かわいい女 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
かわいい女
Marlowe
監督 ポール・ボガート
脚本 スティーリング・シリファント
製作 ガブリエル・カッカ
シドニー・ベッカーマン
出演者 ジェームズ・ガーナー
ゲイル・ハニカット
リタ・モレノ
音楽 ピーター・マッツ
撮影 ウィリアム・ダニエルズ
配給 MGM
公開 アメリカ合衆国の旗 1969年10月31日
日本の旗 1970年12月8日
上映時間 96分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

かわいい女』(Marlowe)は、1969年製作のアメリカ映画。アメリカの代表的ハードボイルド小説作家レイモンド・チャンドラーの『かわいい女』(The Little Sister)の映画化作品。ポール・ボガート監督。

日本においては、ブルース・リーが無名時代に殺し屋・ウィンスロウ・ウォン役で2シーンに出演していたことでも有名である(蹴上げで頭上の電灯を割るシーンと、飛び蹴りを外されてビルから落下するシーン)。

キャスト[編集]

ストーリー[編集]

備考[編集]

  • 劇場公開当時に映画チラシが製作されており、現在は高いプレミアムがついている[要出典]。この映画のチラシの大半は2つに折れている(当時劇場窓口で前売券を購入した客にコンパクトに折った物を手渡しした為)が、折れていないものも極めて少ない数存在し、特に高いプレミアがつく[要出典]

外部リンク[編集]