かに座ゼータ星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
かに座ゼータ星 A/B/C
データ
元期 J2000.0      Equinox J2000.0
星座 かに座
赤経 08h12m12.7s
赤緯 +17°38′52″
視等級 (V) +5.58/+5.99/+6.12
距離 83.4 ± 2.9 光年
(25.6 ± 0.9 パーセク)
スペクトル分類 F7V+F9V+G0V
他の名称
Tegmen, Tegmine, 16 Cancri, HR 3208/3209/3210, HD 68257/68255/68256, BD+18°1867, HIP 40167, SAO 97645/97646, GC 11142/11141, ADS 6650, CCDM J08123+1738, WDS 08122+1739

かに座ゼータ星 (ζ Cnc / ζ Cancri) は、少なくとも4つの恒星から構成されるかに座恒星系である。ラテン語で「(カニの)殻」という意味のテグミン(Tegmine)という固有名を持つ。地球からは約83.4光年離れており、+4.67等級である。

かに座ゼータ星は黄道面の付近にあるため、や稀に惑星による掩蔽が観測されることがある。

かに座ゼータ星系には、2つの連星かに座ゼータ1星かに座ゼータ2星が含まれ、5.06秒離れている。これらの2つの連星系は、重心の周りを1100年の周期で公転している。

かに座ゼータ星は小さな望遠鏡を用いると二重星のように見える。1756年にトビアス・マイヤーによって初めて2つの恒星として観測された。1781年にウィリアム・ハーシェルがかに座ゼータ1星自体が連星であることを発見し、三重連星であることが明らかになった。1831年にジョン・ハーシェルがかに座ゼータ1星の周りのかに座ゼータ2星の軌道の摂動に気づいた。これによりオットー・シュトルーベは1871年に、かに座ゼータ2星の主星の近傍を公転する伴星の存在を推定した[1]。近年の観測によってこの4つめの恒星の存在が明らかとなり、さらに1つか2つの未知の恒星の存在も示唆されている[2][3]

かに座ゼータ1星を構成する2つの恒星は、かに座ゼータ星Aかに座ゼータ星Bと呼ばれる。これらはどちらも黄白色のF型主系列星で、視等級はそれぞれ+5.58、+5.99である。2008年時点で、2つの恒星の間は1秒離れており、分解して見るためには大型の望遠鏡が必要である。しかしこの距離は2020年まで増え続ける予定である。軌道周期は59.6年である[4]

かに座ゼータ2星を構成する2つの恒星は、かに座ゼータ星Cかに座ゼータ星Dと呼ばれる。かに座ゼータ星Cは明るい方で、+6.12等級で黄色のG型主系列星である。かに座ゼータ星Dは10等級の赤色矮星で、近接した2つの赤色矮星である可能性がある。かに座ゼータ星Cとかに座ゼータ星Dの間は約0.3秒離れており、公転周期は17年である。

識別[編集]

明るい3つの恒星はしばしば混同されるが、カタログではそれぞれ識別されているものもある。Griffinによって正しい対応付けがなされた[1]

恒星 HR HD SAO HIP
かに座ゼータ星A 3208 68257 97645 40167
かに座ゼータ星B 3209 68256
かに座ゼータ星C 3210 68255 97646

出典[編集]

  1. ^ a b Griffin, R.F. (2000). “Spectroscopic Binary Orbits from Photoelectrical Radial Velocities: Paper 150: ζ Cancri C”. The Observatory 120: 1-47. http://adsabs.harvard.edu/cgi-bin/nph-bib_query?bibcode=2000Obs...120....1G&db_key=AST&data_type=HTML&format=&high=44595cfd5a08794. 
  2. ^ Hutchings, J. B., Griffin, R. F.; Menard, F. (2000). “Direct observation of the fourth star in the Zeta Cancri system” (abstract). Publ. Astron. Soc. Pac. 112: 833-836. doi:10.1086/316587. http://arxiv.org/abs/astro-ph/0004284. 
  3. ^ Richichi, A. (2000). “An Investigation of the multiple star Zet Cnc by a lunar occultation”. Astron. Astroph. 364: 225-231. http://adsabs.harvard.edu/cgi-bin/nph-bib_query?bibcode=2000A%26A...364..225R&db_key=AST&data_type=HTML&format=&high=445952a4c330915. 
  4. ^ Mason et al.; Hartkopf, William I.; Wycoff, Gary L.; Holdenried, Ellis R. (2006). “Speckle Interferometry at the US Naval Observatory. XII.”. The astronomical Journal 132 (5): 2219-2230. Bibcode 2006AJ....132.2219M. doi:10.1086/508231. http://www.iop.org/EJ/article/1538-3881/132/5/2219/205407.html.