おてんばエリザベス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

おてんばエリザベス』 (Naughtiest Girl series) は、イギリスの女流作家イーニッド・ブライトンが書いた小説

概要[編集]

家庭教師を10人追い出した御転婆な少女エリザベスのホワイテリーフ (Whyteleafe) 学園での寮生活を描いた作品である。

イーニッド・ブライトンは他にも寮生活を舞台とし、少女を主人公とした小説を発表している。しかし、それらは女子校が舞台であり、本作は共学が舞台という点で他と一線を画している。

シリーズ[編集]

  • おてんばエリザベス The Naughtiest Girl in the School
  • おてんばエリザベスのすてきな友だち The Naughtiest Girl Again
  • おてんばエリザベスのすてきな夢 The Naughtiest Girl in a Monitor
  • Here is the Naughtiest Girl

ポプラ社の抄訳(佐伯紀美子訳、若林三江子画)とは別に以下の完訳がある。

  • 『学校一のいたずらっ子エリザベス』村野杏訳、山田千鶴子画、新学社
  • 『続・学校一のいたずらっ子エリザベス』村野杏訳、山田千鶴子画、新学社

また、Anne Digbyの著として以下がある。

  • Naughtiest Girl Keeps a Secret
  • Naughtiest Girl Helps a Friend
  • Naughtiest Girl Saves the Day
  • Well Done, the Naughtiest Girl
  • The Naughtiest Girl Wants to Win
  • Naughtiest Girl Marches On