おんたけ交通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
おんたけ交通株式会社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
397-0001
長野県木曽郡木曽町福島2801
設立 1925年7月
業種 陸運業
事業内容 一般乗合旅客自動車運送事業
一般貸切旅客自動車運送事業
代表者 取締役社長 德 三寳
資本金 5,000万円
主要株主 木曽町、上松町、南木曽町、木祖村、王滝村、大桑村、木曽広域連合
テンプレートを表示
南木曽駅前にて

おんたけ交通株式会社(おんたけこうつう)は、長野県中信地方バス会社。主に木曽地区の路線バスを運行している。本社は木曽郡木曽町

運行エリアは受託運行を含め、木曽郡木曽町・王滝村木祖村上松町南木曽町・および岐阜県中津川市下呂市高山市。なお、木曽郡内では唯一、大桑村に乗り入れておらず、また以前木曽郡であった旧楢川村村内には高速路線のバス停だけが存在する。

沿革[編集]

路線[編集]

過疎化などによる乗客の減少から路線維持が困難となり、路線廃止や自治体譲渡が進められる。おんたけ交通が自主運行する路線は高速バス・一般路線バス各1路線ずつのみとなっている。

高速路線[編集]

木曽福島・新宿線
国道19号(木曽福島 - 塩尻市高出)、国道20号(塩尻市高出 - 塩尻IC)、長野自動車道(塩尻IC - 岡谷JCT)、中央自動車道(岡谷JCT - 高井戸IC)、首都高速新宿線(高井戸 - 初台)を経由する。
伊那木曽連絡道路権兵衛トンネル)開通後、木曽福島から東京方面へ向かうには、伊那木曽連絡道路を経由して伊那I.Cから中央自動車道を利用するルートが最短となったが、高速バスのルート変更は行われていない。
休憩は諏訪湖SA釈迦堂PAで行われる 

一般路線[編集]

移管路線[編集]

自主運行を廃し、自治体へ移管された路線。

木祖村コミュニティバス[編集]

2006年4月より木祖村コミュニティバスに移管された路線。

  • 菅線
  • 小木曽線
    • 藪原駅前 - 細島
王滝村営バス[編集]

2006年6月より王滝村営バスに移管された路線。詳細は当該記事を参照。

  • 王滝・田の原線(黒沢・王滝線)
    • 合同庁舎前 - 木曽福島駅前 - 王滝 - 田の原(御嶽山登山口)
木曽町生活交通システム[編集]

2006年6月より木曽町生活交通システムに移管された路線。詳細は当該記事を参照。

  • 御岳ロープウェイ線
    • 木曽福島駅前 - 御岳ロープウェイ
  • きそふくしまスキー場・開田高原線
    • 木曽病院前 - 木曽福島駅前 - きそふくしまスキー場 - 神田
  • 明神温泉線
    • 管沢 - 明神温泉
  • 木曽駒高原線
    • 木曽病院前 - 木曽福島駅前 - 大原上
  • 一の萱線
    • 木曽病院前 - 木曽福島駅前 - 一の萱 - 折橋
  • 屋敷野線
    • 合同庁舎前 - 木曽福島駅前 - 赤岩巣
  • 永井野線
    • 合同庁舎前 - 木曽福島駅前 - 三岳倉本
南木曽町新交通システム[編集]

2007年4月より南木曽町新交通システムへ移管された路線。

  • 妻籠・蘭・保神線
  • 妻籠・馬籠線
    • 南木曽駅前 - 妻籠 - 馬籠
  • 坂下病院線
    • 南木曽駅前 - 坂下病院前
上松町コミュニティバス[編集]

2007年7月より上松町コミュニティバスに移管された路線。詳細は当該記事を参照。

  • 上松・倉本線
    • 合同庁舎前 - 木曽福島駅前 - 上松駅前 - 池の尻
  • 焼笹線
    • 上松駅前 - 焼笹 - 赤沢

廃止路線[編集]

  • 菅・やぶはらスキー場線
    • 藪原駅前 - やぶはらスキー場(2006年4月廃止)
  • 滝越線
    • 崩越 - 王滝 - 滝越
  • 熊沢線
    • 社木 - 木曽福島駅前 - ホテノカヤ
  • 伊谷線
    • 木曽病院前 - 木曽福島駅前 - 駒の湯
  • 与川線
    • 向田 - 南木曽駅前 - 小学校
  • 伊那 - 木曽連絡バス・ごんべい号

車両[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]