いまみちともたか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
いまみちともたか
基本情報
出生名 今道友隆
別名 イマサ
出生 1959年10月12日(55歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都
ジャンル J-POP
ロック
職業 作曲家
ギタリスト
担当楽器 ギター
活動期間 1984年 -
共同作業者 BARBEE BOYS
公式サイト 本人のホームページ

いまみちともたか(いまみち ともたか、本名 今道 友隆(いまみち ともたか)、1959年10月12日 -)は、ロックバンドBARBEE BOYSのメンバーでギタリスト作曲家。通称イマサ

来歴・人物[編集]

東京都出身。父親は、哲学者、美学者であった今道友信(元東京大学名誉教授、元聖トマス大学名誉教授)。ピアニストの川口信子は実妹。また、実母は元ソプラノ歌手で音楽大学の教授であったが、幼少時に両親が離婚。以後、父親の元で育てられる[1]

キャロルのファン。キャロルのギタリスト・内海利勝がストラトを使用していたため、その影響を受け自身も同じ機種を手にする。以後、ストラトを愛用している[2]

1984年にBARBEE BOYSのリーダーとして、ギター担当でデビュー。同バンドのヒットシングル「目を閉じておいでよ」「負けるもんか」「女ぎつね on the Run」等を含め、殆どの楽曲の作詞・作曲を担当。

バービーボーイズ在籍時より川村かおりらへの楽曲提供や、ギタリストとしてPSY・S渡辺美里佐野元春井上陽水などのレコーディングへの参加。1985年「チャック・ムートン」名義で松田聖子「裏庭のガレージで抱きしめて」の作曲を担当(アルバム「StrawberryTime」に収録)。

解散後は『Love Dynamights』名義でソロ活動。さらに1994年からKei-Tee(現・角川慶子)と元グラスバレー上領亘とともに『Kei-Tee+LOVE DYNAMIGHTS』で活動。2004年には初のいまみちともたか名義の作品を発表した。

私生活ではバービーボーイズ時代にメンバーのスタイリングを担当していた女性と1991年(平成3年)3月3日午前3時33分に結婚、子も授かるが後年離婚。

その後、Kei-Teeと交際、同棲を経て2001年に入籍(いまみち・Kei-Teeとの間に子どもはいない。Kei-Teeの実父は角川春樹であり、良好な舅・婿の関係を築いていたという)。2007年1月に離婚している。

2014年、椎名純平、平山牧伸、岡雄三とバンド「ヒトサライ」を結成、活動中。

出演[編集]

あごが長い特徴的な顔立ちであり、自身もやや気にしているという。「医学的にこの骨格は珍しい」と歯科医に言われたことがある、という話を本人が披露した。また「ししゃもが好物で、ししゃもばかり食べていたら骨の発育が良くなって、このあごになった」と、冗談めかすやりとりもあった。
上記の『笑っていいとも!』出演時のタモリとのトークでのやりとりの内容が世間から誤解を受けている、ということで、いまみち本人が出演して釈明した。
  • あごの骨格が珍しい件については本当。若い頃に自宅近くの歯科を訪れた際に撮ったレントゲンを見た歯科医から「耳からエラまでの長さと、エラからあご先までの長さの比率がおかしい。成長ホルモン異常の可能性も否めない」と告げられ、大学病院を紹介されたという[3]
  • ししゃもであごが伸びた件については否定。バンドでデビューする数ヶ月前に左手の親指以外の4本の指を骨折してしまい、ギタリスト生命に係わる事態になった。少しでも早く治ればと思い、カルシウムの多い食材を積極的に摂取。なかでもししゃもは毎食食べていたという。
  • 上記のふたつの話を『笑っていいとも!』出演時にしたため「年月の経過とともに、ふたつの内容が混同されてしまったのではないか」と締めた。「(この噂は)ししゃもにも俺にも失礼」とオチもつけた。

ディスコグラフィー[編集]

※ソロ以降

アルバム[編集]

  • STEREO SOLID SONIC(Love Dynamights名義、1993年12月22日)
  • STEREO SOLID SONIC Vol.2 〜The Ultra Sound Track(Love Dynamights名義、1994年12月19日)
  • 愛は極嬢(Kei-Tee+LOVE DYNAMIGHTS名義、1994年11月23日)
  • PINK&BLUE(Kei-Teeといまみちともたかとlove LOVE DYNAMIGHTS名義、1996年)
  • SLOW RIDE(いまみちともたか名義、2004年4月7日)

シングル[編集]

  • WILDルビィ(Kei-Tee+LOVE DYNAMIGHTS名義、1994年10月21日)

脚注[編集]

  1. ^ 吉田豪「バンドライフ」メディアックス収録のインタビューより
  2. ^ 『シンプジャーナル・ベストセレクション'80s』自由国民社、2003年、p222
  3. ^ 大学病院で検査を行う際に研修医に取り囲まれ、あまりの恐さに逃げ出してしまったと語った。

外部リンク[編集]