きっと ここが帰る場所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
きっと ここが帰る場所
This Must Be the Place
監督 パオロ・ソレンティーノ
脚本 パオロ・ソレンティーノ
ウンベルト・コンタレッロ
原案 パオロ・ソレンティーノ
製作 ニコラ・ジュリアーノ
フランチェスカ・シーマ
アンドレア・オキピンティ
出演者 ショーン・ペン
フランシス・マクドーマンド
音楽 デヴィッド・バーン
ウィル・オールダム
撮影 ルカ・ビガッツィ
編集 クリスティアーノ・トラヴァリョーリ
製作会社 Indigo Film
Lucky Red
Medusa Film 他
配給 フランスの旗 ARP Sélection
イタリアの旗 Medusa Distribuzione
アイルランドの旗 Element Pictures
日本の旗 スターサンズ=セテラ・インターナショナル
公開 フランスの旗 2011年8月24日
イタリアの旗 2011年10月14日
アイルランドの旗 2012年3月23日
日本の旗 2012年6月30日
上映時間 118分
製作国 イタリアの旗 イタリア
フランスの旗 フランス
アイルランドの旗 アイルランド
言語 英語
ヘブライ語
製作費 €25,000,000[1]
興行収入 $11,790,979[2]
テンプレートを表示

きっと ここが帰る場所』(きっとここがかえるばしょ、This Must Be the Place)は2011年イタリアフランスアイルランド合作のコメディ映画第64回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品され、同映画祭の独立賞であるエキュメニカル審査員賞を受賞している[3]

2008年の第61回カンヌ国際映画祭において『イル・ディーヴォ 魔王と呼ばれた男』で審査員賞を受賞したパオロ・ソレンティーノ監督が、同映画祭の審査委員長を務めた俳優ショーン・ペンと意気投合して制作した異色のロードムービーである[4][5]

ストーリー[編集]

かつての人気ロックスターであるシャイアンは妻とアイルランドダブリンにある豪邸で半隠遁生活を送っている。今でも現役当時のままの派手なメイクとファッションで生活しているが、付き合いがあるのは近所のロック少女メアリーなどごくわずかである。そんなある日、故郷のアメリカから30年以上も会っていない父が危篤との連絡が来る。飛行機が苦手なシャイアンは船で向かったため、結局、臨終には間に合わなかった。葬儀の後、ホロコーストを生き延びた父が自分を辱めたナチスのSS隊員アロイス・ランゲを執拗に探し続けていたことを知ったシャイアンは、父に代わってランゲを探す旅に出る。ランゲの妻ドロシーや孫娘のレイチェル、その息子のトミーなどに目的を隠して会い、ようやく見つけた隠れ家は既にもぬけの殻だった。そこに、ナチスの残党狩りのプロであるミドラーが現れる。実はシャイアンが渡していた資料をもとに、ミドラーは既にランゲの行方を突き止めていたのだ。ミドラーに連れて来られたランゲの隠れ家で、シャイアンはランゲから当時どのような辱めを父にしたのかを聞かされる。それは、けしかけた犬に脅えて小便を漏らしたのを笑ったというものであった。シャイアンは父の「復讐」としてランゲを全裸にして雪景色の屋外に放り出す。

旅を通じて父親へのわだかまりを解いたシャイアンは、飛行機に乗り、派手なメイクとファッションをやめ、素のままの「大人」の姿でダブリンの街に帰って来る。

キャスト[編集]

映画賞[編集]

部門 対象 結果
カンヌ国際映画祭 エキュメニカル審査員賞 受賞
ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞イタリア語版 作品賞イタリア語版 ノミネート
監督賞イタリア語版 パオロ・ソレンティーノ
脚本賞イタリア語版 パオロ・ソレンティーノ
ウンベルト・コンタレッロイタリア語版
受賞
製作者賞イタリア語版 ニコラ・ジュリアーノ
アンドレア・オキピンティ
フランチェスカ・シーマ
ノミネート
撮影賞イタリア語版 ルカ・ビガッツィイタリア語版 受賞
音楽賞イタリア語版 デヴィッド・バーン
主題歌賞イタリア語版 デヴィッド・バーン
ウィル・オールダム英語版
マイケル・ブラノック
If It Falls, It Falls
美術賞イタリア語版 ステファニア・セッライタリア語版 ノミネート
衣裳賞イタリア語版 カレン・パッチ
メイクアップ賞イタリア語版 ルイーザ・アベル 受賞
ヘアデザイン/スタイリング賞イタリア語版 キム・サンタントニオ
編集賞イタリア語版 クリスティアーノ・トラヴァリョーリ ノミネート
音響賞イタリア語版 レイ・クロス
ウィリアム・サロキン
視覚効果賞イタリア語版 ステファノ・マリノーニ
パオロ・トリソーリョ
ロドルフォ・ミリャーリ
ナストロ・ダルジェント賞イタリア語版 監督賞 パオロ・ソレンティーノ 受賞
製作者賞イタリア語版 ニコラ・ジュリアーノ
アンドレア・オキピンティ
フランチェスカ・シーマ
ノミネート
脚本賞イタリア語版 パオロ・ソレンティーノ
ウンベルト・コンタレッロ
撮影賞イタリア語版 ルカ・ビガッツィ 受賞
美術賞イタリア語版 ステファニア・セッラ

参考文献[編集]

  1. ^ This Must Be the Place (2011) - Box office / business” (英語). IMDb. 2013年9月21日閲覧。
  2. ^ This Must Be the Place (2012)” (英語). Box Office Mojo. 2013年9月21日閲覧。
  3. ^ This Must Be the Place (2011) - Awards” (英語). IMDb. 2013年9月21日閲覧。
  4. ^ 映画 きっと ここが帰る場所”. allcinema. 2013年9月21日閲覧。
  5. ^ きっと ここが帰る場所”. WOWOW. 2013年9月21日閲覧。

外部リンク[編集]