お願い!ランキング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
お願いランキングから転送)
移動: 案内検索
お願い!ランキング
ジャンル 情報番組 / バラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
演出 船引貴史(P兼任)
プロデューサー 樋口圭介(GP)
出演者 おねがい戦士(CGキャラクター)
音声 モノステレオ放送[1]
字幕 文字多重放送
オープニング POLYSICS
ドモアリガトミスターロボット
エンディング エンディング曲を参照。
外部リンク 公式サイト
放送開始から2011年9月まで
放送時間 月 - 木曜日 24:20 - 25:15
金曜日 24:50 - 25:45(55分)
放送期間 2009年10月5日 - 2011年9月23日
2011年10月から2013年3月まで
放送時間 月 - 木曜日 24:20 - 25:15
金曜日 25:20 - 25:50(【月 - 木】55分、【金】30分)
放送期間 2011年10月3日 - 2013年3月29日
2013年4月から2014年3月まで
放送時間 月 - 木曜日 24:20 - 25:15(55分)
放送期間 2013年4月1日 - 2014年3月27日
第1部・2014年4月から
放送時間 月 - 木曜日 24:50 - 25:20(30分)
放送期間 2014年3月31日 -
第2部・2014年4月から
放送時間 月 - 木曜日 25:56 - 26:21(25分)
放送期間 2014年3月31日 -
原宿発!お願い!ランキング ちょいにち
放送時間 日曜日 17:55 - 18:00(5分)
放送期間 2010年10月3日 - 2010年12月26日
お願い!ランキングGOLD(第1期)
放送時間 土曜日 19:00 - 19:54
→18:58 - 19:54(54→56分)
放送期間 2010年10月16日 - 2012年3月10日
お願い!ランキングGOLD(第2期)
放送時間 土曜日 18:56 - 19:54(58分)
放送期間 2012年9月22日 -
お願い!ランキング サタデー
放送時間 土曜日 10:00 - 11:50(不定期放送)(105[2]分)
放送期間 2012年5月26日 -
テンプレートを表示

お願い!ランキング』(おねがい!ランキング)とは2009年10月5日からテレビ朝日で放送している深夜情報バラエティ番組である。ハイビジョン制作

2010年10月から2012年3月・2012年9月22日から放送されている『お願い!ランキング GOLD』(おねがい!ランキング ゴールド)、2012年7月14日放送開始した『お願い!ランキング サタデー』(おねがい!ランキング サタデー)、2013年4月にテレ朝チャンネルで放送開始した『お願い!ランキング予備校』(おねがい!ランキングよびこう)についても本項で記述する。

概要[編集]

グルメアイドル、ヒット商品等様々なジャンルについてオリジナルランキングを作成して発表する番組である。テレビ朝日にとって平日深夜の帯ワイド番組は生放送だった『トゥナイト2』以来7年半ぶりとなり、ランキング番組では『はなきんデータランド』以来13年半ぶり(2010年10月に放送開始された『GOLD』であると、実に14年半ぶりに19時台の放送)となる。

テレビ朝日編成制作局長の平城隆司いわく「視聴率」だけでなく「放送外収入」という新しいテーマを軸にした形で仕上げる番組となる。またタレントなどは登場せずアニメキャラクターだけで進行するなど、経費節減を主眼とした番組制作を行っている。

2009年10月1日まで放送していた『ネオネオバラエティ』及び『ネオバラエティ第3部』の後番組として放送する。レギュラー放送開始前の2009年10月3日には『ドスペ2』枠にてプレオープン番組を放送した。金曜日は『タモリ倶楽部』(24:20 - 24:50)を放送しているため、24:50からの放送となる。原則毎月1回の金曜日討論番組朝まで生テレビ!』を25:25より放送するため、放送時間が25:20までの30分間に短縮する[3]

「コラボ企画」と称して『お試しかっ!』・『シルシルミシル』・『ナニコレ珍百景』など同局の番組の企画・映像・スタッフ・出演者を流用する事によってコストの削減を図っている。それとは別に、テレビ朝日系列のバラエティー番組で放送されている・されていた番組や企画をこの番組に内含したり(『快感MAP』・『大胆MAP』の「月給ランキング」など)、逆に番組内で好評だった企画が単体の番組として独立する流れも起こしている。

2010年6月2週までの平均視聴率は6.3%、最高視聴率は2010年8月5日放送分の9.0%である。

2010年10月16日より土曜19時枠で兄弟番組『お願い!ランキングGOLD』のレギュラー放送が開始した[4]。尚、深夜の放送は引き続き継続中。これに伴い、『お試しかっ!』『ナニコレ珍百景』『いきなり!黄金伝説』『シルシルミシルさんデー』と合わせて、火・金以外[5]のテレビ朝日19時枠には深夜番組出身番組が週5本並ぶ事となった。また、同年10月3日から12月26日迄は日曜17:55 - 18:00に関東ローカルで『原宿発!お願い!ランキング ちょいにち』を放送[6]。上記の3ヶ月間は、事実上毎日放送していた。

2010年11月13日より、『お願い!ランキングGOLD』の開始時刻が2分早くなり、18:58開始となった(フライングスタート)。また、直前番組『二人の食卓 〜ありがとうのレシピ〜』との間にステーションブレイクを挟まず放送を開始する。

2011年6月20日から「ちょい足しお願い!ランキングand世界水泳上海2011」がミニ番組として月 - 金の25:15 - 25:20に放送。「知っておきたい世界水泳」をテーマに過去の名シーンをベスト2〜3で紹介されている。

2011年10月改編により、同年10月7日からの金曜24:50 - 25:20枠には、『『ぷっ』すま』が火曜ネオバラエティ枠から移動することになったため、金曜版の放送は30分繰り下げられ、25:20からの30分間へと縮小し、『朝まで生テレビ!』が放送ある週は、放送を休止する。同時に、月曜ネオバラエティ枠で本番組で放送されていたコーナーである「ストライク♪ミュージック」は『ストライクTV』として、また、火曜ネオバラエティ枠では本番組の「お願い!企画ファーム」で放送された「怪しい本の集まる図書館」をベースにした『白黒ジャッジバラエティ 中居正広の怪しい噂の集まる図書館』としてそれぞれレギュラー化された[7]

2012年3月10日で『お願い!ランキングGOLD』は一旦終了する。同年4月14日より『お願い!ランキングGOLD presents 眠れる才能テスト』に切り替えた。[8]これにともない開始時刻が更に2分早まり、18:56 - 19:54枠へ変わる。なお、これは2011年12月26日23:55 - 25:25(JST)に『才能テスト』、2012年1月28日18:58 - 20:51に『眠れる才能テスト』として2度放送された(ただし、いずれも『お願い!ランキングGOLD』枠外。)もののレギュラー化である。詳細は『お願い!ランキングGOLD presents 眠れる才能テスト』を参照されたい。なお、2012年9月8日をもって『お願い!ランキングGOLD presents 眠れる才能テスト』が終了し、2週間後の9月22日から『お願い!ランキングGOLD』が復活した。復活後の企画は『○○総選挙』のみである。

2012年5月26日から10時からの特番枠にて『お願い!ランキング サタデー』を放送開始。2012年6月30日も放送する予定だったが[9]俳優の地井武男の逝去を受け『追悼特別番組ちい散歩』に変更され、2012年7月14日に放送した。基本的に通常版のリターン企画と同日に放送する『GOLD』や『関ジャニの仕分け∞』の連動企画がメインである。

2013年3月22日放送回をもって金曜版は終了。「お願い!ランキング」での放送は月曜〜木曜の週4回に縮小する。

2013年10月7日放送回より2020年の東京オリンピック開催をイメージしたオープニングに変更。競技会場が集まる東京ベイゾーン(東京臨海副都心)からおねがい戦士たちそれぞれがオリンピック競技に挑むアニメーションが出た後、オープニングタイトルと共に東京オリンピック開催までのカウントダウンが表示される。

2014年2月18日放送回をもって放送1000回突破。

2014年4月改編により、当番組は24:20 - 25:15枠の55分番組から24:50 - 25:20枠の第1部と25:56 - 26:21枠の第2部の2部構成に変更されると同時に、おねがい戦士がおねがい生徒にリニューアルされることになった。

出演者[編集]

登場するのは全て「おねがい戦士」と呼ばれるCGキャラクターであり、以下のメンバー及びペットで成り立っている。おねがいレッド(男性)以外は女性で、女戦士はそれぞれセーラー服に戦国武将の兜を被っている。また、12月下旬は女戦士の服装がサンタクロース風の帽子とドレスになる。2010年1月4 - 8日まではナイスラビットの衣装が姿になっていた。またGOLDでは衣装が少しだけ豪華になっていた(ピンクの兜、イエローのアイスクリームなど。『お願い!ランキングGOLD presents 眠れる才能テスト』は、お願い戦士は登場しない。)。

「おねがい戦士」及び「おねがい生徒」の声を務めているのはテレビ朝日のアナウンサー[10]である。

現在[編集]

おねがい生徒(2014年3月31日より登場)

おねがいサクラ(月曜日“マネーの日”担当)
ピンクのクレーン車の形をしている。
お姉さんキャラ。ファッション好きで「お金大好きー!」が口癖。
おねがいミドリ(火曜日“クイズとゲームの日”担当)
緑色のリフトの形をしている。
「この勝負ウィスキー1本分の価値がある…ゾクゾクするぜ!」が口癖。
勝負事好き、頭上にはデジタル掲示板があり、感情を表現している。
おねがいヒマワリ(水曜日“グルメの日”担当)
黄色のロードローラーの形をしている。
「ぜひ食べてみたいものでしゅ!」が口癖。
左手にはロールケーキを手にしている。くいしん坊。
くるくるしたモノが好き、ローラーで餃子の皮を伸ばすのが得意。
おねがいアイ(木曜日“潜入調査の日”担当)
青色のショベルカーの形をしている。
「いちいち勉強になるぜ!」が口癖。
クールで冷静沈着。
おねがいコーン
赤いコーンに魂が宿り、しゃべる。結構進行する。
「これは見逃せないコーーン!」が口癖。
意外と軽快な動きをする。
校長
ハリネズミとアルマジロが合体した生き物。
随所に登場し、VTRに毒のあるツッコミをいれる。
「この企画つまんないから退学!!」が口癖。

過去[編集]

おねがい戦士[編集]

おねがいレッド
2009年10月5日 -2014年3月27日
「おねがい戦士」のリーダー。おねがい戦士唯一の男性(紅一点ならぬ黒一点)で、他のキャラクターとは異なり一般的な戦隊物のキャラクター風の外見になっている。頭部にの付いたマスクを被っており、素顔は不明。
スケベな一面があり、女性に興奮している様子はおねがいピンクたちに気持ち悪がられている。一応リーダーなので口数は多い。
おねがいピンク
2009年10月5日 -2014年3月27日
直江兼続の愛の前立兜(GOLDでは愛の下にLOVEと書いてある)を被っている。セクシー担当で、ギャルらしく語尾を強調してしゃべる。一人称は「私」。おねがい戦士の中では一番の巨乳だが、ゴールデン進出時には谷間を隠す服装になっている。口元にほくろ。髪はウェーブのかかったロング。
おねがいグリーン
2009年10月5日 -2014年3月27日
矢が刺さった折り紙の兜を被っている。幽霊のように透けており、一言も喋らない(イエロー曰く「別に黙っているわけではない」)。ただし、吹き出しで本のイラストや「?」マークを出した事がある[11]他、ちょい足しクッキング(後述)特集の回では「ぐぅ〜」という擬音文字と共に大音量の腹の虫を響かせた。天丼てんやで食べている所をおねがいイエローに見られたことがある。髪で目が隠れていて、素顔は一度も明かしたことがない。スカートは膝下まで届くぐらい長い。普段は全く動かないが、おねがいメタルが緊張のあまりフリーズした際は素早くメタルの背後に回りこみ、メタルを持ち上げ上下に激しく揺さぶって再起動させたことがある。
2010年5月31日放送分ではツイッター (onegaigreen) - Twitter(同年5月26日開始)を始めたことが明らかになった。
妻夫木聡のファンで、後述するグッズ係長のコーナーに妻夫木がゲストで出演したときは最前列に陣取った。
現在は、おねがい戦士の中ではイエローのみが彼女の考えていることが分かる。
おねがいマリン
2010年11月29日 - 2014年3月27日
伊達政宗の三日月前立兜を被っている。卒業したおねがいブルーの後任で右目に眼帯をしており、一人称は「ボク」。髪は癖のあるショートカットで、弓矢を背負っている。
おねがいブルーの双子の妹であり、彼女のことを「姉貴」と呼んでいる。コスチュームは色がブルーより藍色がかっているところ以外は同じ。おねがいブルーと間違えられると怒る。他のおねがい戦士と比べて、目をハートにすることが少ない。
2代目おねがいイエロー
2013年4月1日 - 2014年3月27日
山中幸盛の鹿角前立兜を被っている。外見は初代と全く同じだが、食べてるものが初代のソフトクリームからペロペロキャンディに変わっており、これもいくら食べても無くならない。
おねがいオレンジ
2013年10月1日 -2014年3月27日 /(予備校 2013年4月1日 - )
テレ朝チャンネルにて放送されている「お願い!ランキング予備校」に登場していたお願い戦士。おっとりとした性格で、厳しい性格のブラックラビットにいつも怒られている。「予備校」に初登場した当時は見習い戦士だったが、2013年10月からは正式のお願い戦士となり、本編にも登場している。見習い時代は頭部に「仮」の付いたハチマキをしていたが、お願い戦士に昇格後は「橙」に変更されている。帰国子女で好きな食べ物はティーボーンステーキと切干大根。「予備校」ではひき続き登場している。
おねがいブルー
2009年10月5日 - 2010年11月26日
伊達政宗の三日月兜を被っている。右目に眼帯をしており、一人称は「ボク」のボクっ娘。髪は癖のあるショートカット。大剣(お願い!ランキングGOLDでは、一回り小さい2本1組の大剣)を背負っている。
2009年10月19 - 23日26 - 28日まではセリフがなかった。口癖は「エクセレント」。まれにツンデレの言動をする。
決してキャラが立っているわけではないが携帯サイトダウンロードでは不動の人気を誇り、3連覇を達成。
2010年11月26日放送分で番組を卒業した。
初代おねがいイエロー
2009年10月5日 - 2013年3月28日
山中幸盛の鹿角前立兜を被っている。一人称は「イエロー」。稀に「ミー」と言う事もある。ややポッチャリ体系で、髪は前髪を切りそろえたショートカット。
食いしん坊でいつもソフトクリーム(お願い!ランキングGOLDでは3段重ねのアイスクリーム)[12]を食べている。配信着動画では携帯電話を食べた。
このソフトクリームはいくら食べても無くならない、無限ソフトクリームである。
語尾に「ぞ!」「だぞ!」をつけるのが口癖。刀ではなくポシェットをぶら下げている。胸のリボンが5人の中で一番大きい。
びっくりすると直ぐ泣き出して、驚きを表現している。
ちなみに他のおねがい戦士(レッドを除く)と比べると、ちょっとだけ小さい。メタボリックシンドロームを気にする乙女チックな面もある。
2013年3月28日放送分でパティシエを目指すという理由から番組を卒業。その際はアイテムのソフトクリームと鹿角前立兜を床に置く演出が行われた。

その他[編集]

おねがいゴールド、おねがいシルバー
2009年10月19日から一時的に登場、姉妹という設定である。語尾は「でござる」。シルバーは眼鏡をかけている。
おねがいクリームイエロー
コスチュームのデザインはおねがいイエローと同じで、舞妓さんのような話し方をする。初登場は2010年3月19日放送分。おねがいイエローが休暇をとった時に代理に登場する。
おねがいエメラルドブルー
コスチュームのデザインはおねがいブルーと同じで、左右が反転している。口癖は「エクセレント!」。2009年10月29日の放送で初登場。おねがいブルーが休暇をとった時に代理で登場するが、ブルー卒業後はマリンが休暇を取らないため出番がない。
おねがいくぅたん
倖田來未がアルバム『Dejavu』の宣伝のため番組に出演しおねがい戦士になった姿。2011年3月2日の放送で初登場。
おねがいブラック
2011年12月5日 - 2012年2月13日(深夜版)/2012年5月26日 - (サタデー)
豊臣秀吉の馬藺後立兜を被っている。新人でありながら最年長のメンバー。年齢は39歳で、レッドから「貫禄がある」と言われたり、先輩メンバーを「小娘」呼ばわりしている。初対面で「おばさん」と呼んだピンクとは非常に仲が悪い。「バブルをひきずる」という設定が有り、バブル景気時代の話題や流行語ばかり話すため、他のメンバーとは会話が噛み合わない。唯一衣装がセーラー服では無くボディコンで、雪駄はハイヒール状。常に金色の扇子を持っており、動きはジュリアナダンス風。お願い!総選挙で最下位となり、2012年2月13日に強制卒業した。その際、ブラックらしくボディコンダンスを踊りバブル(泡)に溶け込むかのように消えていった。仲が悪かったピンクは喧嘩相手が居なくなってしまう事にショックを受けている。『サタデー』ではブラック単独で番組ナビゲーターとして復活している。服は通常版の服に薄い紫のジャケットを追加。扇からリモコンに変更。スタジオも、秘密基地風ではなく自宅風になっている。BGMはジュリアナ東京のダンス音楽を色々な音源でアレンジしたものを流している。
おねがいメタル
2011年10月24日 -
最上義光の三ツ鍬前立兜を被っている。アンドロイドのおねがい戦士であり、一人称は「私」。ですます調の丁寧な言葉遣いで話し、声には常時強めのリバーブがかかっている。右目が前髪で隠れており、背中にライフル銃を背負っている。腕をドリル状に回転させたり、足底部からジェット噴射をすることで飛行することも可能。セーラー服のデザインが他の女性戦士と大きく異なっており、スカートがない。
鉄道好きであるらしく、鉄道ネタの紹介時には珍しく目をハートにして興奮気味に喋る姿が見られ、レッドから「その情報はそんなに興奮する部分か?」とツッコミが入っていた。
おねがいブラックが登場後は、彼女が使うバブル景気時代の流行語の解説も担当していたが、ブラックがお願い!総選挙で最下位となり強制卒業した為、その任は解かれた。ちなみに彼女自身の結果は最下位寸前の4位であり、強制卒業は免れているものの最近は出番がなく、『サタデー』のオープニングタイトル時だけの登場と公式サイトのキャラクター紹介に名前が載ってるだけになっている。
2013年10月現在彼女は公式サイトに記載されておらず、引退した可能性もある。
ももいろクローバーZ
ももいろクローバーZがシングル『GOUNN』の宣伝を兼ねてのお願い戦士になった姿。クローバーに「Z」の紋章の付いた兜を被り、実物同様の色分けとなっており、2013年11月4日 - 7日の間登場。

ナイスラビット[編集]

「(それ)ナイスですねぇ」「(××)でございます(ね/よ)」が口癖のウサギ。驚くときに口を縦に大きく開ける。出っ歯が2本出ていて亀の甲羅を背負っており声色、口調ともにボイスチェンジャーで変えられている。以下、ラビットにまつわる語録やエピソードなど。

  • そのボイスチェンジャーが視聴者に不快だったせいもあり、2009年11月26日放送分で「ホームページにうさぎの声がうるさいって苦情が書いてあったけどごめんね」とお詫びしたことがある。
  • 「ちょい足しクッキング」では常連のごま油のファンだと度々発言しているがタルタルソースも好んでいることもあり、それらを「さん」付けして呼んでいる。
    • しかし、2010年度以降はごま油の出番が激減して(食材候補にはエントリーあり)ほとんどランクインしなくなった。
    • また、チーズが出たときは、「ズーチーでござますよ〜」などとチーズをわざわざ業界用語ズージャ語)で言う事が多い。
  • 「美食アカデミー」では川越達也が試食中に好感触の商品に当たると微笑んで高得点を出すことから「川越スマイル」と命名し、以降その用語が定着した。また、他の番組でもこの用語が使われることがある。
    • 2011年5月21日放送分SmaSTATION!!の川越達也がゲスト時に通常タイプで登場し、2011年6月13日放送分『SMAP×SMAP』の企画BISTRO SMAPで、川越達也がゲスト出演した際、香取慎吾によるおいしいリアクションで実写デビューを果たす。
  • 2010年3月3日放送分で放送100回目に到達した時に「100回だからといって特別なことをやるわけじゃありませんよ」とおことわりしていた。同年7月26日の200回、同年12月15日の300回、2012年8月22日の700回もほぼ同様の発言をしていた。
  • 毎週水曜日の木曜日予告時の最後には「ナイスな夢見ろよ!」で締める。
  • テレ朝チャンネルにて放送されている「お願い!ランキング予備校」では厳しい性格をしている「ブラックラビット」が登場する。

めだまイヌ[編集]

2012年9月3日 -
頭部全体が目玉のようになっている犬。頭部は360°回転する。「目が離せないワン!」が口癖で、当初はナイスラビットと仲が悪かった。初期に何度か登場して以来全く登場しておらず、公式サイトのキャラクター紹介にも載っていない。

スピンオフのみ登場[編集]

千代井 足夫
声:平泉成
「ちょいたし+」(プラス)のみに登場。

GOLDのみ登場[編集]

おねがい戦士練習生(GOLD第一期のみの名称)
総選挙MC

過去[編集]

くま将軍
声:伊集院光
2010年10月16日 - 2012年3月10日
おねがい戦士たちの上司。進行役で声を担当する伊集院にとってはゴールデン初司会。ただし番組中では伊集院とは別人という設定になっている。伊集院がテレビ朝日土曜19時台の出演は、『年中夢中コンビニ宴ス』以来9年6ヶ月ぶりのレギュラー出演となる。

ナレーター[編集]

平日版
GOLD○○総選挙

スタッフ[編集]

AP(アシスタント・プロデューサー)
※()は年齢
中尾まなみ
1986年4月16日生まれ[13]兵庫県出身、立命館大学[14]、血液型はO型。主なコーナー担当は「ちょい足しクッキング」など。同コーナー開始から半年後に体重が5kgも増加してしまったことを公表[15]
2010年5月26日放送分でツイッター (mana8008) - Twitterを始めていたことがナレーションの説明で判明した。
2013年4月より番組開始当初のADからAPに転向。
AD(アシスタント・ディレクター)
鈴木その子(23) 
おねがいレッドお気に入りの美人AD。怪しげなお店に突撃取材を敢行する。一度、番組を降板したが再び出演し始めている。
降板
煙山麻衣(24) 
メガネが印象的な女性AD。ナイスラビットから「アンジェラ・アキに似ている」と言われたこともあった。
斎藤真奈美(21)
福島出身のAD。
名古屋菜月(21) 
中尾の代理で1度だけ「ちょい足し」に見習いADとして登場。2010年3月1日放送分の「ワンコインで満足できる温泉ランキング」はADとして久々に登場。
ディレクター
本橋啓(30) 
通称「橋ちゃん」。「美食アカデミー」の担当ディレクターで、「本当にあるご当地びっくりメニュー」に登場。

アメーバピグ[編集]

自分にそっくりなキャラクターを作り仮想空間で他人と交流が出来るチャットサービス。テレビ朝日ランドにおねがいレッドが放送終了後に1時間だけ登場している。

放送形態[編集]

お願い!ランキング
  • 2009年12月までは開始当初からネットしている岩手朝日テレビと秋田朝日放送では金曜日に放送しないため、提供クレジットの後に来週月曜の「これからのお願い!ランキング」の予告映像をワイプで表示してから金曜日の予告をしていた。
  • 2010年1月、4月以降は週1回のみの地域が増えた事から、それらの地域への配慮としてエンディングテーマを流した後、次回予告を行う形で放送し、週1回のみの地域では次回予告はカットする[16]
GOLD
  • 本番組開始以降後続の『ガリレオ脳研』→『関ジャニの仕分け∞』と交互に2時間SP[17]を放送したり、単発の2時間SPを放送することが多く、通常放送で放送されることは少ない。特に2011年8月下旬以降では「仕分け∞」に加えフィギュアスケート中継(「グランプリシリーズ」「グランプリファイナル」)などの休止でその傾向は目立ち、通常放送はわずか2回しかなかった。
  • 2012年〜2013年は火曜・日曜と同様、19時台・20時台の2番組の何れかのスペシャル版か特別番組の編成が中心になっている。

放送リスト(GOLDのみ)[編集]

主なコーナー[編集]

エンディング曲[編集]

※金曜日のみEDなし。

2009年
  • 10月期 / 間々田優『アイドル』
  • 11月期 / MAY'S『ONE LOVE 〜100万回のKISSでアイシテル〜』
  • 12月期 / SO-TA『Precious Days feat.中村舞子』
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年

その他の放送[編集]

放送リスト[編集]

2011年
レポーター役の吹替えキャストとしておねがいレッドとおねがいピンクが出演。

スタッフ[編集]

深夜版[編集]

  • 企画:奥川晃弘(2013年7月-、以前は、ゼネラルプロデューサー)
  • 構成:鈴木おさむ樋口卓治/照井良平、村松浩介、穂坂友宏、林賢一、興津豪乃、前原卓磨、梶谷直人、くらなり、デーブ八坂、古川シュウジ、古賀文恵、佐藤俊明、河野有、海野至、なんざん、小杉四駆郎、狩野孝彦、辻健一、今井健太、高橋秀一、佐藤啓、大石依里香
  • TM:大島秀一
  • 技術協力:羽田廣宣(tsp、以前は技術担当)
  • 美術:遠藤ゆか、楢崎仁志、廣澤陽子、森みどり(テレビ朝日クリエイト
  • CGディレクション:横井勝
  • CGデザイン:松島佑樹、菅澤英子
  • CGサポート:形部まり子(以前は、CGデザイン担当)、辻健志
  • CGキャラクター:矢木秀和(以前は、キャラクターアシスト担当)、山本裕之
  • CGセット:松尾裕介(以前は、キャラクターアシスト担当)、竹浪美樹
  • EED:大西裕太、森川隆孝、大西智子、伊藤宏治、鈴木大助、高諏直己、玉置謙一(IMAGICA)、中村哲夫(ビデオ・パック・ニッポン
  • MA:奴賀貴幸、中野真美子、西尾綾子、大木久雄、岩野博昭、小田崇、三井慎介、中野亮一、松田直起、脇田結花(IMAGICA)、大形省一(ビデオ・パック・ニッポン)
  • 協力:テレビ朝日ミュージック、東京オフラインセンター(以前は、編集協力)
  • 音効:國安啓・高橋健人、竹内陽、大峡邦彦、村井雅史(tsp)、矢部公英
  • TK:鈴木好、高橋由佳、渡辺千智(エムアンドエム)
  • 編成:田中真由子
  • 営業:浜田壮瑛、神田篤史、長畑洋太、松尾尚宣
  • 宣伝:残間理央
  • デスク:長谷山純子
  • コンテンツビジネスセンター:石井貴裕、北野健司、海野友理香
  • web制作:山田真也
  • 制作スタッフ:林田拓也、海東隆志、速水麻衣、中尾まなみ、田中裕介、藤本恵里奈、服部亮、林愛子、名久井一充、宮麻美、老谷勇気、野島巧、工藤愛子、石永遊、望月奈美、村瀬桃子、衣嶋太樹、長崎茉莉亜、伊原雄樹、高橋江里奈、春田正義、柄原望恵、寺野ちひろ、渡井祐貴、長谷川真也、米本樹、加藤朗紀子、杉山絵美、鳥居朗江、石田瑞恵、倉澤弘実、岡祐太、田中徹、小黒翔平、入江友也、馬川侑己、大久保夏織、佐藤啓、稲井直人
  • ディレクター:川跡友里、北島清次、佐藤啓、中嶋亮介、薮崎雅弘、小野寺智、山本結城、阿部秀紀、浅野克己、藤巻圭吾、大峯功史、南家幸太、佐古俊介、林慶遥、高戸大悟、森健宣、近藤賢一、犬飼義啓、福地(ふくち)剛、芦田太郎、本橋啓、森下和光、中原芳、松岡信行、大岩タカユキ、鈴木賢一、尾形正喜、佐藤謙治、江村英紀、西山英雄、高木大輔、吉倉瑞穂、間篠高行
  • チーフディレクター:舟木商策(水)、久保信広・眞木大輔(木、共に以前は、ディレクター)
  • AP:逆井かおり、伊部千佳子、阿部優香子、田中千賀子、薮田早加(以前は、制作スタッフ)、河村由香、菊地裕衣子
  • プロデューサー:松井正樹、梶山貴弘、谷口修/船引貴史、三井保夫(東通企画)、本部純、遠藤由一郎(船引・三井・本部・遠藤→4名共に以前は、プロデューサー・演出)
  • ゼネラルプロデューサー:樋口圭介(以前は、プロデューサー)[25]
  • 制作著作:テレビ朝日

GOLD[編集]

  • 構成:鈴木おさむ、樋口卓治、秋葉高彰
  • ナレーション:垂木勉立木文彦
  • 企画:奥川晃弘(2013年7月27日- 以前は、ゼネラルプロデューサー)
  • TM:大島秀一
  • TD/SW:平間隆啓
  • CAM:石渡剛、西村佳晃
  • 音声:猪俣晃
  • VE/VTR:永洞栄子、時見正和
  • 照明:越前充弘(テレテック
  • クレーン:浅田康和
  • 技術協力:羽田廣宣(tsp)、志村縁(ティ・ピー・ブレーン
  • 美術プロデューサー:小山晃弘
  • 美術デザイン:近藤千春
  • 美術進行:高崎香織(テレビ朝日クリエイト)
  • 大道具:副島信太郎
  • 電飾:佐伯直亮、菊澤明香
  • モニター:安藤洋一
  • 特殊効果:釜田智志
  • CGディレクション:横井勝
  • CGデザイン:形部まり子、山本裕之
  • EED:五十嵐剛輝、小野了亮(IMAGICA)
  • MA:三井慎介(IMAGICA)
  • 音効:波多野精二
  • TK:船木玉緒
  • 協力:東京オフラインセンター
  • スタイリスト:植田雅恵、梶原浩敬
  • メイク:サダム、川口カツラ
  • 制作協力:東通企画ViViA
  • 編成:松瀬俊一郎、柳井寛史
  • 宣伝:残間理央
  • 企画協力:川上純平、川村太一(博報堂DYメディアパートナーズ
  • コンテンツビジネスセンター:石井貴裕、細川大輔、海野友理香
  • Web制作:川尻幸一
  • 制作スタッフ:藤尾圭祐、山崎陽子、藤谷恵実、三瓶剛士、石田瑞恵、今泰之、荻原正雄、須永彩花
  • アシスタントプロデューサー:竹山知子、山田裕司、伊部千佳子、菊地裕衣子、阿部優香子
  • ディレクター:久保信広、舟木商策、今井伸弥、森下和光、地曳範剛、大石康裕、山本結城
  • チーフディレクター:木津優
  • プロデューサー:甲斐候一、梶山貴弘、三井保夫(東通企画)
  • ゼネラルプロデューサー:樋口圭介(2013年7月27日- 以前は、プロデューサー)
  • 製作著作:テレビ朝日

過去のスタッフ[編集]

GOLDのみ[編集]

  • CGセット:中村均
  • 音効:ふなや
  • TK:鈴木好
  • 宣伝:椿本晶子
  • 企画協力:山田覚(博報堂DYメディアパートナーズ)
  • コンテンツビジネスセンター:岩崎浩
  • 制作スタッフ:北村麻美
  • ディレクター:三浦大輔
  • プロデューサー:船引貴史

深夜版 [編集]

  • 構成:オークラ、なかじまはじめ
  • 美術:北浦浩一郎、若林広、村竹良二(テレビ朝日クリエイト)
  • CGデザイン:村野彰彦(以前は、CGキャラクター担当)
  • EED:黒澤雅之(IMAGICA)
  • MA:青木雅春、阿部哲也、宝月健、阿左美茂樹(IMAGICA)
  • 音効:中島栄治、有坂香、吉田達朗(tsp)
  • デスク:小林裕美子、坂本あかり
  • 編成:松瀬俊一郎、宮田奈苗、吉村周、遠藤華子、荒井祥之、柳井寛史
  • 宣伝:椿本晶子
  • 営業:三田研人、蓮実理奈、前田岳、深津友裕、窪内秀典、栗沢陽一
  • コンテンツビジネスセンター:馬越崇史
  • web制作:萩原英樹、高橋育麻、細川大輔、大淵恵
  • 制作スタッフ:鈴木その子、南沙織、徳留卓、平本暁弘、森川哲雄、堀越玲央、井熊香織、安里梓、西川晶子、川島圭太、森実高大、秋定沙織、高橋毅、寺田俊輔、前田泰孝、坂井智章、袰主小百合、佐川陽亮
  • ディレクター:中澤智有、宮澤拓郎、新保勝久、相澤衆、嶋中一人、伊藤健司、平出淳、濱本真治、山岡恭典、石田利之、中野伸昭、鈴木伸明、大喜多高志、中村雅行、福元洋之、大崎義宏、大橋豪、矢野和久、長崎玲史、平川達、濱本美香、大野寿之
  • アシスタントプロデューサー:大村絵美子、浅倉きよみ、田畑まなみ、馬越脇弘章
  • プロデューサー:甲斐候一、矢代俊昭(東通企画)、髙橋正輝、元村次宏(東通企画)、友寄隆英、白髭晋二、大城哲也、土屋大路(BigFace)
  • プロデューサー・演出:荻野健太郎 (kentarotiger) - Twitter

系列局の対応[編集]

ネット局(深夜版)[編集]

番組開始時のネット局は3局で、前番組の『ネオネオバラエティ』と比べネット局は大幅に減少となった。当番組の非ネット局は自社制作番組や準キー局ABC制作の『ナイトinナイト』を初めとする基幹局テレビ東京系列局・独立UHF放送局制作番組の遅れネット再放送番組、テレビショッピングなどに切り替えられた。しかし2010年に入ってからは週1回の放送である事が多いものの、ネット局は大幅に増加している。なお、一部地域の放送局でエンディングの時に「○○(放送局名)のみなさーん」と言ってお別れをするところがある。2014年3月31日より、1・2部体制になった事によって、ネット局が大幅に減少する。

放送対象地域 放送局 放送日時 備考
関東広域圏 テレビ朝日 月曜 - 木曜 24:20 - 25:15
番組制作局
※2013年3月までは金曜日も放送
秋田県 秋田朝日放送 2009年10月5日開始
長野県 長野朝日放送 2010年4月5日開始
広島県 広島ホームテレビ 月曜 24:20 - 25:15 2010年4月7日開始
(2011年3月30日までは水曜、4月4日からは月曜に変更)
宮城県 東日本放送 月曜 24:56 - 25:51 2010年3月29日開始
(時差ネット)
福島県 福島放送 木曜 24:20 - 25:15 2010年4月1日開始
(同年10月6日から2012年3月28日までは水曜もネット)

過去のネット局(深夜版)[編集]

非ネット局(深夜版)[編集]

ネット局(全国版)[編集]

前述にある、深夜版とは異なり、土曜19時[26]のゴールデンタイムとあって、ANN(EX)系列フルネット24局が同時ネットを行う。

  • 土曜 18:56 - 19:54[27](テレビ朝日系列単独加盟24局同時フルネット)

事件・不祥事[編集]

  • 2010年1月29日10時50分頃、番組スタッフが東京都目黒区のテナントビルの敷地に無断で入りロケを行っていたことが警視庁碑文谷署への取材で判明。制作スタッフ約10人は同署で任意の事情聴取を受け、ビルのオーナーに謝罪した[28]
  • 「お家で手軽なアイテムを使って出来る人気盛り髪ランキング!」(2010年3月5日放送分)で紹介したCHOCHOデコ財布を「ローズクォーツをあしらったチェーンストラップ」と説明したものが、製造工程のミスでアクリル樹脂を使用した商品を発送していたことと215粒と伝えたクリアストーンに数の異なるものがあったため、テレビ朝日のショッピングサイトでお詫びのメッセージを発表。番組内では2010年4月16日放送分のエンディング後に同様の説明をしてお詫びした[29]
  • GOLDで放送する予定だった「美食アカデミー」でマダムシンコと田中義剛の花畑牧場が対決。マダム側が負けたのだが、その際「オンエアするな!」と抗議し、その一件で、番組を作った制作会社のプロデューサーがクビになる処分がおきた[30]。その後、これ自体のVTRはお蔵入り。「美食アカデミー」は深夜版のみに縮小し、対抗戦企画も消滅した。また、「~GOLD」自体の内容変更の一因となった。
  • 2012年5月11日答えあわせ占いにて、さそり座分が掲載されず、うお座がランキング内2位と10位に2つ掲載された。

書籍[編集]

カップヌードル(日清)、一平ちゃん夜店の焼そば(明星)、牛丼並盛(吉野家)他10品収録。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 編成上及びANNマストバイ局の場合。地上アナログ放送では、平日のエンディングを除きモノラル放送で放送された。
  2. ^ 2012年9月22日放送の回では『100万円クイズハンター復活記念 柳生博を訪ねて…絶景八ヶ岳高原暮らしSP』があった為に10:55 - 11:45になっている。
  3. ^ 『朝まで生テレビ!』公式サイト
  4. ^ お願い!ランキング:土曜ゴールデン進出レギュラーに爆笑問題とウエンツ 深夜帯も継続まんたんウェブ 2010年9月7日
  5. ^ ただし、過去火曜日は『黄金伝説』開始当初の枠であり、更に『Matthew's Best Hit TV』が放送された事も有るので、完全に深夜番組出身番組が無いのはアニメ枠となっている金曜日だけである。なお2014年4月からは火曜19時に、火曜深夜で放送された『林修先生の今やる!ハイスクール』を『林修の今でしょ!講座』と改題して移動するため、金曜以外のテレビ朝日19時枠番組は全て深夜出身番組になる。
  6. ^ お願い!ランキング :日曜放送決定、10月から連日化 ファッション注目ランクを5分番組でまんたんウェブ 2010年9月22日
  7. ^ 爆笑問題、中居正広、マツコ&有吉・・・この秋テレ朝の"ネオバラ枠"が生まれ変わる!WEBザ・テレビジョン 2011年9月12日
  8. ^ “「お願い!ランキングGOLD」が大胆リニューアル! 才能発見バラエティーへ!”. webザテレビジョン. (2012年4月4日). http://news.thetv.jp/article/29341/ 
  9. ^ 2012年6月23日朝日新聞「be on Saturday」青e7「週刊番組表」より。
  10. ^ EPGには「誰かわかるかな〜」と記述しているだけで、公表していない。
  11. ^ 普段は吹き出しには「・・・」が表示される
  12. ^ 2009年12月10日から22日まではケーキ
  13. ^ 中尾まなみ 2011年4月16日のつぶやきより
  14. ^ 中尾まなみtwitter 2011年4月28日
  15. ^ 『「ちょい足し+」放送直前 緊急企画! ちょい足しクッキング失敗ランキング』(2010年4月2日放送分)より。2009年12月までは4kg増と公表していた
  16. ^ ED曲は週2日~5日の地域はEDテーマを画面右下にワイプを表示しながら「これからのお願い!ランキング」の映像→途中ワイプが合流してエンドロール→次回予告、週1の地域はED曲+エンドロール(画面左上には番組HPのURLが表示)と違いがある。
  17. ^ 時によっては、18:30の『雑学家族』を休止して2時間半SPを放送する事も有る。
  18. ^ はるな愛が経営する店
  19. ^ つんく♂が経営する店
  20. ^ 当初は3月12日に『美食アカデミー』拡大版(ミスタードーナツ)を放送する予定だったが東日本大震災の影響で差し替えとなった。
  21. ^ 本来は「○○総選挙」でのタイトルで放送予定だったが、同年11月16日に衆議院が解散したため「総選挙」という言葉が使えなくなり、急遽「○○No.1決定戦」にタイトルが変わった。
  22. ^ 28:55までフルネットした地方局は岩手朝日テレビのみ
  23. ^ タイトルロゴでは「爆問学園 イキすぎ!規則委員会」
  24. ^ EPG上のタイトルは「お願い!ランキング 相棒編」
  25. ^ 樋口圭介 (keisukehiguchi) - Twitter
  26. ^ (2010年11月13日より)正確には18:58からの放送
  27. ^ 2時間スペシャルの際は、後枠の「天才をつくる!ガリレオ脳研関ジャニの仕分け∞」の枠を使い、20:51(2012年3月まで)→20:54(2012年9月から)まで(放送)
  28. ^ テレ朝「お願い!ランキング」が無断ロケ撮影(「SANSPO.COM」より)
  29. ^ テレビ朝日ショッピングサイト「Ropping」「放送内容と一部仕様が異なる商品をお届けしたことについて」より
  30. ^ マダムシンコ「敗北をオンエアするな!」

外部リンク[編集]

テレビ朝日 月曜 - 木曜24:20 - 24:45枠
前番組 番組名 次番組
お願い!ランキング
(2009.10 - 2014.3)
月曜『言いにくいことをハッキリ言うTV
火曜『キス濱テレビ
【水曜25:21枠から移動・改題】
水曜『初めて○○やってみた
木曜『坂上忍の成長マン!!
※24:15 - 24:45 
テレビ朝日 月曜 - 木曜24:45 - 24:50枠
ネオバラエティ第3部
月曜『リーダー's ハウトゥ BOOK
火曜『草野☆キッド
水曜『さまぁ〜ず×さまぁ〜ず
【土曜25:25枠に移動して継続】
木曜『ストリートファイターズ
【月曜25:21枠に移動して継続】
※24:45 - 24:15
お願い!ランキング
(2009.10 - 2014.3)
テレビ朝日 月曜 - 木曜24:50 - 25:15枠
ネオバラエティ第3部
月曜『リーダー's ハウトゥ BOOK』
火曜『草野☆キッド』
水曜『さまぁ〜ず×さまぁ〜ず』
【土曜25:25枠に移動して継続】
木曜『ストリートファイターズ』
【月曜25:21枠に移動して継続】
※24:45 - 24:15
お願い!ランキング

お願い!ランキング(第1部)
(2009.10 - )
-
テレビ朝日 月曜 - 木曜25:15 - 25:20枠
全力坂
※25:15 - 25:21
【5分繰り下げて継続】
お願い!ランキング(第1部)
(2014.4 - )
-
テレビ朝日 月曜 - 木曜25:56 - 26:21枠
ネオバラ2
月曜『GIRIGIRIくりぃむ企画工場
火曜『ガールズトーク 薔薇組
※25:51 - 26:21
水曜『学生HEROES!
※25:51 - 26:06
【25分繰り上げて継続】
水曜『東京上級デート
※26:06 - 26:21
【25分繰り上げて継続】
木曜『侃侃諤諤
※25:51 - 26:21
お願い!ランキング(第2部)
(2014.4 - )
-
テレビ朝日 金曜24:50 - 25:15枠
前番組 番組名 次番組
お願い!ランキング
(2009.10 - 2011.9)
『ぷっ』すま
※24:50 - 25:20
(2011.10 - )
【火曜ネオバラエティから移動】
テレビ朝日 金曜25:15 - 25:20枠
テレ朝5
【30分繰り下げて継続】
お願い!ランキング
(2009.10 - 2011.9)
『ぷっ』すま
※24:50 - 25:20
(2011.10 - )
【火曜ネオバラエティから移動】
テレビ朝日 最終週以外の金曜25:20 - 25:45枠
お願い!ランキング
(2009.10 - 2013.3)
GO!オスカル!X21
(2013.4 - )
※25:20 - 25:50
テレビ朝日 最終週以外の金曜25:45 - 25:50枠
お願い!ランキング
(2011.10 - 2013.3)
※25:20 - 25:50
GO!オスカル!X21
(2013.4 - )
※25:20 - 25:50
テレビ朝日系列 土曜18:56 - 18:58枠
お願い!ランキングGOLD
(2012.9.22 - )
-
テレビ朝日系列 土曜18:58 - 19:00枠
二人の食卓
〜ありがとうのレシピ〜

※18:30 - 19:00
【2分縮小して継続】
お願い!ランキングGOLD(1期)
(2010.11 - 2012.3)
お願い!ランキングGOLD presents
眠れる才能テスト
※18:56 - 19:54
(2012.4 - 9.8)
お願い!ランキングGOLD(2期)
(2012.9.22 - )
-
テレビ朝日系列 土曜19時台
お願い!ランキングGOLD(1期)
(2010.10 - 2012.3)
お願い!ランキングGOLD presents
眠れる才能テスト
※18:56 - 19:54
(2012.4 - 9.8)
お願い!ランキングGOLD presents
眠れる才能テスト
※18:56 - 19:54
(2012.4 - 9.8)
お願い!ランキングGOLD(2期)
(2012.9.22 - )
-
テレビ朝日 日曜17:55 - 18:00枠
原宿発!
お願い!ランキングちょいにち
(2010.10 - 2010.12)