもダメージを受けない場所が多い。

バネ[編集]

ヘリリンの回転する方向を逆に出来る便利な仕掛け。バネは回転しているときに正面から当てないと回転方向は変わらない。 当たったときに★印が出れば逆回転に成功したことが分かる。 上手く利用すれば有利なバネでも、使わない方が有利なものや、使わなくてもいいバネも存在する。場合に応じて使い分けよう。

脚注[編集]

  1. ^ Kuru Kuru Kururin [Japanese]”. All Game (2001年3月21日). 2012年8月21日18:52閲覧。

外部リンク[編集]