きつねと私の12か月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
きつねと私の12か月
Le Renard et l'Enfant
監督 リュック・ジャケ
脚本 リュック・ジャケ
エリック・ロニャール
製作 イヴ・ダロンド
クリストフ・リウー
アマニュエル・プリウー
出演者 ベルティーユ・ノエル=ブリュノー
イザベル・カレ
トマ・ラリベルテ
音楽 アリス・ルイス
エフゲニー・ガルペリン
ダヴィド・レイエス
撮影 ジェラール・シモン
編集 サビーヌ・エミリアーニ
配給 日本の旗 松竹
公開 フランスの旗 2007年12月12日
日本の旗 2009年1月10日
上映時間 96分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
興行収入 $29,610,210[1]
テンプレートを表示

きつねと私の12か月』(Le Renard et l'Enfant)は、2007年のフランス映画。『皇帝ペンギン』のリュック・ジャケ監督が贈る野生のきつねと少女のふれあいを描いたドラマ。

フランス本国では240万人を動員する大ヒットとなった。

ストーリー[編集]

フランスのアルプス地方。秋の午後、少女リラは学校帰りの山道で1匹のきつねと出会う。リラはテトゥという名前を付け、毎日森に通い始める。

キャスト[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]