おおぐま座AN星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
おおぐま座AN星
データ
元期 J2000.0      Equinox J2000.0
星座 おおぐま座
赤経 11h 04m 25.71s[1]
赤緯 +45° 03′ 15.0″[1]
視等級 (V) 14.90-20.2[2]
特徴
スペクトル分類 CV[1]
変光星 E+XRM[2]
アストロメトリー
視線速度 (Rv) -43[1] km/s
他の名称
PG 1101+453, S 07738, X 11016+454[2]
参照データベース
SIMBAD data

おおぐま座AN星(AN Ursae Majoris)は、おおぐま座にある変光星である。激変星の中では、23kTという最も強い磁場を持つことで知られる。ヘルクレス座AM星とともに強磁場激変星(ポーラー)と呼ばれる分類の定義となっている[3]

出典[編集]

  1. ^ a b c d V* AN UMa -- Cataclysmic Var. AM Her type”. SIMBAD. Centre de Donnees astronomiques de Strasbourg. 2009年12月16日閲覧。
  2. ^ a b c Query= AN UMa”. General Catalogue of Variable Stars. Centre de Donnees astronomiques de Strasbourg. 2009年12月16日閲覧。
  3. ^ Krzeminski, W. and Serkowski, K. (August, 1977). “Extremely high circular polarization of AN Ursae Majoris”. The Astrophysical Journal Letters 216: L45. Bibcode 1977ApJ...216L..45K. doi:10.1086/182506.