くにおくんのドッジボールだよ全員集合!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
くにおくんのドッジボールだよ全員集合!
ジャンル スポーツゲーム
対応機種 スーパーファミコン[SFC]
WiiWii Uバーチャルコンソール[VC]
開発元 テクノスジャパン
発売元 [SFC] テクノスジャパン
[VC] アークシステムワークス
シリーズ くにおくんシリーズ
人数 1~2人
メディア [SFC] ロムカセット
発売日 [SFC] 1993年8月6日
[Wii・VC] 2012年2月14日
[Wii U・VC] 2014年7月16日
対象年齢 CERO:A(全年齢対象)
テンプレートを表示

くにおくんのドッジボールだよ全員集合!』(-ぜんいんしゅうごう)は、1993年8月6日テクノスジャパンから発売されたスーパーファミコンゲームソフトドッジボールを題材にしたスポーツゲームである。

作品解説[編集]

ファミリーコンピュータ用ソフト『熱血高校ドッジボール部』をスーパーファミコンでリニューアルした作品。アクション面では多彩なジャンプ、回避や、ブロックからのスパイク、トーテムポール、色々なギミックを持つフィールドなどが追加された。システム面では選手のレベルアップや編集、チームの編集、アイテムの購入からシュートの合成にいたるまで大幅なパワーアップが図られた。キャラクターについては、熱血高校ドッジボール部のメンバーはおらず、俗に「ダウンタウンキャラ」と呼ばれるキャラが出場する。通称「SFCドッジ」。

ゲームデザインは、『ダウンタウン熱血物語』の吉田晄浩

音楽は澤和雄飯塚千晶片岡清美上原麗子

キャラクター[編集]

デフォルトキャラ[編集]

ここから10人選択し、1つのチームを作る。容姿や名前は好きに変えられる。アイテムを購入することによって更に10人の新キャラが追加される。選手を移籍させたり、他チームの選手と契約することもできる。

  • くにお
  • りき
  • そのかわ
  • おにづか
  • こばやし
  • もちづき
  • たいら
  • きのした
  • よしの
  • くまだ
  • とうどう
  • やまだ
  • ごうだ
  • ごだい
  • りゅういち
  • りゅうじ
  • にしむら
  • さわぐち
  • かみじょう
  • やまもと

相手チーム[編集]

にっぽん[編集]

内野よりも向かって奥の外野「なかざわ」の動きに注意が必要。BGMはこのタイトルの中でも人気がある。
  • いしだ
  • しらい
  • たけうち
  • わだ
  • さわだ
  • なかざわ
  • ゆきた・・・ぼーるぱわーが高め。
  • ほさか
  • ほしや
  • なかむら
  • えびぬま
  • おかだ
  • いがらし
  • さとう
  • さいとう

いぎりす[編集]

四六時中ジャンプしている。このため、当てにくいと言えば当てにくいが能力は大したことない。ちなみにこのチームのみ、FC版に登場していたメンバー全員が在籍している。
  • じぇーむす
  • すこっと
  • りちゃーど
  • ないじぇる
  • ろばーと
  • じゃっく
  • ぐれごりー
  • れいもんど
  • じょーじ・・・ぼーるぱわーが低いが、体力がやや多め。
  • あーのるど
  • ぶらいあん
  • はわーど・・・体力が多い。
  • ちゃーるず
  • ごーどん
  • ぎるばーと

いんど[編集]

回避を多用するため非常に当てにくい。加えてボールを持っても暫く動かず、お尻を叩いて挑発する等して、こちらの精神を乱してくる。BGMは「熱血高校ドッジボール部」のインドステージのアレンジ。一部のキャラの名前はアジアの宗教や神からの名称が由来となっている。
  • らはまーん
  • にーらむ
  • くりしゅな
  • がねーしゅ・・・名前の由来はガネーシャから。
  • あじゃーる
  • らっかん
  • はーびぶ
  • すらいじゅ
  • ばはらーむ
  • かーりむ
  • らめーしゅ
  • あるじゅな
  • ぱきーら
  • ふぁらじゅ
  • あしゅらふ・・・名前の由来は阿修羅から。

あいすらんど[編集]

ブロックからの必殺シュートやダイビングジャンプを主体とした攻撃は強力だが、守備は脆い。ファミコン版にも登場した「へいるまん」はおなじみのキャラクターといえよう。
  • へいるまん
  • すべんそん
  • おるせん
  • いぇんせん
  • けっこねん
  • にーるせん
  • やこぶせん
  • おっどそん
  • のいまん
  • にっかねん
  • ぺてるせん
  • あーちねん
  • よはんせん
  • ふぃんせん
  • はっきねん

ちゅうごく[編集]

キャッチ力が高めな以外はこれといって特徴はないが、合体技を使用する。「らおちぇん」はあるタイトルにゲスト出演している。
  • らおちぇん
  • しゃおつん
  • いゃんはい
  • つぁおわん
  • ぱおりゃん
  • つんくぉお
  • うぇいぴん
  • ゆんつぁお
  • りいくぁん
  • つぉんみん
  • とんつぇん
  • ぼぅふぁお
  • ずぅうぇん
  • つうちぇえ
  • かあうぇい

いたりあ[編集]

ハイジャンプからの必殺シュートを多用。
  • ろれんつぉ
  • じょばんに
  • えみーりお
  • じゅりあの
  • ろどるふぉ
  • あんとにお
  • ぴえとろ
  • じゅぜっぺ
  • びっとりお
  • せべりあの
  • くらうでお
  • えんりーこ
  • ちぇざーれ
  • すてふぁの
  • りっかるど

あらぶ[編集]

一箇所に固まるフォーメーションなので、諸々の必殺シュートで併殺しやすい。
  • いぶらひむ
  • まーじど
  • さっらーむ
  • はっだーど
  • しゃーびる
  • さばーふ
  • むふたーる
  • ふぁーりど
  • いらーふ
  • はむだーん
  • ますうーど
  • はりーふぁ
  • ざーきる
  • らてぃーふ
  • ばいたーる

ふらんす[編集]

的確にブロックしながらのジャンプキャッチを多用し、こぼれ球をも処理してくるなかなかの強敵である。レベルとステータスを抜きにすると、恐らく最強クラスだと思われる。
  • ふらんそわ
  • ぴえーる
  • あんどれ
  • みしぇーる
  • ろべーる
  • じぁん
  • ふぃりっぷ
  • じるべーる
  • あらん
  • だにえーる
  • らふぁえる
  • じょるじゅ
  • あるべーる
  • えりっく
  • じぇらーる

けにあ[編集]

ホームコートは湿地帯。スピードがあり、コート内を所狭しと走り回る。ハイジャンプからの必殺シュートを多用する。キャプテンはFC版でアフリカチームのキャプテンでもあった「んじょも」。
  • んじょも
  • むば
  • びゃりまな・・・比較的打たれ強いが、体力が少ない。
  • みこんべ・・・やや体力が多く、打たれ強い。
  • にぱれれ
  • うぇんば
  • ばばんぎだ
  • まらぼ・・・みこんべより体力が多く、打たれ強い。
  • わりおば
  • むるんが
  • ぬじぇり
  • うとんどぅ
  • かさぶぶ
  • くんじゃら
  • もけれ

ろしあ[編集]

FC版では「それん」だったが、1991年ソビエト連邦崩壊に伴い「ろしあ」として、BGMもそのままに出場した。キャプテンを護って一人、また一人とやられていくところは相変わらずである。ブロックからのジャンプキャッチ、ジャンプ、パスを多用する。時折、外野も攻撃してくる。キャプテンはFC版同様「もるどふ」である。先にキャプテンを倒すと、チームの統率が乱れる。
  • もるどふ・・・ぼーるぱわーの威力の高さは相変わらず。
  • こりあのふ・・・ぼーるぱわーが低い。
  • ろふすきー・・・体力が多く、それなりに打たれ強い。
  • りがちょふ
  • ずーりん
  • まれんこふ
  • けびっち
  • やこぶれふ
  • きりえんこ
  • かりもふ
  • いるちょふ・・・体力が多い。
  • ぽぽびっち
  • ぺとれんこ
  • いわのふ
  • とらふきん

ぶらじる[編集]

こちらの内野を一人ずつを徹底的に集中攻撃してくる。外野、ハイジャンプ、ロングジャンプを絡めた攻撃はかなり厄介である。また、水浸かり状態のステージで、回避を多用するため非常に当てにくい。ふらんすと並んで、強さは最強クラス。
  • ごんざれす
  • まりげーら
  • おるてが
  • さんちぇす
  • でらとーれ
  • あるめいだ
  • ろどりげす
  • だこすた
  • もれーろす
  • でるてしあ
  • めんどーさ
  • げれーろ
  • ろぺす
  • とにーにょ
  • おりべいら

どいつ[編集]

縦に整列したフォーメーションなので、対戦する際は貫通効果、串刺し効果のあるシュートが有効。ブロックしながらのジャンプキャッチとパスを多用するが、基本的に、向かって手前の外野しかシュートしてこないと考えてよい。何故か国籍はアラブ。
  • はいんりひ
  • しゅみっと
  • ばうわー
  • べるりんく
  • わいずまん
  • びっとなー
  • ぶりっげん
  • みゅーらー
  • めてるにひ
  • しゅたいん
  • えあはると
  • はいでがー
  • でいとりひ
  • しゅばるつ
  • ばるらっは

あめりか[編集]

攻撃力は恐ろしいものがあるが、いかんせんキャッチ力がない。攻め倒すことが有効である。
  • うぃりあむ
  • じょん・・・打たれ強い上に体力も多い。
  • まいける
  • ふれっど
  • てぃむ
  • らんでぃー
  • すてぃーぶ
  • じぇふ・・・じょんより打たれ強い。
  • でびっど
  • すたんりー
  • るいす
  • ぴーたー
  • まーちん
  • ぽーる
  • あれっくす

てくのす[編集]

当時のテクノスジャパンのスタッフ達だと思われる。行動パターンは単調だが、避けを多用するので注意が必要。国籍は宇宙。
  • よしみつ・・・キャプテンであるが体力が少なく、打たれ弱い。
  • さとう
  • かなくぼ・・・全キャラで最も打たれ強い。
  • うえだ・・・打たれ強さは、かなくぼに次いで高い。
  • もり・・・よしみつより体力は多いが、打たれ弱い。
  • かたぎり
  • いまがわ
  • なみき
  • なかつ
  • かしわばら・・・体力がやや高め。
  • よしまさ
  • うらべ
  • よしはら
  • ふくはら・・・かなくぼ、うえだには及ばないが打たれ強い。
  • ときた・・・体力が最も高い。

おーるすたーず[編集]

いろんなチームのスター選手が大集合と思いきや、内野は全員弱かったりする。

かぶりものぶろす[編集]

いろんなチームのいろんなキャラがランダムで選ばれ、パンティを被って登場する。

なぞのぐんだん[編集]

主人公チームのコピー。必殺シュートなどが微妙に違う。

ホームコート[編集]

おーるすたー、かぶりもの、なぞのぐんだん以外のチームにはそれぞれの本拠地となる色んなホームコートがある。ちなみにノーマルなコートは無し。

  • にっぽん
金網の上のコート。時々風が吹きかけ浮き上がりライン関係なく自由に動ける。コートが裏返りゲームを強制中断させられる。
  • いぎりす
開閉する橋の上のコート。橋が上下に開いて選手が川に落ち、霧が立ち込め画面が見えなくなる。
  • いんど
常に水浸かった状態のコート。流れてくる浮き草に触れると一定時間強制退場。
  • あいすらんど
試合中、氷付けになり一定時間動けなくなる。
  • ちゅうごく
橋の上のコート、シーソーのようにコートが上下に動く。
  • ふらんす
噴水の中にコートがあり、噴水に当たると吹っ飛ばされる。
  • あらぶ
砂丘のコート。砂塵で地形が激しく揺れる。
  • けにあ
真ん中に木が立っており、上に乗ると自由に動けるが当たると枝に引っかかり、落ちるまで待つかシュートを当てられるまで操作不能。
  • ろしあ
雪の上のコート。雪崩が起きて、全員退場させられ状況がリセットされる。
  • いたりあ
水の中のコート。水の泡に触れると一定時間強制退場。
  • ぶらじる
海の中のコート。波に揺られて思うようにシュートが当てられず、かもめにさらわれると一定時間操作不能。
  • どいつ
大きな歯車が1枚あるコート。自由に身動きが取れない。
  • あめりか
星条旗模様のある布の上のコート。なびいており不規則にゆれる。ボールを持ってると定期的に雷が落ちて手放してしまう。
  • うちゅう
てくのすのホーム。重力が無く、キャッチするまでボールが流れ弾となって延々と漂い、選手が天井の惑星に張り付く。ブラックホールに触れるとワープしてしまう。

備考[編集]

  • 本作ではいつでもキャラクターの顔を変更出来るシステムが追加されており、その中には『熱血物語』に登場する各高校のザコキャラの顔(後の熱血高校サッカー部員、こうじ、『サッカー編』に登場する「ほりばた」の顔)や『熱血行進曲』に登場した「いちじょう」「さおとめ」「おとなし」、『時代劇』に登場した「ねだち」「まつど」に加え、何故か『べーすぼーる物語』に登場する「たちばな(立花辰巳)」の顔グラフィックまでもが存在する。(『べーすぼーる物語』が発売されたのは、本作の4ヵ月後である)
  • てくのすチームのメンバーの顔、名前は後にダウンタウン熱血物語exに使われている。例としてかなくぼ(顔はうえだ)、なかつ(ダウンタウン熱血べーすぼーる物語にも登場)など。
  • 本作は、試合をすると結果に応じて賞金が貰え、それを使って様々なアイテムや必殺シュートを購入できる。アイテムの中にはレベルやステータスを急激に上昇させるもの、シュートを合体させるものなどもある。後者のアイテムは、合体後のシュートをさらに合体させることも可能で、上手くいけばキャッチが困難なシュートも作ることができる。(例:全員シュート+ワープシュート×数個)

外部リンク[編集]