くねくね

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

くねくねは、2003年頃からインターネット上で流布している怪談

概要[編集]

体をくねらせるように動く正体不明の物体とされる。生命体であるのか、或いは幽霊妖怪の類であるのかについては積極的に議論されていないようである。

一般にくねくねは次のような内容で語られている。

  • 色は白い。稀に黒いくねくね(らしきもの)を見たという話もある。[1]
  • 人間とはかけ離れた動きで体をくねらせる。
  • 真夏の水田や川原など水辺で目撃されることが多い。
  • くねくねを遠くから眺める程度では問題は無いが、詳細が判る程に見つめて、それが何であるかを理解すると精神に異常を来たす。
  • 既にくねくねの存在を知っている者(地元在住の老人などのパターンが多い)から「もしそういう物を見たなら近づいてはいけない」「見てもその事は早く忘れなさい」と警告を受ける。

都市伝説[編集]

海辺にいるパターン[編集]

ある海辺の旅館に修学旅行の小学生たちが宿泊した。ある嵐の日、外で遊べないので退屈していた小学生の一人が窓の外を見ていると、何か白いものが海辺をくねくねと動きながら歩いている。好奇心を持ったその小学生は友達に頼んでそれを確認してもらおうとしたが、その友達はその物体を見た瞬間、悲鳴を上げて倒れてしまった。この時は旅館の主人の素早い対応のおかげで、その友達は助かった。

最初にくねくねを見つけた小学生は非常に目が悪く、くねくねの正体を確認できなかったために助かったが、友達の方は目が良かった為に被害に遭いかけた、というもの。

市街地にいるパターン[編集]

ある女性は毎朝ランニングをするのが習慣だった。そのランニングの途中でいつも一人の若い男性ランナーとすれ違うのだが、その男性とすれ違う時間も場所も同じであること、そしてその男性が汗をかいていないことを女性は不思議に思っていた。

ある朝、その女性は男性がどこまで走るのかを確認するべく、男性の後をそっとつけてみることにした。そしてその男性とすれ違った瞬間、何かが男性の手元で光ったのを見た気がした。しばらく走ってから反転して男性の走った方向に進路を変えたが、男性は足が速いらしくどこまで行っても見当たらない。

そのうち、30代くらいの別の男性が後ろから走ってきたので、女性は道をゆずった。まるで何かに引っ張られるようにして走るその男性を見た瞬間、女性はキラキラした細い糸がその男性の体中に絡みついていること、そしてその走る先で、先ほどの若い男性がくねくねと動きながらその糸を手繰り寄せているのを見た。

それからその引っ張られた男性がどうなったのかまでは確認していないが、以来その女性はランニングの習慣をやめている。

このパターンはくねくね(している男性)を確認した女性が精神異常を来たしていないため、本来のくねくねとは別物である可能性もある。

くねくねに関する諸説[編集]

起源[編集]

この話については様々なサイトで考察が行われており、それらによると2ちゃんねるオカルト超常現象板に投稿された創作怪談の一つが流布の起源とする説が有力である。ただし、この投稿には元ネタがあり、原文は外部サイトの掲示板ログにおいて既に存在していた物を改作したと投稿者が認めている。その後スレッド利用者によって無数の派生談話が追加されていったが、原文の基礎はほぼそのまま保持されている。

諸星大二郎の漫画作品、妖怪ハンターの短編『ヒトニグサ(人似草)』には、くねくねのエピソードと酷似する部分(くねくねと動く白い人型の怪異や、関わった者が発狂する点など)があり、原文製作者が参考にしたのではないかという者もいるが詳細は不明。

現在「くねくね」についての話は専門スレッドとして独立、長寿スレッドとして認知されており、インターネット上で独自の発展を遂げた創作怪談として名高い。もっとも、「くねくね」は、実際に存在すると主張する者も少なくない。

くねくねの正体[編集]

案山子や蛇神といった農村部の土着信仰や古来伝わる妖怪と関連付ける説やドッペルゲンガーの一種とする説、幻覚説、自然現象の誤認説など、様々な説が挙げられている。

くねくねを目撃したとされる時期は夏季に集中しており、場所は水田などの水辺が圧倒的多数を占める。これらの目撃談話の多くは白や黒などの色彩的なコントラストが強調されている点から、夏場特有の高い気温によって水辺から水蒸気が発生し局地的な蜃気楼現象が起こり、それが自身あるいは他人を映し出したことによる自然現象に伴う錯覚だとする考察も存在する。また「見ると精神に異常を来たす」などとされるのは、蜃気楼などにより発生する不規則な光線の屈折や反射が生む「奇怪に揺らめく正体不明の物体」という異様な光景に強い精神的ショックを受けるためであるという説がある。ただしこの他にも諸説あり、単に熱中症による意識の混濁が怪談向けに誇張されたものとする説、福島県の伝承の「あんちょ」という説など様々な仮説が唱えられている。

しかし、くねくねを存在せしめる要素は目撃談と派生エピソード(加えて完全な創作の話)に留まり、その姿を納めた写真や動画などの資料も存在しないことから現時点ではいずれも推論の域を出ない。

くねくねの正体は「自分」である、という説も存在する。

脚注[編集]

  1. ^ 田舎では白、都会では黒とも言われている。

参考文献[編集]

  • 山口敏太郎 『本当にいる日本の「現代妖怪」図鑑』 笠倉出版社、2007年。ISBN 4773003650
  • 伊藤龍平「ネット怪談「くねくね」考」『世間話研究』18号 世間話研究会、2008年。
  • 野添恵美子「インターネットの口承文芸」『人間文化学部学生論文集』6号 京都学園大学人間文化学部、2008年。