おまかせアレックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

おまかせアレックス: The Secret World of Alex Mack)はアメリカで製作されたテレビドラマ。

概要[編集]

アレックス・マックは道路で実験化学物質GC-161を被ったために、超能力が宿るようになった。化学会社に知られたら、アレックスが実験材料にされるため、秘密を知っているのは友人のレイモンドと姉のアニーの二人だけ。アレックスは超能力を持っていると周囲に知られないようにして、日常の様々な問題を解決していくストーリー。

1994年から1997年にかけてニコロデオンで全4シーズン、78話が放送。日本では1997年から1999年にかけてNHK教育テレビジョンで放送。日本では、今のところ映像ソフト化はされていない。

登場人物[編集]

アレックス・マック[1]
ラリサ・オレイニク英語版(吹き替え:川上とも子
中学生活初日に道路で運搬車の化学薬品を被ったために超能力を持った女の子。超能力として「自分の体を液体化する」「テレキネシス」「指から電磁波を出せる」が使える。
一時期、自身の超能力がレイモンドに移り、使えなくなった事がある。
レイモンド・アルバラド[2]
ダリス・ラブ英語版(吹き替え:佐藤淳
アレックスの同級生で友人。アレックスの秘密を知っている。
アニー・マック[3]
メレディス・ビショップ英語版(吹き替え:阿部桐子
アレックスの姉。科学の天才である。アレックスの超能力を知っていて、科学の知識を生かしながら彼女の能力について検査も兼ねて色々調べている。ストーリーの途中で遠くの大学へ行くことになる。
ジョージ・マック[4]
マイケル・ブレイクレー[5](吹き替え:石波義人
アレックスの父。実験化学物質GC-161を開発している会社で勤務している。娘アレックスの秘密は知らない。
バーバラ・マック[6]
ドリアン・ロピント[7](吹き替え:野村須磨子
アレックスの母。娘アレックスの秘密は知らない。

その他[編集]

  • ジェシカ・アルバが第1シーズンで主人公アレックスの同級生のジェシカ役で出演している。

脚注[編集]

  1. ^ : Alex Mack
  2. ^ : Raymond Alvarado
  3. ^ : Annie Mack
  4. ^ : George Mack
  5. ^ : Michael Blakley
  6. ^ : Barbara Mack
  7. ^ : Dorian Lopinto
NHK教育 月曜18時後半枠
前番組 番組名 次番組
おまかせアレックス