かすみの杜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

かすみの杜』(かすみのもり)は、艶々(原作:みなかみゆう)による日本漫画作品。正式タイトルは「ラブラブ巫女さんかすみの杜」。

メンズアクション』(双葉社)にて2002年9月号および2003年4月号から2004年10月号まで連載された。単行本は双葉社アクションコミックスより全2巻。

概要[編集]

巫女であるかすみ、かすみの妹である美琴、ふたりの義母である邦子の3人が、千明神社を訪れる男性たちの様々な悩みを性行為によって解決するコメディー。

登場人物[編集]

千明かすみ
物語の主人公。巫女として働いている。おっとりとした性格で彼氏がいたが、家の倒産を避けるため、破局となった。大学時代には写真部に所属し、数々の賞を受賞した。
当初は姓が「千住」だったが変更。千明という名前は、地名も同じ千明。
千明美琴
かすみの妹。現役の女子大生。彼氏がいるが第1話の時点では処女で第3話にて啓太相手に処女喪失。女性としておしとやかさに欠ける。連載当初はショートカットだが、連れてロングになっていく。
千明邦子
かすみと美琴の義理の母。自身の年齢を気にしており、若い男性には積極的。
啓太
美琴の彼氏。浪人生であるため大学生の美琴に対して遅れを取っており、美琴に勉強を教えてもらっている。後に大学受験に合格した。
金子
かすみの通っていた大学の写真部に所属する学生。真由美のことが好きで写真部に入る。親はスポーツジムの経営者。
関真由美
かすみの大学時代の後輩にあたる3年生。金子と肉体関係にある。
設楽幸雄
かすみの大学の写真部の部長。学生時代のかすみの先輩にあたるが、延々と留年して現在も在学中。ふとしたきっかけでかすみにプロポーズをする。

書籍情報[編集]

  • 艶々、原作:みなかみゆう『かすみの杜』双葉社〈アクションコミックス〉 全2巻
    1. 2004年1月26日発行、ISBN 4-575-82918-8
    2. 2004年12月27日発行、ISBN 4-575-83031-3