かじき座アルファ星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

かじき座アルファ星 (α Doradus, α Dor) は、かじき座で最も明るい恒星である。2つの恒星からなる連星系で、巨星Aの周囲を準巨星Bが軌道離心率の大きな軌道で12年周期で公転しており、視等級は3.26等から3.30等まで変化する[1][2][3][4]。軌道半径は、近点で2天文単位遠点で17.5天文単位である。主星Aは特異星で、大気には高濃度のケイ素が含まれている[4]

二重星[編集]

77秒離れた位置にある伴星CCDM J04340-5503C二重星になっているが、これらの恒星の間に物理的な関係はない[5][2]

出典[編集]

  1. ^ alf Dor, database entry, The combined table of GCVS Vols I-III and NL 67-78 with improved coordinates, General Catalogue of Variable Stars, Sternberg Astronomical Institute, Moscow, Russia. Accessed on line September 3, 2008.
  2. ^ a b HR 1465, database entry, The Bright Star Catalogue, 5th Revised Ed. (Preliminary Version), D. Hoffleit and W. H. Warren, Jr., CDS ID V/50. Accessed on line September 3, 2008.
  3. ^ Entry 04340-5503, Sixth Catalog of Orbits of Visual Binary Stars, United States Naval Observatory. Accessed on line September 3, 2008.
  4. ^ a b Alpha Dor, Jim Kaler, Stars. Accessed on line September 3, 2008.
  5. ^ Entry 04340-5503, discoverer code HJ3668, components AB-C, The Washington Double Star Catalog, United States Naval Observatory. Accessed on line September 3, 2008.