おちんちん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Helmut

おちんちんとは、男性生殖器、特に陰茎分を表現する日本語における幼児語または俗語である。

地域・時代・人によって表現の揺らぎがあり、ちんちんちんこちんぽちんぽこちんぼうなど幾らかの幅が見られる。地域によっては幼児語として、女性器も含めた生殖器全般を指すことがある。[要出典]

概要[編集]

通常、体の外部前面に飛び出す格好で付いている男性生殖器は、男児が日常生活において、排尿の際に頻繁に目にするものであり、また、介助無しで排尿行為を学習するためにも必要不可欠な単語でもあるため、などと同様の自分自身の体の一部の呼称として、早い段階でこの単語を習得する。幼児言葉とも言われているのはそのような所以あってこそで、本来ならばわいせつな意味を有することのない、いたって健全な単語である。実際に小便小僧などの像などにおいても、ほとんどの人がこの表現を使用する。

ただ呼び名を替えても男性器には違いないため卑猥語と認識している人もいる。小学生を中心に未成年がふざけて使うことも多く、語の前後を入れ替えたぽこちんなども含め俗語の一種としても扱われる。

幼児や児童向けに保健教育や性教育を行う場合において、ペニス等の日常においてはあまり耳にしない専門用語の代用としても用いられる。

語源・漢字表記[編集]

一部の辞書などには、小さいことをあらわす接頭語「ちん - 」とに似た武器である(ほこ)から「ちんぼこ」となり、さらに訛って「ちんぽこ」、短縮化して「ちんぽ」となり、これが幼児語として「おちんちん」と変わったとされている。[要出典]

このほか、古い中国の文字には男性器を表す「TRON 2-2436.gif」や「TRON 2-8B4D.gif」がある。「TRON 2-2436.gif」は陰茎が勃起した状態を描いた象形文字であり、「TRON 2-8B4D.gif」は小さいことや幼いことを表す「幺」(へん)を付した形声文字男児少年の性器を意味する。

男性器とは関係ない「ちんちん」[編集]

富山県などでは、正座することを「ちんちんかく」というが、これはの芸であるチンチンと同じく「鎮座」に由来するとされ、男性器とは関係ない。その他、男性器と関係ない「ちんちん」については、チンチンを参照。

関連項目[編集]