きいてほしいの、あたしのこと -ウィン・ディキシーのいた夏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

きいてほしいの、あたしのこと -ウィン・ディキシーのいた夏Because of Winn-Dixie)は、ケイト・ディカミロ児童文学。及びそれを原作とした映画。2000年出版。

日本では2002年にポプラ社より出版(訳:片岡しのぶ、絵:津尾美智子)。

あらすじ[編集]

フロリダ郊外に引っ越してきた10歳の少女インディアナ・オパール・ブローニャ。母親は3歳の時に家出し、今は父親と2人きりでトレーラーハウスに住んでいて、友だちもいない。そんなある日、オパールはスーパーで出会った野良犬を飼うことになり、その店名をそのまま取ってウィン・ディキシーと名付ける。人の話に耳を傾けたり、笑ったりすることができるウィン・ディキシーと過ごすうち、オパールは次第に明るさを取り戻していくのだった。

映画[編集]

アメリカでは2005年2月18日にWalden Media/20世紀フォックス配給で公開。上映時間105分。日本では劇場未公開であり、2005年にDVD・ビデオレンタルとなった。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]

書籍
映画