きみならどうする?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

きみならどうする?』(原題:Choose Your Own Adventure)は、1979年から1998年までにバンタム・ブックスから発行され、現在はヴァーモント州ウォーレンの ChooseCo から出版されている子供向けのゲームブックシリーズである。各作品は二人称視点で書かれており、読者が主人公の役割を演じる。日本では1980年にシリーズの最初の6作が、学習研究社(現・学研ホールディングス)からジュニアチャンピオンコースの一部として翻訳出版された。

概要[編集]

『きみならどうする?』では、各パラグラフで状況を説明する文章の後に、物語をどう進めるかについての選択肢が提示される。例えば、

家から出発するなら、4ページへ進め
待ってみることにするなら、5ページへ進め

といった具合である。読者の選択により物語は異なった展開を示し、最後には違った結末に辿り着くことになる。

『きみならどうする?』の各巻には、多くの場合15以上の異なる結末が用意されている。基本的な結末の例は以下の通りである。

  • 事態の解決により終わる結末。一作につき最低でも一つ、多くの場合は二つ以上用意されている
  • 読者による不適切な選択で引き起こされる、主人公あるいは友人、またはその両方の死による結末
  • その他の良くも悪くもある、釈然としない結末

歴史[編集]

『きみならどうする?』は最初のゲームブックではないが、最初の成功したゲームブックであり、同種の子供向けゲームブックの先駆けとなった。この成功を受けて、バンタムはより子供向けのシリーズである『Time Machine』シリーズを1984年から1989年まで出版した。

19年間のバンタムにおける出版で、多数のシリーズ作品がR・A・モントゴメリーとエドワード・パッカードによって執筆された。

2000年代に、R・A・モントゴメリーはChooseCoを起こし、『きみならどうする?』シリーズを復刊した。ChooseCoは過去のタイトルに加えて、新規のタイトルも出版している。

『きみならどうする?』シリーズの一覧[編集]

『Choose Your Own Adventure』は1998年までにオリジナルの184作品に加えて多数のスピンオフ作品が刊行されているが、以下の一覧では学研の『きみならどうする?』シリーズとして、1980年に日本で翻訳出版された6作品のみを記す。それ以外の作品の詳細は英語版のChoose Your Own Adventureを参照せよ。

1979年[編集]

1. 『タイムトンネルの冒険』(原題:The Cave of Time)
作/エドワード・パッカード ISBN 405003249X
氷河期から太陽が巨星化した未来まで、様々な時代に通じている洞窟に迷い込んだ主人公の冒険
2. 『海底都市の冒険』(原題:Journey under the Sea)
作/R・A・モントゴメリー 絵/中本新一 ISBN 4050037793
大西洋の深海に沈んだとされるアトランチス大陸の失われた都市をめぐる冒険
3. 『サハラさばく気球旅行』(原題:By Balloon to the Sahara)
作/D・ターマン ISBN 4050032511
主人公と友人たちによる、フランスから中央アフリカまでの気球による冒険旅行

1980年[編集]

4. 『大宇宙の冒険』(原題:Space and Beyond)
作/R・A・モントゴメリー ISBN 4050037807
5. 『ゆうれい屋敷の探検』(原題:The Mystery of Chimney Rock)
作/エドワード・パッカード ISBN 4050032503
主人公は従兄妹のマイケルやジェーンと共に、死んだ女主人の飼い猫が住む幽霊屋敷を探索する
6. 『スパイ大作戦』(原題:Your Code Name Is Jonah)
作/エドワード・パッカード ISBN 4050037785

関連項目[編集]

外部リンク[編集]