かながわ信用金庫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
かながわ信用金庫
The Kanagawa Shinkin Bank
Miurafujisawa Shinkin Bank Head Store.JPG
かながわ信用金庫本店営業部
種類 信用金庫
本店所在地 日本の旗 日本
238-0008
神奈川県横須賀市大滝町1丁目28番地
設立 1951年昭和26年)3月20日
業種 金融業
金融機関コード 1281
事業内容 協同組織金融機関
代表者 平松廣司(理事長
総資産 7,476億2,200万円
従業員数 752名
支店舗数 46店
外部リンク かながわ信用金庫
特記事項:
貸出金残高:4,188億5,300万円
預金残高:7,129億4,900万円
2011年3月31日現在
テンプレートを表示

かながわ信用金庫(かながわしんようきんこ、英語The Kanagawa Shinkin Bank)は、神奈川県横須賀市に本店を置く信用金庫である。2014年に三浦藤沢信用金庫から改名した。同じ神奈川県内を営業地区とする平塚信用金庫さがみ信用金庫と「TRIバンク」の名で提携関係にある。

沿革[編集]

  • 1951年
    • 1月 - 藤沢市信用組合設立。
    • 3月20日 - 横須賀三浦信用協同組合設立。
  • 1952年
    • 3月 - 横須賀三浦信用金庫に改組。
    • 6月 - 藤沢市信用組合が藤沢市信用金庫に改組。
  • 1965年12月 - 藤沢市信用金庫が藤沢信用金庫に改称。
  • 1967年4月 - 横須賀三浦信用金庫が三浦信用金庫に改称。
  • 1991年 - 三浦信用金庫と藤沢信用金庫(統一金融機関コード1285)が、存続金庫を三浦で合併し、三浦藤沢信用金庫に改称。藤沢の本店は、藤沢営業部となっている。
  • 2014年1月6日 - かながわ信用金庫に改称。

営業区域[編集]

2014年時点において、神奈川県の広い範囲および東京都町田市大田区[1]

新生銀行とのATM相互出金利用提携[編集]

2007年9月3日からは、新生銀行とのATM相互出金利用提携が実施された。これにより、同金庫のカードでの新生銀ATMによる出金(要手数料)及び新生銀のPowerFlex口座のカードでの同金庫ATMによる出金(出金手数料無料)で出来る様になった。

事件[編集]

  • 2002年2月より藤沢営業部の窓口業務に従事していた行員が、複数回にわたり預金を着服。2004年10月に顧客からの問い合わせで総額1億余りになる事実が確認され、11月に懲戒解雇及び神奈川県警察藤沢警察署に告訴し、2005年1月18日業務上横領容疑で逮捕された[2]
  • 2006年12月、300万円余りの融資返済金を行員が着服。2009年4月、顧客からの問い合わせで着服の事実が発覚。金銭の返還があり、事件発覚前に退職していたため、刑事告発は行われず、理事長以下の処分が行われた[3]
  • 2010年関東財務局の検査により、事業性融資や住宅ローンなどの融資事業を、暴力団関係者ら反社会的勢力に行っていたことが発覚した。4月16日に関東財務局より業務改善命令が出された。経営陣はトラブル回避を優先し、取引を容認していた。これにより会長および審査担当役員は退任。前年に不適切融資を指摘され、対応を取ったとされたばかりであった。[4][5]

脚注[編集]

  1. ^ 金庫概要”. かながわ信用金庫. 2014年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月1日閲覧。
  2. ^ 『読売新聞』2005年1月18日[要ページ番号]
  3. ^ 三浦藤沢信用金庫 不祥事件発生のお詫び 2009年8月19日 (PDF) [リンク切れ]
  4. ^ “暴力団員らに融資、三浦藤沢信金に改善命令”. カナロコ (神奈川新聞社). (2010年4月17日). オリジナル2010年4月18日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100418051857/http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1004170001/ 
  5. ^ 関東財務局 三浦藤沢信用金庫に対する行政処分について 2010年4月16日 (PDF) (2011年2月6日時点のアーカイブ


外部リンク[編集]