うちでのこづち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

うちでのこづち(打ち出の小槌)とは、振ることにより様々なものが出てくるとされる伝説上の。多くのおとぎ話に登場する。古来、隠れ蓑、隠れ笠と並び称せられた宝物のひとつで、もともと鬼の持ち物とされた。大黒天の持つ小さな槌も打ち出の小槌と呼ばれる。

平家物語』においては鬼が手にしている描写がある。また『一寸法師』では、姫たちを襲った鬼が手にしており、法師が退散させた際に落としていった。小槌の使い方を知っていた姫の手で、法師は体の大きさを変えてもらい、立派な武士(もののふ)として身を立てる。また多くの宝物を出している。

他に、異郷を訪問した男が土産として持ち帰り、欲しいものを唱えて小槌を振ると願い通りのものが表れ長者になったという説話もある。その様子を見ていた隣の爺が小槌を借り受け、欲を出した願いを早口で唱えると誤認されて違うものが現れ、その爺は痛い目に合うという話もある。このくだりは花咲かじいさんの勧善懲悪話のような道徳を説いている。

鎌倉初期の『宝物集(ほうぶつしゅう)』には、打ち出の小槌は、宝物だけではなく人や動物まで出現させ、幸を与える不思議な力を宿しているという。しかし、それらの物はの声を聞くと失せ果せるという伝えのあるとも記されている。

藤子・F・不二雄SF漫画ドラえもん』には打ち出の小槌の説話をモデルにした架空の道具が登場する。ドラえもんのひみつ道具 (うあ-うと)#うちでの小づちの項目を参照。

また、兵庫県芦屋市には打出小槌町という地名がある。